無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

海外あれこれ

2011/11/05

イタリアがIMFの監視下に

ドイツとフランスが必死になって「金銭にルーズな身内(イタリア、ギリシャ
など)に生活態度をあらためさせようとしているが、当の身内がどれくらい真剣に
受けとめているかはわからない。
身についた体質が一朝一夕に変わるとは思えないわ。

EUに参加するとき、厳しい加入条件をクリアするのにギリシャはデータを偽造
したと言われているけれど、そもそも書類の偽造が日常茶飯事で行われている国
では、辻褄あわせに書類をつくることがそんなに悪いとは思っていないだろう。

EUの経済危機と言うけれど、経済というより社会の違いからくるズレが少し
ずつ積もって、ついに隠し切れなくなったって気がする。イタリアなんか裏の
社会のほうが本物の社会なんて言われているから、いくらIMFの専門家が監視
したところで、氷山の一角をちょっと眺めたくらいの効果しかないんじゃない
かしら。

数年前にローマ在住40年という友人とベルルスコーニの話をした。

私「何であんなとんでもない人を首相に選ぶの?」
友人「だって他に首相をやれる人がいないもの。国の金庫にお金がなくなった
とき、大金持ちのベルルスコーニなら自分のお財布から出してくれると国民は
思っているのよ。」

そうだろうなあ。誰かが何とかしてくれると思っているんだろうなあ。
税金を納める気など誰も持っていないんだから。

もちろん日本人だって税金を納めたくはないけれど、脱税が罪という意識は多少
なりとも持っている。お役所のなかでは税務署がいちばん働いているような印象
あるし‥‥(^o^;)

でも昔と違って今はインターネットが支配する社会だから、イタリアも世界中の
目にさらされて、これまで通りマイペースというわけにはいかないだろう。

来年早々にイタリア旅行したいと思っているが、その頃イタリアはどんな雰囲気に
なっているかしら。楽しみなような、ちょっと心配なような‥‥。

P.S.
写真を入れていたUSBメモリが壊れてしまった。多くの写真がパーになって
しまいそうだ。復旧にはかなりの費用がかかるので、データは諦めることにした。
USBメモリは故障や寿命で使えなくなる可能性が高いと、何かに書いてあった。
バックアップしておけば良かった(-_-;)

2009/12/28

曹操の陵墓発見!

曹操(155~220年)の陵墓が発見されたというニュースに、久々に心が
浮きたった。曹操らしき人物の骨もあったという。古代のロマンだな~。

日本でいえば卑弥呼の時代だから、曹操は間違いなく古代の人なんだけど、自分と
変わらない身近な人間に感じられから不思議だ。

諸葛孔明の敵役として見られがちな曹操だが、実際は詩人で有能な人物だったと
いわれている。発見された陵墓はいつ公開されるのかな?ぜひぜひ行ってみたい。

Img_2363s
(曹操はどれでしょう?)

話は変わるが、今朝のNHKニュースで「年末年始を巣篭もりする人が増えた」と
巣篭もり族をターゲットにした商品を取り上げていた。
お正月がだんだん「ハレの日」でなくなって、長いお休みを持て余す人も多いんで
しょうね。

私もそのひとりだけれど、ことによったら30日まで仕事になるかも知れず、
そうなると巣篭もってもいられない。
ハレもロマンもあったもんじゃないわ。わびしい話だ‥‥(-_-;)

2009/06/04

またまた余ったお土産です

Img_2358s

 (上)南米チチカカ湖のトトラで作った船。
 (中)ロシアのスプーン
 (下)チベットのマニ車

大き目のスプーンは、スープ飲むのにいいかな~。
でも模様がすぐ剥げてしまいそう。

Img_2354s

ラサのポタラ宮で買ったお守り(左)と、中国によくあるお守りのストラップ(右)
それからインドのサルナート(お釈迦様が初めての説法をした場所)で買った数珠。
捨てるわけにもいかないし、引き取り手もいないし‥‥。

Img_2356s

キーホルダーやマグネットを集めている知人がいるので、お土産に買うことは
多かった。自分でも利用しようと思っていたのだが、今はキーホルダー使うほど
鍵を持っていないわ。左下のキーホルダーは姫路城。

実用にするより、旅の記念品と思ったほうがいいわね。

2009/05/28

中国みやげの余り物

Img_2348s

奥は洛陽の関林廟(たぶん)で買った関羽のマスコット人形。

洛陽の関林廟は世界各地にある関帝廟の本家みたいなところ。関羽は商売の
神様とあがめられているので、私もあやかりたいとグッズを買ってきたが、心がけが
悪いのか今のところご利益はない。

真ん中もたぶん成都の武侯祠で買った「三国志グッズ」だと思う。
いちばん右が孔明かな?真ん中は関羽?そうすると左は劉備かしら?

