無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016/09/22

スカイツリーでポケモンGO

今日は朝から土砂降りの雨だったが、お昼ご飯を食べてから出かけた。
ついスィーツを食べてしまい、上がった血糖値をウォーキングで下げなければと
思ったのだ。

Photo

近所のラーメン店には、この雨にもかかわらず行列ができていた。

とりあえず家を出たものの、この雨では外歩きは難しい。
悪天候の時にウォーキングするところは、東京駅周辺の地下街か東京スカイツリー
タウンと決まっている。屋内でせっせと歩くためには、かなりのスペースが必要
だから。

今日はコミュバスに乗って「スカイツリータウン」に行くことにした。
歩けば30分弱で着くのだが、コミュバスだとあちこち巡回するので、40分
以上かかってしまう。でもバス代はたった100円だし、雨の日は日焼けを気にせず
乗っていられるので、むしろ好きだ。

スカイツリータウンは浅草通りに沿って東西に延びている。西端の浅草寄りには
東武線の「とうきょうスカイツリー駅」があり、東端には地下鉄などいくつもの
私鉄が乗り入れている「押上駅」がある。

Photo_2
(4Fの広場のレストランは雨で利用不可)

今日は雨天の祝日ということもあって、スカイツリータウンは大混雑だった。
こんなときは、タウンに沿って南側に延びる外廊下がいい。

2
(2Fの外廊下)

Photo_3
(3Fの外廊下)

ここには椅子やテーブルが並んだ広場があるが、すみっこにあるプラスチックの
ベンチがのんびり過ごしたい人にはベターだ。

Photo_4

10

コンビニで買った100円コーヒーを飲みながら、しばしポケモンGOに熱中する。
「入れ食い状態」でポケモンが釣れるので、ついスマホいじりが長引いてしまう。
屋内は混んでいても、ここは空いていて、本や新聞を読んだりポケモンGOを
するのにピッタリだ。

ポケモンいっぱいゲットして、レベルが22にアップした。だからって実利は
何もないんだけど…。

Photo_5

Photo_6

もっとも、スカイツリータウンには椅子やテーブルが沢山あるので、混雑して
いても座ることができる。

けっきょくウォーキングよりポケモン集めに費やした時間のほうが長かった。

1

2Fにある食品コーナーで「かぼす」と「ミニトマト」を買い、雨が小降りに
なったので歩いて帰宅した。これで多少はエクササイズになったかな。

2016/09/19

高齢者とポケモンGO

今日は「敬老の日」。新聞に日本の高齢者の「人口統計」が掲載され、女性は
65歳以上の人口が初めて3割を超えた。

働く高齢者も増加している。高齢者の健康寿命を延ばす大きな要素は「就業」
ではないかと私は思っている。収入も増えるし、いろんな人と接することは
心身の活性化にもなる。

医療と介護の負担を軽減するためにも、高齢者がもっと働けるような政策を、
国も地方自治体も実行するべきだ。ITを使いこなす高齢者もたくさんいる。
政策次第では、今後もどんどん増える要素がある。どんなメリットがあるかを
もっと知らせる工夫が必要だ。

ITといえばポケモンGOだが(←強引‥^^;)、このゲームを始めてから間もなく
2か月になる。ピカチュウをゲットしたらやめるつもりだったが、ピカチュウは
未だ現れず、ポケモンGOも止められない。

Photo
(出かけた先の公園にもポケモンGOをする人がいっぱい)

今日現在の私のレベルは21、捕獲したポケモン72種類、見つけたけれど逃げ
られたのが3ある。この3匹はどれもレアな種類で、ボールを連射したけれど
ダメだった。悔しい~。

こんなことを書くと、ポケモンGOにはまっているように見えるが、決してそんな
ことはない。私の生活エリアにはポケストップが沢山あり、ポケモンも簡単に
ゲットできる。つまり日々買い物に行くついでに、ちょこちょことパソコンGOを
するだけで、毎日捕獲できるというわけだ。

先日健康診断を受けたら、前回より血糖値も血圧も下がっていた。でもそれで
気を許したら元も子もない。医者からは2か月後にもう一度血液検査をやるので、
食事に気を配り運動を続けるよう言われている。

重い買い物袋を片手に持って、スマホをいじっていたら、何だか筋力がついた
ような気がする。パソコンGOはけっこう運動になっているかもしれない。

ポケモンGOでレベル10以上の高齢者には「無料バス一日券をプレゼント」
とか「お買い物割引券プレゼント」なんてプラスαがあったら、もっと多くの
高齢者がするんじゃないかしら。些細なものでも、貰えると嬉しい。

