無料ブログはココログ
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 東京再発見(麻布十番) | トップページ | 苦戦したスマホで本人確認 »

2022/06/10

内幸町と堀切菖蒲園

土・日にポケモンGO最大級イベント「ポケGOフェス2022」があり、一息つく間もなく次のイベントがやってきた。今何のイベントをやっているのか、それさえ把握できないわ。  

Photo_20220610115501

まあどんなイベントであれ狙うのは「色違い&レア」ポケモンなので、レアポケがリワードになっているタスクに絞った。 

 「ポケストを25個を回す」「5km歩く」(この2タスクから新ポケモンが出る) 

それから「訪れたことがないポケストップを2回まわす」「たまごを4個かえす」 

まずは訪れたことがないポケストを探そう。目ぼしい場所はポケ活済みだけど、錦糸町界隈を除けば歩くコースが決まっているので、それから外れた通りを行けば未知のポケストもあるだろう。  

最初に目を付けたのが「内幸町」だ。銀座、日比谷公園、新橋は何度も歩いているが、それらのエリアに挟まれた内幸町は「お役人と議員さん」ってイメージだからご縁がない。ポケGOの穴場じゃない?行きやすいし。 

Photo_20220610115502

下町のイメージが強い樋口一葉が内幸町生まれとは知らなかった。 

Kantakaede

でも内幸町にしたのはもう一つの目的があったから。 

日比谷公園の向かい側にある「中日新聞東京本社」ビル1Fロビーで開催中の 

この(↑)展覧会が見たかったのだ。 

Kantakaede_20220610115601

どんより曇り空とコロナウィルスのうつ気分を晴らしてくれるわ。 

Kanta

持って生まれた才能に、才能のない私は圧倒され惹かれるんだよね。 

Photo_20220610115601

そして昨日は「堀切菖蒲園」に行ってきた。以前から行きたいと思いつつ、チャンスがなかった。 

Photo_20220610115802 

菖蒲にこんなに多くの種類があるとは知らなかった。 

北斎と業平なんて墨田区ゆかりに思われるけど、とくに関連ないみたい。 

Photo_20220610115901

江戸時代から熱心に品種改良されてきたようだ。バラやチューリップに負けないね。  

堀切菖蒲園がある葛飾区は「寅さん」「こち亀の両さん」「のんべえの町立石」など下町の代名詞のような場所だ。これからはもっと近隣を発掘しなくちゃ。 

« 東京再発見(麻布十番) | トップページ | 苦戦したスマホで本人確認 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

中日新聞東京本社の展覧会って、特定の作家さんじゃなくて、小中学生とかの作品でしょうか。
違ってたら失礼しました。
カラフルですね〜

この頃つくづくご近所でも知らないとこいっぱいあるなと気付きます。
電車の窓からでも、ここにもあそこにも、人々の営みあるんだなと感慨深く。
おい先短くなったからでしょうか。

ulalaさん、この展覧会は輪島貫太さん(15歳)と妹の楓さん(13歳)お二人の作品を展示しています。作品数は少ないですが、理屈抜きの情熱に圧倒されました。

お二人とも自閉症ということですが、それが作品に何らかの影響を及ぼしているんでしょうか。
オニツカタイガーのシューズの絵柄に作品が起用されたということです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京再発見(麻布十番) | トップページ | 苦戦したスマホで本人確認 »