無料ブログはココログ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« レックウザは絶不調だったけど | トップページ | てんやわんやのポケGOコミュニティデイ »

2018/02/22

女神信仰と日本神話

図書館から借りた「女神信仰と日本神話」吉田敦彦著(青土社)を読んだ。

「縄文の土偶」に見られる「地母神」への崇拝が、日本神話「記紀」に受け継がれ
現在の日本人の心にも影響を与えているという。

世界各地の神話にみられる最高神はほとんど例外なく男性の神で、激しい戦いや
殺戮の末に神々の王の地位を獲得している。(王権神話と呼ばれている)

しかし日本神話の最高神「アマテラス大御神」は、女性の神であり、慈悲深く
生まれたときから天上界の支配者としての資質備えていた。

そのため日本神話には他の古代神話にはないユニークな特色がある。
神々の間で争いがあっても、やがて和解し共存する道を選んでいる。

理解力不足の私がざっとまとめた内容(↑上記)なので、間違っているところも
あるだろうが、ともあれ興味深く面白い内容だったのは確かだ。

縄文土偶といえば「縄文のビーナス&仮面の女神」が頭に浮かぶ。
「諏訪大社」を訪れたとき、この2体の国宝土偶をぜひ見たいと八ヶ岳山麓に
ある「尖石縄文考古館」まで行った。

Dsc_0120

Dsc_0046

「諏訪大社」は日本神話と深いつながりがある神社だが、1ヶ所ではなく上社と
下社にそれぞれ2ヶ所ずつ(全部で4ヶ所)のお宮がある。そして茅野市にある
上社前宮は4ヶ所のなかでも最も古いお社と言われている。(上社本宮よりも
前にあったから前宮という説がある)

Dsc_0103

この「上社前宮」は八ヶ岳山麓の縄文遺跡に近く、素朴な雰囲気で縄文の名残が
感じられた。(ともに茅野市)

私は歴史が新しい下社(下諏訪市)から廻り最後が「前宮」だったが、今度行く
としたら「上社前宮~上社本宮(諏訪市)~下社の春宮と秋宮」というコースで
参拝したいと思う。縄文から古代日本へと変遷していく様子が、諏訪大社に表れて
いると思うから。

そういえば平昌五輪で茅野市出身の小平奈緒選手が金メダルをとったね。
縄文の女神さまたちが微笑んでくれたのかな。

« レックウザは絶不調だったけど | トップページ | てんやわんやのポケGOコミュニティデイ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昨日投稿はスパムではねつけられたようなので再投稿させてもらいます。
リンク貼ってたからかしら、でも是非見てもらいたいので、リンク外してブログ名で検索願います。
まるぞう備忘録
小平奈緒さん出身の茅野市って縄文ビーナスの出たとこでしたよね。
まさに縄文の母性が新しい時代に地球と人類が共生する根幹になるかもと納得できました。

ulalaさん、面白いサイトを紹介してくださって有難うございます。

多くの日本人が縄文時代を日本文化のルーツだと思っているでしょうが、それが歴史や現在の社会にどう関わっているか、人の見方はそれぞれ異なり、アプローチの仕方も違いますね。そこがまた面白いところなんでしょう。

このような世界的にもユニークな神話を持ち、古代には実力のある女性天皇が何人も存在したのに、世界から「日本は女性の地位が低い」と思われているのが、私としては残念です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レックウザは絶不調だったけど | トップページ | てんやわんやのポケGOコミュニティデイ »