区か都が考えてほしいものだ。

2016/09/14

豊洲市場

最近は「古代史ミステリー」から「ドキュメント豊洲市場」に関心が移ってしまい、
毎日「明日はどんな新事実が明らかになるか」と興味津々でテレビのニュース番組
を見ている。

それにしても、聞けば聞くほど魑魅魍魎って感じで、笑いごとではないんだけれど
下手な推理小説より面白い(^^;)

Photo

Photo_2

一か月ほど前に豊洲駅で降りた。
今月スマホの契約が満了になるので、格安スマホの資料集めで、豊洲駅から歩いて
「イオンショッピングセンター」に行ったのだ。

Photo_3

豊洲駅の周囲は高層ビルが建ち並び、目を見張るような開発ぶりだった。
市場がどの辺りにあるのかわからなかったが、帰るときショッピングセンターの
リムジンバスに乗ったら、工事だらけの「豊洲市場」の脇を走ったので、観察する
ことができた。

「いや~、これは間違いなく利権のかたまりだ」とその時思った。

石原元都知事が「自分はだまされた」と「発言」しているようだが、うまく操られ
たってことだから、恥ずかしいと思ってほしいわ。

こうなったら石原さんが思いつく「新たなスキャンダル」や「五輪(関連)でも、
出てきそうないろんな問題」を憶測でいいから喋ってほしいものだ。
失言が持ち味の人なんだから。

2016/09/04

古代史はミステリー

ここのところ古代史づいていて、難解な固有名詞に頭がこんがらがりながらも、
興味をかきたてられている。

いろんな識者がそれぞれ「まあ、そういう見方もあるか」的な見解を示している。
何せ古代のことだから、これが正解と言いきることができないが、シャーロック
ホームズさながら状況証拠をかき集めた見解に、ド素人の私はなるほどと感心
するばかり。

異なる説を読むたびに、私の見方もくるくる変わるのは困りものだが。

応募者が多くて抽選に外れることもあるが、無料の古代史セミナーも有難い。
最近よく参加するのは島根県のセミナーで、先日は「列島の古墳時代と出雲」に
行ってきた。

いつもそうなのだが、優れものは講演者が作成したレジュメだ。
今回は「継体・欽明朝におけるヤマト王権と出雲」というタイトルで、図や写真を
沢山入れて出雲の東部と西部における古墳などの違いを説明してくれた。
半分以下しか理解できないし、その時はわかってもすぐ忘れてしまうので、せめて
ブログにセミナー名くらいは書き残しておこうと思う。

今図書館から借りて読んでいるのが「伊勢と出雲」(韓神と鉄)岡谷公二著、
平凡社新書。

伊勢は、発掘された土器、地名、神社名などからみて、新羅、伽耶系渡来人の
名残が色濃い地域だという。それは出雲にも言える。

「たたら製鉄」をするためには厖大な山林資源が必要なので、それが豊富にある
日本列島に新羅、伽耶系の人々がやってきた。それは大和朝廷ができるよりも
以前、弥生時代の頃だという。

出雲にやって来た渡来人は、鉄を求めて東へ漸進して行った。その証拠のような
ものが、各地の神社や地名に残っている。

なるほど、鉄と渡来人がキーポイントだな。

そういえば、つい最近「縄文人のDNA分析」が現代日本人に12%受け継がれている
というニュースがあった。地域によって多少の差はあるようだが。
つまり現代日本人は、渡来してきた弥生人のDNAのほうをより多く持ってる
ってことかしら?

伊勢といえば何といっても伊勢神宮だろう。伊勢神宮内宮(皇大神宮)には、
皇室の祖神であり日本人の総氏神とも言える天照大神が祀られている。

しかし大神が最初からこの地に祀られていたわけでない。
第十一代 垂仁天皇の皇女「倭姫命」が各地を「御巡幸」し、天照大神が御鎮座
するにふさわしいとして、この地に定められたのだ。

この巡幸地が「古代産鉄地」と重なっているという。

その証しを神社や地名などに求めていく過程が、まさにミステリー小説そのもの
なのだ。ミステリー小説と異なるのは、正解がないってことくらい。

歴史も地理も、こういうふうに興味をかきたてれば、学習が楽しくなるね。

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »