無料ブログはココログ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« ヘルシンキ&ローマでポケ活旅行(11) | トップページ | ヘルシンキ&ローマでポケ活旅行(13) »

2017/11/06

ヘルシンキ&ローマでポケ活旅行(12)

ローマの市内マップを見ると、歴史的遺産群を貫いて流れるテベレ川の存在が
いっそう際立つ。これ以上ないランドマークだ。

ポケ活しながら歩いていると、自分が今どの辺にいるのか分からなくなるが、
そんな時に頼りになるのが-テベレ川だ。テベレ川の両岸にはローマを象徴する
名所旧跡が並んでいるので、散策しながら観光もできる。

Photo_2

バチカンに行くつもりがテベレ河畔に出てしまったので、緑豊かなローマ大学
植物園の方に行くことにした。といっても目的は植物園ではなく貴族の館のほう。
ローマには歴代法王や貴族の館が数多くあり、美術館として公開しているところも
ある。

Photo_3

テベレ川岸にある貴族の館のなかで、カラヴァッジョの「洗礼者ヨハネ」がある
「国立コルシーニ宮美術館」には以前入ったことがあるが、今回はその真ん前に
ある「ファルネジーナ荘」を見学することにした。
このお屋敷には、ラファエロが描いた「ガラテアの間」や設計した回廊がある。

遠い東洋から来たビンボー庶民の私が、こうやって貴族の館でのんびり過ごせる
なんて、良い時代に生まれたもんだわ。

Img_20170918_103500_r

ここからはローマの下町「トラステベレ」が近い。安くて美味しいトラットリアが
軒を並べていると評判のエリアだが、最近は観光客が多いのであまり安くない
感じがする。

Img_20170918_094849_r
(こちらは有名レストランのサバティーニ)

Img_20170918_095029_r
(この落書きは、間違いなくあの人だよね‥^o^)

もっとも私が歩くのはたいてい「サンタ・マリア・イン・トラステベレ教会」と
テベレ川を結ぶ道だけで、あまり奥まった地域には行かない。

バス停近くのベンチでひと休みしていて、大変なことに気が付いた。
モバイルバッテリーからスマホに電気が行かないのだ。スマホの電池の残りは
わずかしかない。いろいろやってみたがダメ。もし充電できなければ、ポケ活
どころか写真も撮れない。

私はとりあえずホテルに戻ることにした。

« ヘルシンキ&ローマでポケ活旅行(11) | トップページ | ヘルシンキ&ローマでポケ活旅行(13) »

旅・ヨーロッパ」カテゴリの記事

コメント

位置ゲームで電池切れは辛いですね。このためいつも電池を持ち歩いてカバンが重くなってます。
私もこの辺りを散歩するのが好きです。
レストランも横目で見て歩いてましたが、市場が良かったです。
次一体いつローマにいけるやら。

HANA さん、スマホだけでなくレンタルwifiもあったので、それらを全部持ち歩くのはきつかったです。その上ローマは石畳ですから、歩きにくくて筋肉痛になりました。
充電のためホテルに戻るのは、身体を休めるのにちょうど良かったかもしれません。

私もまたローマに行きたいし、他にも行きたいところがあります。
まさに年齢との競争ですわ。健康を維持し、生活費を節約して、また旅行に行きたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヘルシンキ&ローマでポケ活旅行(11) | トップページ | ヘルシンキ&ローマでポケ活旅行(13) »