手前の寝転んだ幼児の人形は、お線香立て。

2009/05/21

海外旅行土産の在庫品(三国志)

ムダになったお土産というと、中国のものが多い。
まあ、中国へ行く機会が多いからでもあるんだけど。

中国といえば「三国志」というわけで、広大な中国のどこに行っても(チベットと
ウルムチでは見かけなかったかな‥‥)三国志ものがある。

これは、成都の武侯祠 (蜀の諸葛亮孔明とその主君劉備などを祀っている)で
買ったトランプ。図柄が気に入って買ってきたけれど、今どきトランプする人
なんて滅多にいないから、けっきょく売れ残ってしまったdespair

Img_2361s

映画「レッドクリフ」のヒットで三国志が注目されている今なら、このトランプも
少しは価値があるかな。

中国の武侯祠や関帝廟にある武将たちの像は、いかめしい顔つきでキンキラキンの
装束をまとっていて私の好みから外れるが、 このトランプの武将達はスマートで
カッコいい。

Img_2363s
レッドクリフの主要キャスト。
上の列、右から「孔明」「周瑜」「曹操」。そんなにイメージと違わない。

中国みやげ物というと、お世辞にもオシャレとは言えないものばかりだが、経済
発展とともに最近はなかなかセンスの良いものも出てきている。

Img_2364s

私がとっても気に入ったのは、この↑「三国志の武将10人のしおりセット」

広州の博物館で買ったこの栞は香木で作られているので、とっても好い香りが
するのだ。(馴染みのある香りなので、たぶん白檀だと思うけど‥‥)

Img_2366s

中国語と英語で説明が書いてあるので、これは最初から外国人観光客目当てに
作ったものじゃないかしら。

マイルをため無料航空券で中国へ行くのが楽しみだったけど、今は新型インフル
エンザが流行しているので、中国旅行する気がしない。
インフルエンザが怖いんじゃなく、着いた途端に「感染国から来た」と有無を
言わせず拘束されそうだから。

「インフルエンザの震源地は中国じゃないの!」と文句を言いたくなるけれどね。

2009/04/08

イタリア中部地震

イタリア中部の都市ラクイラでは、地震の被害者が250人以上になった。
あらためてイタリアは地震国だったと思い知らされる。

イタリアは都市国家が集まってできた国なので、今も各地に中世そのままの町が
たくさんある。

Sanjimi0030s

たいていは小高い丘の上にあって、城壁に囲まれ、町の中心広場に建つ荘厳な
カテドラルが観光名所になっている。
たぶんラクイラもそんな町のひとつだと思う。

Sanjimi0028s

歴史的建造物の町は観光客の憧れだけれど、昔ながらの石造りの建物はひとたび
大地震が起きたら瓦礫の山になってしまう。

ラクイラはローマからも近い。
ローマの街を歩きながら、「ここで地震が起きたら壊滅的な被害が出るな~」と
思うことがあった。

Malta_126s

街そのものが博物館のローマは、古い重量感のある石造りの建築物ばかり。
数多くの教会も古代ローマの遺跡も、空間がたっぷりあって、耐震ということは
あまり考慮されていないように見える。

地震が起きないことを祈るしかないわ。

2009/02/17

ロンドンの続きです

昨日はナショナルギャラリーに行きました。
大英博物館以上に重量感ありましたね。ミュージアムの中で3回もお茶や食事を
してしまいました。

2日間芸術にどっぷりで感性がかなり疲れたので、今日は気ままな街歩きして
います。いちおう観光地(ビックベンとかバッキンガム宮殿など)見て歩き、
ピカデリーサーカスで例によって道に迷い、SOHOやチャイナタウンをぐるぐる
歩き回りました。

そうそうベーカーストリートのシャーロックホームズ博物館にも行ってきましたよ。
小さいミュージアムですけど観光客がいっぱいで楽しめました。

食料買いに、これからハロッズかスーパーマーケットに行こうかと思っています。
明日はもうロンドンを発って帰国です。もう少しのんびりしたかったわ。

2009/02/15

今ロンドンです

昨日の夕方、ブダペストからロンドンに来ました。

今日は朝一番で大英博物館に行き、ほとんど1日いました。
帰りにオーガニック食品を取り揃えているスーパーに行って、
オーガニック料理をあれこれパックしてもらい、今晩の夕食用に
take awayした帰り道、このインターネットカフェを見つけました。

最寄のパディントン駅に何でも必要なものが揃っていて、何かと
助かります。いちば嬉しかったのは、ミニワインが何種類もある
こと。昨晩水を買いに行ったついでに、ミニワイン3本買ってきま
した。ホテルが少しさびしい住宅街にあるので、毎晩ホテルには
早めに帰り、部屋でいっぱいやることにします。

