無料ブログはココログ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 8月の錦糸町はイベント満載 | トップページ | スペシャルリサーチ&色違い »

2018/08/20

戦争を意識する8月

駅ビル「テルミナ」地下の食料品売り場に行ったら、テナントが一店撤退して
空間に椅子が数脚置かれていた。

でも夜7時頃だったので座ってノンビリする人はいない。
ちょっと買い物をしてから椅子に腰をおろし、スマホのポケGOを立ち上げると、
ドドッとばかりポケストやポケモンが現れた。

ときどき駅前広場よりも駅ビルのほうが「ポケGOの聖地」なんじゃないかと
思うことがある。とくに地下の食料品街は沢山湧く気がする。

でも普段はもちろんここでポケ活することは出来ない。
この日はたまたま椅子が並んでいたけれど、すぐに別のテナントが入るだろう。

とにかくポケモンが次々と出てくるものだから、なかなかポケ活を止められない。
すると隣に高齢の女性が座り、最初はチラチラ私のほうを見ていたが、そのうちに
身を乗り出して覗き込み始めた。

「面白いでしょ」と私が声をかけると、「どうやったら、そんな風に出てくるの。
スゴイわね~」と興味を持った様子。でも携帯電話も受信するだけ、スマホなどは
とても使えないという女性に、ポケモンGOのやり方を説明するのは無理だった。

ポケGO画面をじっと見ながら、女性は自分のことを話し始めた。

「満州事変」(1931年)の年に生まれ、それからずっと戦争だった。
支那事変(日中戦争)のとき、戦勝記念の行列で旗を振ったことを覚えている。

お近くに住んでいる印象だったが、身なりもお化粧をキチンとしていて、ぶらっと
普段着ルックの私が恥ずかしくなるくらい。

足の筋肉が弱ったので、定期的にクリニックに行っている。
娘や孫は近県に住んでいるが、最近は面倒くさくて会うこともないので、誰とも
話す機会がない。一人暮らしなので、何でも自分でやっている。

そんなことを淀みなく話されていた。
私は指を止めずにお話を聞く。タスクのリワードで「パッチール」が出たので
見せたら「あ~ら可愛い」と嬉しそうだった。

Photo

「みんなやっているけれど、覗き込まれるとイヤがる人が多いでしょ。見せて
くれる人がいて嬉しい」

最近は物覚えが悪くなったと仰っていたが、とてもシッカリしていて、90歳近い
年齢には見えなかった。

8月は広島、長崎への原爆投下そして終戦記念日と、それほど遠くない過去に
想像を絶する世界大戦があったことを思い知らされる月だ。

墨田区は東京大空襲で大きな被害を受けたし「東京都慰霊堂」が墨田区両国の
横網町公園にあるが、戦争体験を実際に聞く機会は少ない。

平和が当たり前と思っていると、その大切さが忘れがちになる。

戦争になったらポケGOどころじゃない。
ヨーロッパに行ってバリヤードをGETしたり、アメリカに行ってケンタロスを
GETするなんて、夢のまた夢になってしまう。

日曜日はジャズフェス2日目、錦糸町駅北口アルカウエストの階段はいつも演奏
会場になる。

Photo_2

その先の緑の木々は「大横川親水公園」だ。昨日はここでEXレイドがあった。

ジャズフェスの観衆にはシニア族が多い。
今のシニア世代は、初期の頃からジャズにもコンピューターにも海外旅行にも
接してきた。

実体験を通して馴染んできたから、急激な社会の変化にも何とかついて行ける。

ラッキーな世代と言えるかもしれない。

« 8月の錦糸町はイベント満載 | トップページ | スペシャルリサーチ&色違い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

愛ネコ二匹とお別れして二年が過ぎて、ペットが居ては欲しいけどこの先の老化を考えると次を躊躇します。
TMさんが出会われたかなり高齢のご婦人、しっかり生きておられのは不安も乗り超えておられるのでしょう。
日本のこの先の家族の在り方や、高齢化したときの生き方を考えされられますね。
最近は元気な78歳にスポット当たってますが、自分がそこまでできないのもわかってるし。
お盆に帰省してた長男が居なくなり、広くなった部屋は急に涼しくなって、心にも秋風吹いてます。

ulalaさん、この女性のお話を聞いて、いくつになってもシッカリ生活していけるんだと、心強くなりました。最近になって大きな家具や大事にしていたお着物を処分したんですって。自立心が強い方とお見受けしました。

お子さんやお孫さんがいてもそれぞれの生活があるので、距離をおいて生きていく気持が大事なんでしょうね。
私なんかは1人なので、すべて自分で決断し実行しなければならない。墓じまいをしてひとつ肩の荷が下りましたが、まだまだ肩に荷物がのっかっています。

でもあまり深く考え込まずに日々過ごそうと思っています。
何と言っても社会のマジョリティ、似たようなお仲間が沢山いますからね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 8月の錦糸町はイベント満載 | トップページ | スペシャルリサーチ&色違い »