無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 地震国日本 | トップページ | 初めてのお出かけ »

2016/04/23

橋から散歩~かちどき橋

先週の土曜日に「かちどき橋」を中心にウォーキングをしてきた。
でも熊本地震発生でそちらのニュースに気持が集中したので、散歩の話を書く
のが遅くなった。

16

隅田川にかかる数多い橋のなかでも、「かちどき橋」は世間にその名を知られて
いるという点で、一、二を争うだろう。

1
(築地駅で)

この日は東京メトロの一日券を買った。この一日券は24時間有効という便利な
もの。以前はその日限定だったが、最近24時間になった。
土曜の夜に買っても、翌日曜の昼間まるまる利用できるのだから、特に観光客に
利用価値が高いと思う。600円と格安なのも嬉しい。

3

錦糸町(半蔵門線)から築地(日比谷線)へ行き、まず駅前の「築地本願寺」で
お焼香した。

5

銀座、築地エリアは外国人観光客に人気の観光地。本願寺にもひっきりなしに
外国人がやってくる。
焼香の仕方がイラストで書いてあるので、それを見ながら手を合わせる外国人も
多い。

6

本願寺を出て「築地市場」に隣接している「波除稲荷神社」に立ち寄った。

9

市場のお稲荷さんらしく「海老塚」「すし塚」「玉子塚」など水産物の慰霊塚が
ある。
築地場内市場はまもなく豊洲に移転するが、築地場外市場は魚介類の販売施設と
して残るようだ。

11

そこから晴海通りを5分ほど歩くと「かちどき橋」に着く。
橋のたもとに「かちどき橋資料館」があったので入ってみた。

14

ここでは、かちどき橋が開通したばかりの貴重な映像を見ることができたし、
ハンディサイズのパンフもコンパクトに要点がまとめられていて良かった。
「隅田川にかかる26の橋」という写真やイラスト入りパンフは、橋から散歩
するときにはいつも持ち歩くことにしよう。
このパンフを貰えただけでも、資料館に入った価値があったわ。

18

19

かちどき橋の最大の特徴は「可動橋」だということ。かつては橋の中央部分が
開いて大型船が通行できるようになっていた。今はロックされていて開くことは
ない。

21
(中央部分。ここが開いた)

いちど開くところを見たかったな。

橋を渡り、対岸の月島まで歩いた。

25
(月島橋。この川も運河みたい)

26

私の記憶にある月島はこんな(↑)雰囲気なんだけど、今は高層ビルが林立し、
まるで別の町になってしまった。

だいぶ前になるが、月島まで足を運んで名物の「もんじゃ焼き」を食べたことが
ある。でも私はお好み焼きのほうが好きだ。ぐじゃぐじゃした食感があまり好き
じゃないし、そもそも土手がうまく作れないのだ。普段調理をしないことが、こんな
ときに露見するのね。

« 地震国日本 | トップページ | 初めてのお出かけ »

東京散歩」カテゴリの記事

コメント

可動橋、門司で見ました。
あちらでは、おそらく観光用に決まった時間になると定期的に開閉してました。
ライムスケジュール表が貼ってあって、時間が近くなると人が集まって来てました。
あそこは実際に大型船航行が今でもあるのかどうかは確認してませんが。
やはり開くとこみたいですよね。

門司にも可動橋があるんですね。
門司って、可動橋が似合う街というイメージがあります。
明治の産業遺産がたくさんありそう。

東京生まれの人が、子供の頃、かちどき橋が開くところを見たことがあると言っていました。そんな話を聞くと、東京生まれの人にも故郷があるんだなと思います。
どんどん変貌する東京ですから、今はもう無い懐かしい風景が故郷になるんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地震国日本 | トップページ | 初めてのお出かけ »