無料ブログはココログ
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 寄る年波に対応しなくちゃ | トップページ | 東京再発見(麻布十番) »

2022/05/20

少しばかり東京散歩

梅雨のようなパッとしないお天気が続いていたが、ここ数日はお日様が顔を出して洗濯日和になった。 

Photo_20220520105301

こんな日は東京散歩したくなる。膝の具合も良くなってきたので「神田明神」にお参りに行くことにした。 

錦糸町北口始発の大塚行きバスで、いつもは上野で降りることが多いのだが、この日はちょっと先の湯島まで行った。 

Photo_20220520105302

受験シーズンも終わった湯島天神は参拝客も少なく静かだった。ここから「神田明神~湯島聖堂~お茶の水」と起伏のある道が続いている。道の左手(東側)は秋葉原になるが、高低差が大きく湯島からアキバに行こうとすると、こんな急坂を降りなければならない。(↓実盛坂。ポケスト写真より) 

Photo_20220520105401

この階段を、手すりに摑まることもなく、若い女性が軽快に下って行った。スゴイな~。 

道は上がったり下がったりと清水坂下まで延びている。ここで「イワンコ」レイドをやったが普通の子だった。個体値もイマイチ。 

Photo_20220520105501

ここから「神田明神」はすぐ近く。  

随分久しぶりだな。「神田明神」はビジネスマンが初詣に訪れることで有名だが、私の「お目当て」は「少彦名命」だ。上野公園にある「五條天神社」(同じく少彦名命を祭っている)は何度かお参りしているが。 

グッズなど売られている会館が出来ていて、こんな少彦名命の像も新たに造られていた。 

 Photo_20220520105502

少彦名命ファンが多いのかな? 

Photo_20220520105503

神田明神のすぐ向かいに「湯島聖堂」(孔子廟)がある。ここで2年間(?)中国語を学んだが身につかなかったなあ。残念。 

この日は疲れていたし膝の不安もあったので、行かなかった。改めて出直すわ。  

« 寄る年波に対応しなくちゃ | トップページ | 東京再発見(麻布十番) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

膝の調子良くなられてよかったですね。
こんなすごい急坂だとまた痛めてしまいそう。
膝のお皿周りをほぐしマッサージすることで、私の場合効果ありました。
先週土曜日京都ぶらり町歩きでくたびれ果てましたが、ほぼ回復しました。

この先ぼちぼち永らえさせて死ぬまで自分の足で歩けますように、
これが大きな願いになってしまうなんて、悲しいな。

東京って結構坂多いですよね。
膝の具合が悪いとお出かけしたくなくなりますね。
不安がまだ有るようですけどお大事になさってください。
私は今のところ膝は大丈夫ですが、全体的に筋力が落ちているので転倒リスク高いと検査で言われました。
膝には体重をかけずに大腿の筋肉を鍛える運動をすること、バランス力が落ちているので立っているとき足のかかとと反対側のつま先をくっつける姿勢をとるように言われました。なかなか出来ませんけど美術館に行ったときなどはなるだけこの姿勢でみるようにしています。
まぁ心臓も悪いのであまり激しい運動はできないのでぼちぼちお出かけしたいです。

ulalaさん、膝痛で悩んでいる中高年は多いようですね。書店に行ったら、膝痛関連の雑誌や本がたくさんありました。良くならないようならお医者さんに行こうと思っていましたが、左右の足のバランスに気を付けてゆっくり歩いていたら痛みがとれてきました。

何十年も酷使してきた体ですから、そりゃガタがきますよね。
健康雑誌を読んでみると、骨折をきっかけに寝たきりや認知症になるケースが多いようです。やっぱり骨が文字通りバックボーンですよね。

私もふくらはぎや膝周辺を揉んだり、かかと落としをやったりして、とにかく外出するようにしています。今日も雨のなか外出してポケ活してきました。

HANAさん、隅田川の西側(お江戸の中心部)は坂が多いですが、我が住まいがある東側は江戸の新興住宅地なので、道も碁盤の目状でまっすぐだし平らなゼロメートル地帯です。いつも平らな道を歩いているので、膝を痛めることがなかったのかも。

「かかと落とし」が骨の強化に効果あると聞きましたが、「つま先をくっつける姿勢」は初めて聞きました。やってみるとお腹やふくらはぎに力がかかって引き締まるような感じです。こちらもやってみようと思います。

それにしても70代、80代向けの健康やら終活やらの記事がてんこ盛りですね。
新聞広告で見出しを眺めるのが日課になっています。その中から気に入ったタイトルだけを採用(^o^;)しています。

こんなに詳細な見出しを載せたら本を買う人が減るんじゃないかと思うんですが、これがすごく売れているようです。
本を読んで共感したり安心したりするんでしょうね。倹約生活の私はもっぱら図書館頼りです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寄る年波に対応しなくちゃ | トップページ | 東京再発見(麻布十番) »