無料ブログはココログ
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 大分旅行(臼杵) | トップページ | 大分旅行(イオンでポケ活) »

2018/07/17

大分旅行(臼杵石仏)

観光パンフレットによると、「臼杵石仏」は平安時代後期から鎌倉時代にかけて
彫られたといわれているが、詳しいことは分かっていない。
磨崖仏として日本初、彫刻として九州初の国宝に指定された

少し前にulalaさんが臼杵石仏の記事をブログにアップしてくれたので、見学用に
整備された様子がよく分かって助かった。具体的なことが分からないと、二の足を
踏んだかもしれない。

Photo

訪れたのが猛暑の平日お昼近くとあって、観光客の姿は少なかった。

14

ほぼ貸切状態。

Photo_2

深い山奥にあるが、拝観順路はしっかりと固められ、コースは矢印で表示されて
いて分かりやすかった。野外博物館という感じ。
「1周り800m、所要時間約30分」とパンフに書いてあったが、休み休み歩くから
30分では無理だわ。

Photo_7

これが熊野の巡礼路のような山道のままだったら、すべてを見て廻るのは私には
無理だっただろう。

入口には観光客向けのお土産屋やレストランなどがあった。
拝観の後ここで市内へ戻るバスを待った。
お腹が空いていたら昼食をとったのだが、ソフトクリームを食べたせいか、水を
飲み過ぎたせいか、それほど食欲がなかったので、風通しのよい場所でベンチに
座ってバスを待った。

ところで観光地や主要施設にはどこもポケモンが多い。ここでもバスを待つ間
ポケ活できたので、待ち時間が気にならなかった。

大分でのポケモンGOについては、あとでまとめて書こうと思う。

大分行き電車を待つ間に駅前ホテルの食堂で遅めのランチを食べ、2両編成の
ローカル列車に揺られながらウトウトした。この電車が別府の先まで行くことを
知り、乗り越して別府まで行った。

Photo_3
(別府駅前)

頭がクラクラするような暑さでは、別府に着いても何をする気にもなれない。
それでもせっかく来たのだからと、駅から徒歩圏内の「竹瓦温泉」まで歩いてみた。

Photo_4

この辺りにはアーケードもあり、ちょっと廃れた感じの飲食街もあった。

Photo_5

そんな雰囲気にマッチした「竹瓦温泉」は、絵になる外観とはウラハラに入浴料が
100円という安さ。(砂風呂もあって、そちらは1000円くらい)

ものは試しと入ってみた。古ぼけた銭湯という感じ。

先客は地元の年配女性ひとり。お湯がとても熱いので、私は体にかけるだけで
なかなか湯船に入れない。

「別府の温泉はどこもお湯が熱い」と先客が言う。「でも入れば慣れる」という
ので頑張って浸かってみたが、すぐに出てしまった。

お湯の温度は43℃と書いてあった。
私はふだん40℃以下のシャワーだけなのだ。

Photo_6

お風呂を出て、また駅まで汗をかきながら歩いて、大分行き電車に乗った。
温泉はやっぱり1日中ゆったり過ごさないとね。
せっかちの私は温泉向きじゃなさそうだ。

« 大分旅行(臼杵) | トップページ | 大分旅行(イオンでポケ活) »

旅・国内」カテゴリの記事

コメント

暑い中での観光は疲れますね。
竹瓦温泉は何度か行ったことがあります。レトロな感じが良いです。別府の市営公衆浴場はどこも100円のところが多いです。夏にはおすすめしませんが良い季節だと温泉巡りも良いですよ。民間のやっているところだと絶景の広々としたプールみたいな露天風呂もあるし。観光案内の動画が面白いです。

HANA さん、温泉は長い歴史のある文化ですから、土地によって在り方も様々なんですね。温泉文化を堪能するためには、心構えや学習も必要ですわ。

今回はあまりにも暑すぎて、それに別府泊まりでなかったこともあって、ゆったりとした気分にはなれませんでした。でも3泊した大分のビジネスホテルに「源泉かけ流し温泉」があって、こちらは快適でしたよ。お部屋のバスは一度も使いませんでしたから。

このホテルの温泉にいちど入っただけで、お肌がスベスベしたのにはビックリしました。
でも翌朝温泉の効能が効きすぎたのが、体がだるくて起き上がれないほどでした。
翌日からは平気でしたけど。

温泉は少し寒い時期のほうが良いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大分旅行(臼杵) | トップページ | 大分旅行(イオンでポケ活) »