無料ブログはココログ
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« デオキシスGET | トップページ | 散々なダンバルコミュディ »

2018/10/20

弘前ねぶた&ミュウツーの競演

第四世代ポケモンが出ているが、今の私はオーストラリア産タマゴを残らず孵化
させることにエネルギーを注いている。オーストラリア旅行しているフレンドは
3人なので、多ければ毎日3個のタマゴが手に入る。

ウッカリしていると、ついポケストを回してタマゴの空きを塞いでしまい、ギフト
ボックスの7kmタマゴを配置できなくなる。
だからたびたびタマゴの孵化状況をチェックしなくちゃならない。

タマゴを孵化させるには歩かなくちゃならないが、足腰弱っているから徒歩だけで
孵化させるのは無理だ。ここはバスの力を借りなくちゃならない。

そういうわけで、今日は午後からバス&徒歩で卵割りに専念し、錦糸町に戻って
きたのは夕方だった。

「特別なレイドバトル」の大横川親水公園回転噴水ジムでミュウツーレイドが
あったので、疲れた足を引きずりながら向かった。

Photo

辺りはもうすっかり暗くなっていたが、ジムのある公園はやけに華やかで賑やかだ。
パトカーが止まっていたので「違法駐車」を見張っているのかと思ったら、北斎
通りが通行止めになって両国方面からハデハデな物体がこちらに向かっている。

道端のノボリを見ると「北斎まつり」と書いてある。

そうか今日は年に一度の「北斎まつり」だったのね。
ハデハデなものは「青森県弘前市のねぶた」だった。

ちなみに「北斎美術館」のある緑町公園は、弘前藩津軽家の上屋敷があったところ
なので、弘前とはご縁が深い。

Photo_3

ジムの場所には光の飾りが並んでいて、とっても幻想的だ。
そして5タマゴが割れミュウツーが誕生したその時に「ねぶた」が公園の前に
やって来たのだった。

Photo_4

「ねぶた」は見たいしミュウツーレイドはやらなくちゃならないし、レイドに
集まった人達は忙しい。

ミュウツー出現とピッタリ時間を合わせるように「ねぶた」が来るもんだから、
バトル開始を待つわずかな時間に急いで写真を撮ってきた。(↓)
ピントを合わせる余裕がなかったわ。

Photo_2

せめて5分くらい時間をずらして欲しかったなあ。まさかタイミングを合わせた
わけじゃないよね?

レイドが終わったころ雨が降りだしたので、ポケ活はこれだけにして、急いで帰宅
した。

« デオキシスGET | トップページ | 散々なダンバルコミュディ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

地元にいても弘前ねぶたが見られるなんて羨ましいです。まだ東北の祭りは観に行ったことがありません。

HANAさん、お久しぶりです。

数年前に弘前に行ったんですが、時期が「ねぶた祭り」の寸前だったので、準備中の巨大なねぶたを沢山見ることができました。

北斎祭りのねぶたはそれよりずっと小振りでしたが、練り歩く様子は華やかで見応えありました。でもやっぱり見るなら本場の青森ですね。

ぜひ行ってみてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« デオキシスGET | トップページ | 散々なダンバルコミュディ »