無料ブログはココログ
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« ピンクのカラナクシ | トップページ | 思いがけないフレンドさん »

2019/10/22

台北の故宮博物院

今回の台湾旅行の目的は二つ。
一つはポケモンGOサファリゾーンというイベントに参加すること。
そしてもう一つが「故宮博物院」だ。

故宮博物院には昔行ったことがあるが、リニューアルされてからは行っていない。
ぜひもう一度行きたいと思っていた。

Photo_20191022205901

台北の朝はバイク群団と朝食屋さんで賑わう。
手軽だからか、意外とサンドイッチが多かった。

Photo_20191022210301

地下鉄&路線バスで博物院へ。暑さにめげて博物院入口のカフェでひと休みし、
エネルギーを補充してから鑑賞を開始した。

故宮博物院の名品といえば、まず挙げられるのが「翠玉白菜」だが、天然の翡翠と
玉が混じっていると言われても、目の悪い私にはよく見えない。

Photo_20191022210401

(↑これはサンゴ。凄いという形容詞しかない)

そういえば、イスタンブールの「トプカプ宮殿」に行ったときも、陳列されている
宝石の数々がどれもデカすぎて、本物に見えなかったなぁ。
まさしく「猫に小判」、私の感受性や理解力をはるかに超えていた。

Photo_20191022210701

そんな私でも理解できたのが、中国史を彩る発掘品の数々だ。
中国には何回も旅行したことがある。訪れた都市のほとんどが中国史の舞台と
なったところで、秦の始皇帝や三国志等々あまたの英雄たちは現代日本人にも
人気が高い。

Photo_20191022210501

年代対応表があって分かりやすかった。
上から、中国本土、台湾、日本、朝鮮の年代が表示されている。

Bc1110

「西周時代」早期の青銅酒器。
主に祭礼用だが、お酒はどの古代文化でも主要の産物なので、酒器が多く展示
されている。世界各地の博物館に行って各種各様の酒器を眺めるのは楽しい。

Photo_20191022210402

これは可愛い。我が家にも欲しい(^o^;)西周時代に続く春秋戦国時代のもの。
これが紀元前につくられたなんて信じられない。

Photo_20191022210502

繊細で只々美しい。うっとり。

それにしても、ドッサリ重みのあるお宝の数々を台湾に持っていかれて、中国は
口惜しがっているだろうな。

世界最大の宮殿といわれる北京の「故宮(紫禁城」にも行ったが、巨大すぎて
見学途中で昼寝してしまい、全部は廻れなかった。
ここにあの財宝が展示されたら、ただ疲れに行くだけになってしまうわ。

« ピンクのカラナクシ | トップページ | 思いがけないフレンドさん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ピンクのカラナクシ | トップページ | 思いがけないフレンドさん »