無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 日本は自然災害大国 | トップページ | 大分旅行(臼杵石仏) »

2018/07/16

大分旅行(臼杵)

猛暑のなか3泊4日の大分旅行してきた。

当初は別府泊を予定していたのだが、ホテルがとれなくて、大分駅から徒歩圏内の
ビジネスホテルになった。結果的にこれは正解だったわ。

ガイドブックや観光パンフでは見落としていた「大分市内」や「臼杵市の歴史
地区」が予想以上に良かったのだ。とくに大分市は、もっと時間をとって見て
廻りたかった。あの猛暑ではどっちみち無理だったかもしれないが。

旅行中は連日猛暑の予想だったので、翌日はまず体力が必要な「臼杵石仏」を
訪ねることにした。

Photo
(沿線は緑豊かな森が続く)

日豊本線で臼杵市に行く。駅舎の脇の「旅行案内所」で石仏行きのバスがないか
聞くと、親切なおじさんスタッフが「駅からのバスは1時間ほど待たなくちゃ
ならないが、徒歩10分ほどの「辻」まで行けば他のバスも通るから、そちらで
待ったほうが良い」とおしえてくれた。

利用価値のあるバスや鉄道の時刻表や観光パンフなども貰った。

Photo_2

「辻」に行って分かったのだが、ここは臼杵市の「歴史的観光地区」だったのだ。
駅からバスで石仏に行くと、このエリアは素通りしてしまう。
バスの待ち時間は同じくらいだったから、駅の観光案内スタッフはこの場所を
知ってほしかったのかもしれない。

Photo_3

50分くらい待ち時間があったので、ぶらぶら通りを歩いてみた。

Photo_4

「サーラ・デ・うすき」というお洒落な建物に入ると、ポルトガルとの交流を
しのばせる南蛮屏風などが展示されていた。

Sara

平日なので観光客の姿はなかったが、
奥まったところには稲葉家土蔵やレストランなどもあり、猛暑しのぎにもって
こいの施設だった。

Photo_5
(土蔵)

でもバス待ちなのでゆっくりランチを食べる時間はない。
この「サーラ・デ・うすき」がある通りは「八町大路」と名付けられていて、
風情があった。こんな猛暑でなければ、散策できたのにな。

「みそソフトクリーム」の文字が目に入ったので、フラフラと引き付けられる
ようにお店に入って注文。

Photo_6

Photo_7

このお店も一見して文化財とわかる存在感たっぷりの建物だった。
その隅っこの椅子に座ってソフトクリームを食べた。
冷房はなかったけど風が入ってくるので、汗もだんだんひいてきた。

このエリアは観光地として臼杵市が力を入れているようだ。

一緒にバス待ちしていた地元の年配女性から「この辺りは立派なお寺が多いから、
ぜひ見て欲しい」と言われた。
その言葉通り、バスの窓から見たお寺には、奈良かと見まがうような三重塔が
あった。

でも帰りは駅行きバスに乗ったので、八町大路に寄ることはできなかった。
残念だったな~。
大分行き列車待ちのあいだ、駅前ホテルの食堂で野菜炒め定食を食べながら、
ここに1泊してから大分に泊まってもよかったな~と思った。

オランダ船「リーフデ号」が漂着したのも臼杵市佐志生の黒島というところだ。
この船にウイリアム・アダムス(三浦按針)とヤン・ヨーステン(八重洲は彼の
名前から付けられた)が乗っていた。

Photo
(東京駅八重洲地下街のヤン・ヨーステン像)

Photo_2
(東京駅八重洲の説明プレート)

臼杵は多彩な歴史をもつ町だったのだ。知らなかったわ。

« 日本は自然災害大国 | トップページ | 大分旅行(臼杵石仏) »

旅・国内」カテゴリの記事

コメント

臼杵にそんな歴史があったとは…
知られてないこと、習わなかったこといっぱいありますね。
実際に足を運んでやっと見えてくるものに出会えるのが旅の醍醐味。

ホンマに暑い日がず~っと続いてます。
お疲れさまでした。
へぇ~知らんかった~のレポート、楽しみです。

ulala さん、旅の楽しさは色々ありますが、なかでも発見は大きな要素です。
「あれ~、こんな所があったんだ」と気付いて、もっと時間をかけて見て廻りたいと思うんですよね。

こうなるのも、予習をせずに現地に着いてからやおら学習するからですわ。

でも今回の旅は「猛暑」という最大の障害があったので、「無理しない」と自分に言い聞かせていました。ついついオーバーワークになりがちなので。

まあ短期間のわりには収穫のある旅でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本は自然災害大国 | トップページ | 大分旅行(臼杵石仏) »