無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 新年早々MAXグラードン逃げた | トップページ | NHKスペシャル「人体」 »

2018/01/07

新年は博物館

年の初めには「東京国立博物館博」に行くことにしている。
これまでは2日に行っていたが、お正月三が日は混雑するので、今年は仕事始めの
4日にした。

いつも楽しみにしている「国宝室」では、ここ数年定番になっていた長谷川等伯の
「松林図屏風」ではなく「釈迦金棺出現図」だった。
京都国立博物館所蔵だが、その貴重さ故に館外に出されることは滅多にないと
解説に書かれていた。

戌年ということで「ワンちゃんにちなんだ作品」の展示が多かった。なかでも
気に入ったのが「近世職人尽絵詞」、「江戸一目図屏風」を描いた鍬形蕙斎の
作品だ。江戸時代は北斎と並び称された蕙斎だが、東京スカイツリーができて
話題になるまでは忘れられた存在だった。

Photo_2

Photo

Photo_3

北斎と違うゆるやかなタッチがいい味だしているよね。好きだな~。もっと見たい
から暖かくなったら津山に行こうかな。

いつもは本館と日本の考古館だけで息切れしてしまうのだが、この日はぜひ東洋館
にも行きたかった。
目的は「呉昌碩とその時代―苦鉄没後90年―」、お正月くらいは書に親しみたい。
でも篆書がメインだったので、よく分からなかった。

東洋館はいつも空いていてゆっくり過ごせる。

Photo_4

ここにはアジア古来の「占いコーナー」があるので、その中のひとつ夢占いを
してみた。やり方は単純で夢が書かれたクッションを選び裏返すだけ。

Photo_5

「水を飲む夢」を選んだら「長生きするだろう」だった。
「健康で長生き」ならいいけどね。

「長生き」も目出たいとばかりは言っていられない昨今だ。
「認知症を患っているので年賀状は今年で終わりにします」とか「90代半ばの
母親の介護で私のほうが先にいきそうです」とか書かれた年賀状を目にするように
なった。

お母さんの介護をしている人は、パソコンスキルの能力が高く、エクセル関数が
大得意だ。私と同年代でインストラクターをやるほどOAに詳しい人は、ほとんど
いない。でもその能力を活かせず長年母親を介護してきた。
「せめて私は子供の面倒になりたくない」と書かれた一言が辛い。

たまたま目についた文庫本「子供の死を祈る親たち」(押川剛著、新潮文庫)を
図書館から借りてきた。まだ読んでいないけれど、本のタイトルがショックだった
ので、読んでみる気になった。

新年早々暗い話になったが、明るい(?)話もある。
東博本館前でジムバトルをしたら、私のハピナスが50コイン稼いでくれたのだ。
そして土曜日も、現在休館中の「江戸博」ジムに置いてきたフシギバナが今朝に
なって50コイン持って帰って来た。

博物館ジムは、上手くいけばコインを稼げるんだ。
平日の夕方に、わざわざ入館料を払ってジムバトルする人は滅多にいない。
そして閉館したら誰もジムには近づけない。

ちょっとした発見だったわ。

« 新年早々MAXグラードン逃げた | トップページ | NHKスペシャル「人体」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

遅ればせながら、今年もよろしくお願いします。
10月から3ヶ月以上も抗生薬剤飲み続けても未だ完治せずで、エネルギー低下も甚だしい年末年始でした。
お正月を迎えるにあたり大掃除もしなかったし、年賀状もかきませんでした。
礼状も出さず、どうしたんだろうと訝しんでる方もおられるかもしれません。
認知症なったり、病気になったり、ヤル気元気を減じる原因はいくつもあるでしょうが、まさに今回にその入り口を感じました。
今年の無礼をどう始末つけるか、来年はどうするか、考えるのも面倒になります。

ulala さん、体力免疫力が弱まると、ちょっとしたことが重大な結果になりますから、お正月は手抜きして良かったです。私も年賀状に「不義理をお許しください」とプリントしておきました。

最初は少し気になりますが、いつまでも若い頃のようなわけにはいきませんから、無礼も仕方ないことと割り切ることにします。

ulalaさんはお仕事関係のお付き合いなど交友範囲が広いので、私と比べるわけにはいかないでしょうが、どうぞ息抜きしてグータラする時間も作ってください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新年早々MAXグラードン逃げた | トップページ | NHKスペシャル「人体」 »