無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 桜咲く | トップページ | ポケモンで賑わう錦糸町 »

2017/04/11

京都からの帰り今城塚古墳に立ち寄る

2日目は京都の大谷祖廟に行った。まずお参りしてこないと‥。

観光パンフの路線図をじっくり眺めて、淀屋橋から京阪本線に乗ると祇園四条まで
乗り替えなしで行けることに気付いた。
ここからなら八坂神社の隣にある大谷祖廟に近い。

しかも「快速特急 洛楽」という京阪間ノンストップの電車まである。
運賃は割増なしの410円と信じられない安さだ。おまけに電車は高級感があり、
片側には一人用座席が並んでいて、ゆったりしている。
ものすご~く得した気分になれたわ。

八坂神社は外国人観光客だらけだった。浅草もそうだけど、和服姿で闊歩している
観光客のほとんどが中国人みたい。

参拝を済ませてから、京都国立博物館最寄りの七条に行くため京阪本線に乗った。
京都国立博物館はリフォーム中で、公開している展示室が少ししかなかったのは
残念だった。

_r

でもこの建物を見られただけでも満足だわ。東博の年間パスポートがあるので、
入館料は無料だしね。

この日はもう一つ行きたいところがあった。大阪府高槻市の「今城塚古墳」だ。
寒いし駅からも遠いようなのでちょっと迷ったが、とりあえず最寄り駅という
「摂津富田駅」で降りてみた。

_r_2

結果的には、往きも帰りも路線バスに乗ることができた。でも本数は少ない。
まあ頑張れば駅から歩ける距離だと思う。

_r_6

_r_9

全長350mと巨大な「今城塚古墳」は、継体天皇の陵墓という説が有力だ。
もっとも宮内庁治定の継体天皇陵は別にある。

継体天皇は生い立ちにも即位にも謎が多い。古代史ミステリーとしての面白さに
満ちている。また現在の天皇に確実につながる最初の天皇とも言われている。

先日読んだ「継体天皇と朝鮮半島の謎」について書いた「ブログ」を見つけた。

きっちりと整理して書いてあるので参考になる。読んだそばから忘れてしまう
私とはエライ違いだわ。リンクさせてもらって、時々読み直そうと思う。

_r_5

復元された埴輪群は圧巻のスケールで、古代天皇の権勢の大きさがしのばれる。

_r_7

近くには「今城塚古代歴史館」があり、入館料タダなのに充実した展示だった。

_r_8

継体天皇は母の故郷である越の国(福井県)で育ったという。
福井にもぜひ行ってみたいな。

« 桜咲く | トップページ | ポケモンで賑わう錦糸町 »

旅・国内」カテゴリの記事

コメント

京阪電車ってお安いでしょう。
もより駅の近くに回数券ばら売りの自動販売機がありまして、土日なら往復で60円も割引です。
今城塚古墳と歴史館も入場無料は魅力的ですし、内容も充実しててさすが高槻市だと思います。
しかし民進党の辻元議員のお膝元で、かつての学生運動最後のほうのコアな暴力的左翼の根城でもあるらしいです。

リンク貼っていただいたブログ、今まで一度も訪問したことなかったです。
字も大きいしわかりやすそう。
私も次々忘却のかなたですけど、楽しませてもらえそうです。

この古墳の近くの高槻はJRでいつも通りすぎているのですが、一度も降りたことがないのです。古墳の名前は知ってましたが。立派な無料の施設はきっと学校の課外授業でいくのでしょうね。
京阪電車は関西の私鉄の中では私にとっては一番なじみのない私鉄ですがたまに乗ることがあります。
今なら背割り桜を見に行くときにでしょうか。立派な列車なのに安いのは感心します。
京都へ行くときには昔は阪急、今はJR利用なので。
京都国立博物館は今週から新しい特別展が始まりました。
ちかいうちに行こうと思ってます。

ulalaさん、本当に京阪電車にはうれしくなりました。今、リッチな列車がいろいろ売り出されていますが、この高級感でこの料金はすばらしい。これなら、大阪のホテルに泊まって、気軽に京都まで足を延ばせますわ。

今城塚古墳の埴輪祭祀場の復元も、実物大のスケールがよくわかっていいですね。
高槻市は頑張ったと思います。

もっとも古墳に行くまでは、高槻市の存在も知らなかった私です。
古代天皇の陵墓と左翼の根城は、何かミスマッチですね。

リンクしたブログは分かりやすくて面白そうなので、たまに読みたいと思います。

HANAさん、関西は個性的な私鉄が多いですね。
「スルッとKANSAI」があれば、いろんな私鉄に乗ることができたのにと、残念です。

ちょうどバスがあったので今城塚古墳に行きましたが、周囲は完全に住宅街でした。
日本列島の多くの古墳が、つぶされて住宅地になってしまったんでしょうね。
今になって思えば、もったいない話です。

私が行ったとき、京都国立博物館は改修工事の真っ最中でした。その工事が終わって、新しい企画展が始まったんでしょう。工事している展示室を覗いたら、大きな仏像がチラッと見えました。

新しい展覧会の準備だったのかしら。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜咲く | トップページ | ポケモンで賑わう錦糸町 »