無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 近所の桜も満開 | トップページ | 地震国日本 »

2016/04/10

びわ湖長浜KANNON HOUSE

上野不忍池の池之端に「びわ湖長浜 KANNON HOUSE」がオープンしたというので、
さっそく見に行ってきた。

Photo_2

上野の不忍池は、寛永2 (1625) 年天海僧正が寛永寺を建立した際、京都の
比叡山に対して忍ヶ岡を東叡山に、池を琵琶湖になぞらえ、竹生島を模した
島をつくり弁財天を祭ったもの。

Photo
(寛永寺清水観音堂から見た不忍池弁天島)

現在竹生島は長浜市に属している。その長浜には「観音の里」と言われるほど
多くの観音さまが存在している。その観音さまを定期的にこの「KANNON HOUSE」で
公開していくというのだ。

ulalaさんのブログで見た聖観音像(不退寺)の凛としたお姿が、強く印象に
残っている。信仰の対象でありながら、芸術作品としても素晴らしい。
そんなこともあり、是非こちらの観音さまを拝見したかった。

今回は竹生島「 宝厳寺の聖観音立像」が展示されている。2ヶ月ごとに展示替えが
行われるという。

「 宝厳寺の聖観音立像」は小振りな観音さまだが、端正なお顔とお姿だった。

「KANNON HOUSE」は広くはないが、展示室のほかに映像ルームがあり、長浜の
観音さまの解説ビデオが流されていた。

もちろん観光パンフレットも置いてあった。
びわ湖の観音さまを巡る旅、したいな。

« 近所の桜も満開 | トップページ | 地震国日本 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

佐保路を一緒に歩いた友人は、ニコンの単眼鏡を持ってきてました。
倍率は忘れましたがレンズを覗くと明るくて、観音さんの衣の地模様とか金の細工とかはっきり見えて感激しました。
お値段聞いたら2万円弱だって、お値打ちあるかも、欲しくなりました。
その友人がこの3月終わりに、琵琶湖をぐるっとJRで周遊周遊、どこにも下車しない大回りで7時間ほど電車乗ってたらしいです。
一区間で行けたと喜んでました。

いつか竹生島行かれるとしたら足腰達者な時がいいですよ。
かなり急な階段しっかり登りましたもん。
私はお盆休みに行きましたが、冬で波が高いと連絡遊覧船が欠航するらしいです。
長浜だけでなく今津とかからも船でてますから周遊もできます。

琵琶湖の周りにはたくさんお寺があって桜や紅葉の季節に何度も足を運びたくなるんですが、交通は不便です。どこの寺も山にあって入山してからも大変ですが。

このKANNON HOUSEのことに関してはテレビか何かで見ました。素晴らしい文化財があったとしても現実に維持管理していくのは大変だし、保存状態が悪いところが多いのが現実です。だから観に来てもらうより観音様が出向いて行くのもありだと思いました。東京は人が多いからこういうところで長浜を知ってもらうのも良いのではないかと思います。

ところで長浜で15日に長浜曳山祭りが催されますが、どうやらこれが今年中に世界文化遺産に登録されることがほぼ確実だそうです。博物館でビデオを見る度にいちど来てみたいと思っていたのですがひょっとしたら例年一部の曳山しか祭りには出ないのが来年は全部でてくるかもしれない、という噂があるので(過去に一度だけあった)来年行くべきか悩んでます。

ulalaさん、私は昔からド近眼なので、離れたところが全く見えません。
だから単眼鏡や双眼鏡が必要なんですが、面倒くさがりやなものだから、持参せず後悔することが多いです。
新潟に行ったときも、雲蝶の彫刻がよく見えなくて、悔しい思いをしました。せっかく出かけるんですから、ちゃんと見なくちゃ損ですよね。

この「KANNON HOUSE」では、観音様のお姿を目の前でじっくり見ることができました。お寺では後姿を見ることができないけど、ここではぐるりと一回りすることができました。観音様の柔和な後姿が、また良いんですよね。

琵琶湖を下車せずひとめぐりってことは、つまり一区間料金で済んだってことですよね?でもず~っと乗りっぱなしじゃなくて、乗り換えなどで駅のホームに降り立つことはあるんでしょうね?
車窓風景が良かったら、たまにはこんなミニ旅行も良さそう。でも7時間は疲れそうですが。

HANAさん、琵琶湖周辺は京都のような華やかさはないけれど、深い文化の蓄積があるところですね。交通の便の悪さも、地域文化を守るのにプラスになったのかもしれません。

竹生島はじめ琵琶湖周辺の観音の里めぐりをしたいものですが、坂や石段を上がるのが辛くなってきているので、一か所だけでダウンしそうです。
地元の「観音の里めぐりツアー」もありますから、そういうツアーの利用も一案ですけどね。
夏に芸大美術館で「長浜の観音さまの展覧会」があるようです。観音さまはやはりお寺で参拝するのが一番ですが、次善の策として展覧会で拝見しますわ。

ところで貰ってきたパンフに「長浜曳山祭り」が載っていました。ビデオでも紹介されていました。とても豪華絢爛なお祭りのようですね。
HANAさん、ぜひ頑張って見に行ってください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近所の桜も満開 | トップページ | 地震国日本 »