もう4時過ぎているので、そろそろ帰らなくちゃ。
また機会があったら書き込みします。


2009/01/15

ハブ空港

「うららさんのブログ」に仁川(インチョン)国際空港の話題が載っていた。
ここは日本人観光客が多い空港だ。特に地方に住んでいる人には、成田経由で
ヨーロッパやアジアに行くよりも、大韓航空やアシアナ航空を利用して仁川経由で
行ったほうが、時間も料金も節約になるケースが多い。

ここ数年、アジア各国にはつぎつぎとハブ空港が誕生した。
昔からシンガポールのチャンギ国際空港が世界的に有名だが、最近のハブ空港は
それに負けず劣らず巨大で近代的な設備が整っている。

私は空港が大好きなので、世界中の観光地よりもハブ空港(地方空港も悪くない
けど)巡りをしたいくらい。

だいぶ昔のことだけど、アジア各地の「空港巡り」のような旅をしたことがある。
「ワンワールド」という航空会社のグループが、1回の旅行で加盟航空会社5社
だか6社以上に乗ったら「10万マイルプレゼントする」というキャンペーンをやった。
これがアジア内だけで達成できると分かったので、年末に頑張って旅をしたのだ。

詳しいことは覚えていないけれど、キャセイ航空の「アジアンマイル」でマイルを
貯めた。「成田→香港→バンコク→シンガポール→香港→台北→成田」たしか
こういうルートだったと思う。
各区間の利用エアは、キャセイ、カンタス、エアカナダ、フィンランド、英国航空、
日本アジア航空だったかな?

一ヶ所ビジネスクラスに乗ったので、結果的に12万マイルもゲットできた。
中国を6往復できるマイル数だから、疲れたけど旅した甲斐はあったわ。
このマイルを利用して、CPAテストを受けにJALでサンフランシスコまで
行った。無料航空券が無かったら、わざわざアメリカまでテストを受けに行く
気にならなかったと思う。

飛行機に乗るのが目的だから、バンコクで3泊した以外はどこも1泊か同日乗換
だった。そうそうクリスマスイブに、シンガポールのチャンギ国際空港のホテルに
泊まり、ターミナル内の回転寿司屋でお刺身と日本酒を買って、ひとり寂しい
イブを過ごしたっけdespair

空港に泊まるといえば、最近メキシコシティの国際空港で3ヶ月も寝泊りしている
日本人がいて、話題になっている。私もメキシコシティの空港を利用したけれど、
いろんなファストフードやレストランがあったし、ラテンの気楽さも手伝って
居心地は良かったわ。

Img_0261s
(メキシコ空港内の回転寿司)

でもせっかくメキシコまで行って、空港だけしか見学しないのは、もったいない。
シンガポールでチャンギだけというのは分かるけど、メキシコは街にも見どころが
いっぱいあるもの。

2008/11/27

インドとタイ

インド、ムンバイで、大きなテロが起きた。

ムンバイといえばインド経済発展の中心都市だから、海外のビジネスマンが沢山
滞在していたことだろう。
またムンバイは、世界遺産となっている「エローラ&アジャンタ」石窟寺院への
玄関口でもあるので、観光客も多かったと思う。

今から8年くらい前、私もムンバイで1泊したことがある。
インドに行ってから急に石窟寺院が見たくなって、バラナシで航空券を買った。
夜遅くなってムンバイに着いたが、ホテルの予約をしていなかったので、空港の
案内所で紹介してもらった。
ムンバイの空港が明るく近代的だったのを覚えている。

私が泊まるのはエコノミーなホテルなので、テロリストに狙われる心配はないが、
空港はテロリストの標的になるから怖い。
またインドに行きたいけれど、当分のあいだ無理かもしれない。

海外旅行先として日本人に人気のあるタイでは、抗議デモ隊がバンコクの空港を
占拠して、1万人もが身動きとれないでいるらしい。
バンコクにも一度だけ行ったことがある。そのときは、国際空港といっても質素な
施設だったけれど、その後近代的なハブ空港ができた。

アジア各国には、その経済発展ぶりを象徴するように、つぎつぎと巨大ハブ空港が
オープンしているが、そのかげで貧富の格差や汚職など社会の矛盾が増大して
いる。これからも各国で反政府行動やテロが発生するだろう。

私も訪れたことのある二つの都市での深刻な事件は、他人事とは思えない。
円高と原油価格の下落で海外旅行しやすくなったけれど、この状況では旅行先も
限定されてしまうわね。年末年始に海外旅行のプランを立てている人は、頭を悩ま
せているでしょう。