無料ブログはココログ
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

2022年6月

2022/06/26

猛暑は辛い

いきなり猛暑に突入して体も気持もついていけない。

節電しなければと思いつつ、夜はクーラーつけっぱなしで寝ている。

6

昨日(土)はモノズのコミュニティディだった。

11時のイベント開始時間からポケ活をスタートしたかったが、体がだるくてグータラしてしまい、お昼ご飯を食べてから出かけた。

駅ビル「テルミナ」でモノズ狩り。休みながらポケ活するのなら「オリナス」のほうが良いのだが、錦糸公園を歩いていかなくちゃならないので諦めた。

いくら駅前でも公園を歩きたくない。

In_20220626105701

それで、土曜日は観光客も多いだろうが、スカイツリーに行った。

案の定大混雑だったけど、ソラマチは広いから座るところはある。

1時間ほど滞在して錦糸町駅に戻った。

最後は色違いだけにターゲットを絞った。そのせいか100%をgetできなかったなあ。残念。

ミュウツーの色違いも増えてきた。でも勿体なくて捨てられない。

6_20220626105701

動いたからかお腹が空いてしまい、4時頃定食を食べてしまった。

夕飯はつまみ程度にしておこう。

年のせいだから仕方ないが、膝痛が落ち着いてきたら朝起きた時に腰が痛むようになった。

ネットで調べたら、腰痛で悩んでいる人は多いらしい。

何か対策を考えないと…。

 

2022/06/16

苦戦したスマホで本人確認

マイナポイント第2弾が始まっているが、買い物できるチャージ分5,000円は使ったので、私に関連するのは以下の2件だ。

「6月30日開始、申込期限は2023年2月末」

〇マイナンバーカードの健康保険証としての利用申込み→7,500円相当のポイント

〇公金受取口座の登録を行う→7,500円相当のポイント

私は制度が始まって間もなくマイナンバーカードを取得した。確定申告をオンラインでやりたかったから。たいした個人情報もないしね。口座も所得税を還付してもらう銀行だけだし。

ところでマイナカードは、申請&取得もそうだけど、利用する際にはスマホやパソコンなどの電子機器を使う必要性が生まれる。超高齢者会の日本において、これは大きな問題となるだろう。

比較的その手の電子機器に慣れている私でも、今回paypayで「本人確認」の申請をしようとして大苦戦した。スマホで電子証明をするためには、マイナンバーカードのICチップとスマホの読み取り箇所を合わせなければならない。ところがスマホは機種によってその箇所がバラバラなのだ。しかも5回失敗するとパスワードがロックされてしまう。

旅行でも何でもそうだけど、私は事前準備や下調べをロクスッポやらずに行動してしまいがちで、この時もテキトーにやっていたら、すぐパスワードがロックされてしまった。こうなると役所に行って再設定してもらわなければならない。

というわけで、前と同じパスワードを使えるようにしてもらったが、ワクチン証明などでもスマホで本人確認がされるから、利用できるようにしておかなくちゃならないとオンラインで学習した。

結果的には「総務省のマイナポイントのHP」(soumu.go.jp)が役に立った。

各端末ごとにカードをかざす場所が掲載されているのだ。いろいろ注意事項も書かれている。

でもあれこれ試しているとすぐ5回になってしまうので、あらかじめスマホとカードをどう合わせるか予行練習してから恐る恐るGO!

3回目で認証され個人名など入力画面になったときは嬉しかった。

左手でスマホを持ち右手でカードを持つ。スマホもカードも裏と裏を合わせる。しばらくジッとしている。これが私の試行錯誤の末の結論。

 

高齢者であってもデジタル社会への適応が迫られる。

スマホを買ったものの「検索」さえ出来ない人も多いだろうが、スマホはまず使って慣れることが肝心だ。

 

私の場合は「ポケモンGO」でいろんなことを体験し覚えられた。

フリーズしたりダウンしたりいろんなバグも発生したけど、そんな時の対処もある程度できるようになったし。

ポケGOスポンサーのファミマのアプリも重宝している。スマホだけで支払いとポイント付与ができるからだ。いちいちポイントカードを出すのは面倒だものね。

14日からは「ドンキホーテ」のキャンペーンが始まった。アプリをインストールして1円以上買い物をすると「参加券」が貰える。ドンキホーテの場合は支払いがアプリでなくてもOKのようだ。

Photo_20220616100801

本体のポケGOゲームのほうは相変わらずイベントのラッシュ。もう訳が分からない状況だが、何から何までやる必要がないので、とりあえず今日から始まるミュウツーレイドの対策ポケモンを用意しようと思う。

Photo_20220616100802

梅雨入りしてもっぱら室内でポケ活の日々。同じところを歩き回るのは楽しくないね。それに屋内だと距離が認識されていない気がするんだけど、私の邪推かしら?

2022/06/10

内幸町と堀切菖蒲園

土・日にポケモンGO最大級イベント「ポケGOフェス2022」があり、一息つく間もなく次のイベントがやってきた。今何のイベントをやっているのか、それさえ把握できないわ。  

Photo_20220610115501

まあどんなイベントであれ狙うのは「色違い&レア」ポケモンなので、レアポケがリワードになっているタスクに絞った。 

 「ポケストを25個を回す」「5km歩く」(この2タスクから新ポケモンが出る) 

それから「訪れたことがないポケストップを2回まわす」「たまごを4個かえす」 

まずは訪れたことがないポケストを探そう。目ぼしい場所はポケ活済みだけど、錦糸町界隈を除けば歩くコースが決まっているので、それから外れた通りを行けば未知のポケストもあるだろう。  

最初に目を付けたのが「内幸町」だ。銀座、日比谷公園、新橋は何度も歩いているが、それらのエリアに挟まれた内幸町は「お役人と議員さん」ってイメージだからご縁がない。ポケGOの穴場じゃない?行きやすいし。 

Photo_20220610115502

下町のイメージが強い樋口一葉が内幸町生まれとは知らなかった。 

Kantakaede

でも内幸町にしたのはもう一つの目的があったから。 

日比谷公園の向かい側にある「中日新聞東京本社」ビル1Fロビーで開催中の 

この(↑)展覧会が見たかったのだ。 

Kantakaede_20220610115601

どんより曇り空とコロナウィルスのうつ気分を晴らしてくれるわ。 

Kanta

持って生まれた才能に、才能のない私は圧倒され惹かれるんだよね。 

Photo_20220610115601

そして昨日は「堀切菖蒲園」に行ってきた。以前から行きたいと思いつつ、チャンスがなかった。 

Photo_20220610115802 

菖蒲にこんなに多くの種類があるとは知らなかった。 

北斎と業平なんて墨田区ゆかりに思われるけど、とくに関連ないみたい。 

Photo_20220610115901

江戸時代から熱心に品種改良されてきたようだ。バラやチューリップに負けないね。  

堀切菖蒲園がある葛飾区は「寅さん」「こち亀の両さん」「のんべえの町立石」など下町の代名詞のような場所だ。これからはもっと近隣を発掘しなくちゃ。 

« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »