無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 2017年3月 | トップページ

2017年4月

2017/04/22

百舌鳥古墳群

「日本の暫定世界遺産」という本を読んだ。世界遺産に認定されると観光客で
大混雑するから、その前に訪れてみようという趣旨の本だ。

たしかに、「富岡製糸場」がまだ候補のときに行ったが、独り占めって感じで
ゆったり見て廻ることができたわ。

この「暫定リスト」に載っている文化遺産やすでに世界遺産になっている文化
遺産と比べても、「百舌鳥・古市古墳群」ほど、世界遺産にふさわしいものは
ないと思うのだけど…。どうして今まで世界遺産にならなかったのか、とっても
不思議なのだ。

堺に泊まることにしたのも、最大の面積をもつ「仁徳天皇陵古墳」(大仙古墳)を
もう一度体験してみたいと思ったから。
ずっと昔に古墳の周囲を歩いたことがあるが、巨大すぎて古墳なんだか森なんだか
分からなかった。(世界遺産なんてまだ無かった頃のはなし)

今回は大阪府と地元3市(堺、藤井寺、羽曳野)が登録に向け取り組みを強めて
いるので、保存版にもなる資料や周辺をウォーキングできるマップなどが沢山
あって、学習にも観光にも便利だった。

_r

各種サービスのなかでも、市役所21階「展望ロビー」からの眺めは、私が最も
楽しみにしていたもの。
これまで映像や写真でしか見たことのなかった巨大古墳の全景を、この目で直接
見られるなんて、ワクワクする。

_r_2

展望台からは堺市内のいくつかの古墳を見ることができる。
古墳のところだけが森のようになっているのですぐ分かる。
もちろん景色の中心は「仁徳天皇陵(大仙古墳)」で、びっしりと建物が建ち並ぶ
市街地に巨大な緑の龍のように広がっている。

その存在感がすごい!

_r_3

いくつもの古墳が宅地となって消えてしまったようだが、それでもこれだけの
巨大古墳がよくぞ残ったものだと思う。保存に尽力した人々に感謝したい。

展望フロアには美味しそうなメニューのカフェもあった。カレー好きの私は古墳
カレーに気持ちが動いたが、朝ご飯を食べたばかりだったのでパスした。

ロビーでひと通り知識情報を仕込んでから、仁徳天皇陵を目指してウォーキングを
スタート。もちろんポケストップをチェックしながら歩く。ポケGOもGPSを
使っているから道案内にはなる。でもポケストップを巡りながら歩くと、道に
迷うおそれもあるので要注意だ。

2

_r_4

仁徳天皇陵古墳にポケストップはないが、その傍らに佇むこの(↑)小さな古墳が
ポケストップになっていたので、方向を確認することができた。

10_r

12_r

もう少し行くと「大仙公園」があり、その中に「堺市博物館」もある。

2_2

この公園は仁徳天皇陵古墳に負けず劣らず広大で、しかもポケストップが沢山
散らばっている。それを一つずつ廻して行ったら、博物館に着く前に疲れ果てて
しまった。そんなわけで博物館の展示についてはよく覚えていない。

13_r
(仁徳天皇陵古墳の参拝所)

14_r

参拝所の近くに洒落たレストランカフェがあったので、朝パスしたカレーをここで
食べた。美味しかった。窓からの景色も清々しいし、広いのでゆったりできて、
とても良いカフェだったわ。

17_r

カレーでエネルギーを補充できたので、また古墳の周回路を歩き始めた。
向かうのはJR三国ヶ丘駅で、そこから直接関空まで行く。
夕方のフライトなので時間はたっぷりある。

16_r

古墳に隣接して住宅街が続いている。歩きやすいけどちょっと味気ない。
でも仕方ないわね。古墳や遺跡をぜんぶ保存していたら、現代人の住む場所が
なくなってしまうものね。

18_r

駅の近くにはこんな小振りの古墳があった。かろうじて残ったって感じ。でも
史跡として保存されているだけでうれしい。

こうして慌ただしい関西の旅が終わった。この次は応神天皇陵古墳などがある
古市古墳群を見て歩きたい。もちろん高野山にも行きたい。何とか年内には実現
させたいものだ。

2017/04/20

ポケモンで賑わう錦糸町

ただ今イースターということで、ポケモンGOもイベントが開催されている。
(今日か明日で終わるらしい)

いつもポケモン集めの人たちで賑わう錦糸町駅南口は、イベントとなるといっそう
多くの人でごった返す。仕事帰りの人が「え~、まだこんなにポケモンする人が
いるんだ~」などと言いながら人ごみの中を通っていく。

最近になって「セブンイレブン」がポケストップになった。もちろん錦糸町駅
周辺にもセブンイレブンがある。その数もハンパじゃない。

Photo
(↑ 錦糸町のセブンイレブンで検索した結果)

1番の駅前店と2番の南口店は目と鼻の先だ。
それ以外のコンビニも沢山ある。新宿や渋谷のような巨大ターミナルに比べると、
錦糸町の繁華街はさして広くない。その限られた範囲に、やたらとコンビニが
乱立している。

全コンビニがポケストップになったら、錦糸町はポケモンに占拠されてしまうな。

それから、ポケストップが並んでいる「北斎通り」にも、セブンイレブンが3軒
ある。(両国の江戸東京博物館から錦糸町駅北口まで)
だからますます効率良くボール集めができるようになった。

Photo_2
(タイルの案内プレート)

北斎通りは墨田区一のオススメ観光ストリートなので、観光を兼ねてアイテム
集めするのにもってこいだ。自然環境には恵まれていないけどね。
(大横川親水公園なら緑が豊か)

私はウォーキングが第一目的で、トレーナーレベル上げはそのご褒美みたいな
ものなので、お金はほとんど使わない。「しあわせたまご」も「孵化装置」も
「ゴープラス」も買わない。

それでもレベルが上がったり、レアポケがゲットできるとうれしい。

今朝は通勤途上にカビゴンの影が映った。

Photo_3

ちょうど2週間前の帰宅途中にダービー通りでCP2025のカビゴンをゲット
したのだが、朝はウロウロ探している時間がないので諦めていた。

ところが歩いている途中、スマホの中にいきなりカビゴンが現れたのだ。
CPは2488、私がゲットしたカビゴンのなかでは2番目に高いCPだ。
手間取りそうだな~と時間を気にしながらハイバーボールを投げつけ、2回目で
ゲットできたときは嬉しかったわ。

2017/04/11

京都からの帰り今城塚古墳に立ち寄る

2日目は京都の大谷祖廟に行った。まずお参りしてこないと‥。

観光パンフの路線図をじっくり眺めて、淀屋橋から京阪本線に乗ると祇園四条まで
乗り替えなしで行けることに気付いた。
ここからなら八坂神社の隣にある大谷祖廟に近い。

しかも「快速特急 洛楽」という京阪間ノンストップの電車まである。
運賃は割増なしの410円と信じられない安さだ。おまけに電車は高級感があり、
片側には一人用座席が並んでいて、ゆったりしている。
ものすご~く得した気分になれたわ。

八坂神社は外国人観光客だらけだった。浅草もそうだけど、和服姿で闊歩している
観光客のほとんどが中国人みたい。

参拝を済ませてから、京都国立博物館最寄りの七条に行くため京阪本線に乗った。
京都国立博物館はリフォーム中で、公開している展示室が少ししかなかったのは
残念だった。

_r

でもこの建物を見られただけでも満足だわ。東博の年間パスポートがあるので、
入館料は無料だしね。

この日はもう一つ行きたいところがあった。大阪府高槻市の「今城塚古墳」だ。
寒いし駅からも遠いようなのでちょっと迷ったが、とりあえず最寄り駅という
「摂津富田駅」で降りてみた。

_r_2

結果的には、往きも帰りも路線バスに乗ることができた。でも本数は少ない。
まあ頑張れば駅から歩ける距離だと思う。

_r_6

_r_9

全長350mと巨大な「今城塚古墳」は、継体天皇の陵墓という説が有力だ。
もっとも宮内庁治定の継体天皇陵は別にある。

継体天皇は生い立ちにも即位にも謎が多い。古代史ミステリーとしての面白さに
満ちている。また現在の天皇に確実につながる最初の天皇とも言われている。

先日読んだ「継体天皇と朝鮮半島の謎」について書いた「ブログ」を見つけた。

きっちりと整理して書いてあるので参考になる。読んだそばから忘れてしまう
私とはエライ違いだわ。リンクさせてもらって、時々読み直そうと思う。

_r_5

復元された埴輪群は圧巻のスケールで、古代天皇の権勢の大きさがしのばれる。

_r_7

近くには「今城塚古代歴史館」があり、入館料タダなのに充実した展示だった。

_r_8

継体天皇は母の故郷である越の国(福井県)で育ったという。
福井にもぜひ行ってみたいな。

2017/04/06

桜咲く

近くの公園の桜が満開になった。

Photo

こぼれるように咲いている。

Photo_2

散り始めたら早いだろうな。

Photo_5

桜が咲くと誰もがウキウキするようだ。自然とスマホのカメラを向ける。

Photo_4

こんなミニ公園でも宴会をする人がいる。
桜の木の下にシートを敷いて、メンバーが集まるのを待っている。

今週はビッシリ仕事があって、ウォーキングする時間がとれなかった。
だからだいぶ体が重い。週末には頑張って歩かないと。

帰宅途中、いつものようにスマホでポケモンの様子を見ていたら、久しぶりに
カビゴンの影が映った。近くにいるようだ。でも自宅に向かって歩くと影が消えて
しまう。そうなると、いるのは呑み屋街の方だな。

飲食店が集まる路地辺りをウロウロと歩いてみる。ビラ配りをしているオバサンの
前を2度も通って、恥ずかしかった。このオバサンは最近よく見かけるが、私には
くれないから、何のビラが分からない。

けっきょくカビゴンはダービー通りで見つけた。
CP2025のカビゴン、無事捕まえられるか。ボールが少なくなっているので
心配したが、ハイパーボールで何とかゲットできた。やれやれ。

この辺は錦糸町駅南口からすぐだが、口目つきの鋭い客引きがたむろするディープな
エリアだ。でも夕方6時ごろはまだ明るく、人通りも少なかった。

桜とともに日も長くなっていく。

2017/04/01

大阪をぶら歩き

関空に着いたのが日曜日の午後だったので、翌日は当然月曜日となる。
本来ならまず京都の大谷祖廟でお参りするべきなのだが、せっかく京都に行くの
だから京都国立博物館にぜひ立ち寄りたかった。

そうなるとミュージアムが休みになる月曜日は避けなくちゃならない。

ところでこの時期はいろんな施設やサービスがアウトだった。

まず「スルッとKANSA」が終わっていたし、今回は行けるかと思っていた
「ミホミュージアム」も冬季休館中だった。
もう数日ずれていたら春季が始まっていたのになあ。残念。

それで月曜日は大阪市内をぶらつくことにして、観光案内所でもらったマップ付
名所パンフのページをめくった。
この「大阪観光局公式ガイドブック」は小冊子ながら内容充実したスグレモノで、
見ているだけで楽しくなる。当分は手元に置いておきたい。

日本でも海外でも、こうやってホテルのベッドに寝転びながらマップを眺める
のが好きだ。
「ここに行ってみようかな。そうすると、どういうコースがいいのかな?」と
あれやこれや考えるのが、一人旅のいちばんの楽しみかもしれない。

たいていは途中で計画変更になるのだが、とりあえず「大阪ぶら歩きプラン」が
決まった。まず近くの「住吉大社」に参拝する。それから梅田スカイビルを見学し
「絹谷幸二 天空美術館」に入る。どこかでランチ休憩をしてから、天保山に行き
レアポケモンをゲットする。その後どこかの繁華街をうろついて、目ぼしいものが
あったら買い物をする。

考えるだけでワクワクするわ。

でもプラン通りにいかないのが、私のいつもの旅パターンだ。

_r_2

住吉大社は無事参拝できた。「ulalaさんのブログ」で見た「糸魚川産翡翠の
うさぎ」にも触りまくってきた。

駅前にお得なモーニングの喫茶店があったので、ちょこっとコーヒーブレーク。
新聞など読んでいたら時間をくってしまい、店を出た頃は空模様があやしくなって
いた。

天気予報も午後から雨といっているし、雨が降ったら天保山でポケ活などできない
だろう。本降りになる前に天保山に行ったほうがいいな。

_r_3

「天保山」は大阪のポケモン聖地として有名なところだ。
天保山というから山かと思ったら海だった。

_r_4

雰囲気は東京のお台場によく似ている。お台場もレアポケモンの聖地なのだ。
(ちなみに錦糸町はレベル上げの聖地として知られる)

でもレアポケモンは見つからなかった。お台場でも感じたのだが、レアポケは
歩き回って探さなくちゃならないのだ。じっとしていたら、ポケモンは湧いて
こない。若くて体力がないとダメだな。

_r_5

天保山にはレベル上げできる場所もあり、階段などに座り込んでポケ活をやって
いる人が何人もいた。この辺りは錦糸町に似ている。

_r_6

マーケットプレイスで遅めのランチをとり、テラスでポケモン捕りをしていたら、
係員のオジサンが「神戸港にクィーンエリザベス号が入港しているよ」と教えて
くれた。ポケモンよりもクィーンエリザベスの方がいいんじゃないのと言いたげ
だったわ。

雨は一時パラパラと来ただけで、後はずっと曇り空だった。まあまあラッキー。
ポケモンをいろいろ捕まえ、天保山から頻繁に出ている大阪駅行きバスに乗った。
街の風景を眺めながら行けるバスはやっぱりいいな~。でも途中からドッと疲れが
出てウトウトしてしまった。

_r_7

大阪駅はすごくモダンになっていてビックリした。前もこんなだったかしら?
もっともこの前来た時は梅田地下街ばかりを歩き回っていたから、外の風景は
記憶にないのだけれど。

_r_10

ここから徒歩で「梅田スカイビル」に向かう。このビルは日本で唯一「世界を
代表する20の建築物」に選ばれた。

私は最近建築物にも関心があるのだ。建物を眺めるだけなら無料だし、大きい
から視力が落ちていても見えないことはない。
それにこのビルの27階にオープンした「絹谷幸二 天空美術館」にも入りた
かった。


絹谷幸二は強烈。3D映像を見ていたら、目がクラクラして気分が悪くなって
しまった。疲れていたからだろう。
イタリアをテーマにした初期の作品が良かった。

ここで私の体は燃料切れ、もう繁華街をうろつくのは無理なので、ナンバのデパ
地下で晩酌兼夕食用のお惣菜を買い、ホテルに戻ったのだった。

« 2017年3月 | トップページ