無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 根付の展覧会 | トップページ | 北斎美術館の建物見学会 »

2016/06/18

遺跡も古墳も楽しい

昨夜の「歴史秘話ヒストリア」は「古墳」だった。

大仙陵古墳(仁徳天皇陵)がある堺市では、「百舌鳥・古市古墳群」を世界遺産に
する活動が行われているらしいが、この巨大古墳群が世界遺産になっていない
ほうが不思議だ。日本の建造物のなかで、これらの巨大古墳群ほど世界に誇れる
ものはないと思うもの。

最近読んだのが「アマテラスの誕生」溝口睦子著 岩波新書
シロウトの読者でも理解できるようわかりやすく書いたという著者の言葉どおり、
なるほどとスッキリ納得したところが多かった。

もともと北方ユーラシアの遊牧民から東アジアに伝わった神話を、ヤマト王権が
取り入れ「天孫降臨神話」が作られた。
そのため初期の皇祖神は外来の神タカミムスヒだったが、天武天皇の時代に
日本土着の神アマテラスに転換された。

ざっとこんな内容だったと思う。もちろん理解不十分なところもあるし、さま
ざまな学者がいろんな見解を発表しているので、何が正しいかは分らないが、
溝口睦子さんの説でこんがらがっていた古代神話が少し整理されたような気が
する。

私も、古墳女子ではないけれど(^o^;)、日本全国の古墳めぐりをしたい。関東にも
数多くの古墳や遺跡があるから、とりあえず近場に行ってみたいのだが、これから
梅雨と猛暑の季節になるから外歩きは厳しいかな。

Photo

外歩きする代わりに、できるだけ博物館やセミナーに足を運ぼうと思う。
このあいだは「江戸東京博物館」で開催中の「発掘された日本列島2016」を見て
きた。

Photo_3

今回の目玉は新潟県糸魚川の「六反田南遺跡」から出土した縄文土器の数々で、
入口に大きく展示されていた。今年の3月に糸魚川に行ったけれど、こんな遺跡は
知らなかったなあ。

Photo_2

« 根付の展覧会 | トップページ | 北斎美術館の建物見学会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

発掘された日本列島の展示、ここ数年大阪には廻ってこないんです。
さすが東京は絶対毎年展示されてますが、大阪はアメリカで販売されてる地球儀にも載ってないらしいから。
新しいショップ展開も東京の次ではなくなって久しい。

2016はこのあと大津歴史博物館らしいので行ってみたいと思います。

ulalaさん、「発掘された日本列島2016」は地味なテーマなので、一般向けの展覧会ではないのでしょうね。
大阪で展覧会がないのは残念ですが、展覧会をきっかけに訪ねる史跡が関西にはたくさんありますね。もちろん関東にもありますが、質量ともに関西が圧倒しています。
少し遠いのかもしれませんが、ぜひ大津まで足を運んで、展覧会と近くの神社仏閣めぐりをしてきてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 根付の展覧会 | トップページ | 北斎美術館の建物見学会 »