無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016/04/28

初めてのお出かけ

先週の日曜日、午後になってようやく雨があがったので、食料品を買いに駅前の
スーパーに行った。そのついでに近所をぶらぶら散歩していたら、かなり年配の
女性が声をかけてきた。
「あのー、こちらにお住まいの方でしょうか?」
「そうですよ」と答えると、「亀戸はどちらの方でしょうか?」と聞いてきた。

亀戸とは方向が違うし距離もある。ウォーキングに励むのならまだしも、小柄な
この人が歩いて行くのは難しい。駅できいて地図を貰ってきたのだが、わからなく
なってしまったという。

女性はツーピースをきちんと着込んでお出かけモードだった。神社参拝かな。
「亀戸はこちらではないですよ。「亀戸天神」に行かれるんですか?それなら
私もそちらの方に行きますから、ご案内します」
とくに用事があったわけではないが、どうせウォーキングしているのだからと、
亀戸天神のある「蔵前橋通り」まで一緒に行った。

Photo

駅前にある錦糸公園では「フランダンスのフェスティバル」が開催されていた。
「お祭りですか?」と女性。
「いえいえ、毎週何かをやっているんですよ」
そういえば、先週はたしか「お花見」だったような‥‥。
お花見のあといきなりフラダンスか。

「良い方に会えて、本当に良かった」と女性は何度も言った。
「最近移転してきたばかりなんです。今は港区にいます。毎日テレビばかり見て
いるのも嫌になって、思い切って今日一人で外出したんです」

聞くところによると、東京に来て一人で出かけるのは今日が初めてなんだとか。
どこでもヒョイヒョイ一人で行ってしまう私だけれど、初めて訪れる街の心細さは
よくわかる。でもその第一歩が大事なんだよね。

「最初は不安でしょうが、どんどんお出かけしてください。健康のためにも良い
ですよ」

女性はちょっと訛りがあった。どちら出身の人かな~?東北っぽい印象だけど。
でも詳しいことは訊かなかった。

「駅前商店街はどちらにありますか?」とか「ずっと錦糸町に来たかったんです」
などと言う。錦糸町に住んで30年以上の私、すっかり地元民になっている。
いろいろ便利な街で愛着もある。でもお世辞にも憧れの対象になる街ではない。
変だな~。

東京に来て初めての行先が錦糸町なんて、何か理由がありそう‥‥。

そこまで来てふと心配になった。この方は本当に亀戸天神に行きたいのかしら。
亀戸と言ったので、それなら亀戸天神に違いないと、私は勝手に判断してしまった
のだ。

亀戸天神はただ今「藤まつり」の真っ最中で、それほど広くない境内は、まるで
初詣のように賑わっている。以前はこんなことなかったが、最近は中国人など
外国人観光客が増えた。インターネットに情報がのっているんでしょうね。

ま、そんな状況だから、人に揉まれるだけかもしれないが、地図を見ながら一人で
見知らぬ街を歩けば、気持も頭も刺激を受けるのは確かだ。

出かけることが最大の目的のようだから、これで良かったのよね。

2016/04/23

橋から散歩~かちどき橋

先週の土曜日に「かちどき橋」を中心にウォーキングをしてきた。
でも熊本地震発生でそちらのニュースに気持が集中したので、散歩の話を書く
のが遅くなった。

16

隅田川にかかる数多い橋のなかでも、「かちどき橋」は世間にその名を知られて
いるという点で、一、二を争うだろう。

1
(築地駅で)

この日は東京メトロの一日券を買った。この一日券は24時間有効という便利な
もの。以前はその日限定だったが、最近24時間になった。
土曜の夜に買っても、翌日曜の昼間まるまる利用できるのだから、特に観光客に
利用価値が高いと思う。600円と格安なのも嬉しい。

3

錦糸町(半蔵門線)から築地(日比谷線)へ行き、まず駅前の「築地本願寺」で
お焼香した。

5

銀座、築地エリアは外国人観光客に人気の観光地。本願寺にもひっきりなしに
外国人がやってくる。
焼香の仕方がイラストで書いてあるので、それを見ながら手を合わせる外国人も
多い。

6

本願寺を出て「築地市場」に隣接している「波除稲荷神社」に立ち寄った。

9

市場のお稲荷さんらしく「海老塚」「すし塚」「玉子塚」など水産物の慰霊塚が
ある。
築地場内市場はまもなく豊洲に移転するが、築地場外市場は魚介類の販売施設と
して残るようだ。

11

そこから晴海通りを5分ほど歩くと「かちどき橋」に着く。
橋のたもとに「かちどき橋資料館」があったので入ってみた。

14

ここでは、かちどき橋が開通したばかりの貴重な映像を見ることができたし、
ハンディサイズのパンフもコンパクトに要点がまとめられていて良かった。
「隅田川にかかる26の橋」という写真やイラスト入りパンフは、橋から散歩
するときにはいつも持ち歩くことにしよう。
このパンフを貰えただけでも、資料館に入った価値があったわ。

18

19

かちどき橋の最大の特徴は「可動橋」だということ。かつては橋の中央部分が
開いて大型船が通行できるようになっていた。今はロックされていて開くことは
ない。

21
(中央部分。ここが開いた)

いちど開くところを見たかったな。

橋を渡り、対岸の月島まで歩いた。

25
(月島橋。この川も運河みたい)

26

私の記憶にある月島はこんな(↑)雰囲気なんだけど、今は高層ビルが林立し、
まるで別の町になってしまった。

だいぶ前になるが、月島まで足を運んで名物の「もんじゃ焼き」を食べたことが
ある。でも私はお好み焼きのほうが好きだ。ぐじゃぐじゃした食感があまり好き
じゃないし、そもそも土手がうまく作れないのだ。普段調理をしないことが、こんな
ときに露見するのね。

2016/04/17

地震国日本

熊本県で発生した今回の地震は、活断層で起きたとみられる。活断層は、過去に
地震を起こした形跡があり、将来も地震を起こす可能性がある断層だ。
日本には2千以上の活断層があり、全国どこでも大きな地震が起こる恐れがある。

2013年1月の「新聞記事」に九州の地震予測が掲載されていた。これを読むかぎり
今回の地震は予測が当たったということになる。

Photo

でもこういう予測はなかなか広く公開することができない。不動産価格が下がる
とか、観光客が来なくなるなどで地元住民が反発するし、それに予測が外れた
ときの責任問題もある。

阪神大震災の後に「活断層の危険性」に対する認識が高まり、住民の意識もだいぶ
違ってきたし、ハザードマップも作られるようになった。
でも「まさか自分に災難が降りかかることはないだろう」と楽観して、対策は怠り
がちだ。

シロウト目で見ると、震源地が「中央構造線」に沿ってどんどん東上している
ような気がする。新聞によると、四百年前に中央構造線断層帯で地震が起きた
らしい。規模は今回と同じくらいで、京都でも地震が発生した。

でもまだ四百年しか経っていないので、中央構造線のような巨大な断層帯での
地震が起きるとは考えにくいと専門家は言う。

Photo_2

それにしても日本は地震が多い。この「世界の地震」をビジュアル化した動画を
見ると、世界で発生する地震は環太平洋地域に集中している。
(今日もエクアドルで大きな地震があった)

その一方で、ロシアや北ヨーロッパなどはほとんど地震がない。たぶん巨大な
プレートの上にどっしりと乗っかっているのだろう。羨ましいことだ。
これらの国の地下には断層帯もないのだろうか?

2016/04/10

びわ湖長浜KANNON HOUSE

上野不忍池の池之端に「びわ湖長浜 KANNON HOUSE」がオープンしたというので、
さっそく見に行ってきた。

Photo_2

上野の不忍池は、寛永2 (1625) 年天海僧正が寛永寺を建立した際、京都の
比叡山に対して忍ヶ岡を東叡山に、池を琵琶湖になぞらえ、竹生島を模した
島をつくり弁財天を祭ったもの。

Photo
(寛永寺清水観音堂から見た不忍池弁天島)

現在竹生島は長浜市に属している。その長浜には「観音の里」と言われるほど
多くの観音さまが存在している。その観音さまを定期的にこの「KANNON HOUSE」で
公開していくというのだ。

ulalaさんのブログで見た聖観音像(不退寺)の凛としたお姿が、強く印象に
残っている。信仰の対象でありながら、芸術作品としても素晴らしい。
そんなこともあり、是非こちらの観音さまを拝見したかった。

今回は竹生島「 宝厳寺の聖観音立像」が展示されている。2ヶ月ごとに展示替えが
行われるという。

「 宝厳寺の聖観音立像」は小振りな観音さまだが、端正なお顔とお姿だった。

「KANNON HOUSE」は広くはないが、展示室のほかに映像ルームがあり、長浜の
観音さまの解説ビデオが流されていた。

もちろん観光パンフレットも置いてあった。
びわ湖の観音さまを巡る旅、したいな。

2016/04/03

近所の桜も満開

今日は午後になって雨があがったので、借りていた「空海」(高村薫著、新潮社)
を返しに図書館に行った。

Photo_2
(濃いピンクの桜。何ていう桜かな?)

Photo

近所のミニ公園も桜が満開だった。
桜の下には、ラーメン屋のお客さんの行列ができていた。
このお店は真鯛を使ったラーメンらしい。今年になってオープンしたのだが、
すぐにお客の行列ができるようになった。
私はまだ食べたことがない。きっと美味しいんでしょうね。

Photo_3

図書館近くの緑町公園にも、お花見宴会をしているグループがあった。
「すみだ北斎美術館」も完成に近づいている。江戸浮世絵のイメージとはかなり
異なるモダンな建物は「妹島和世」のデザインだ。

この建物は難易度が高すぎて予算内ではできないと、全業者が入札から降りて
しまい、けっきょく予算を増額して着工した。
区民の私としては高齢者施設をもっと充実させてほしいが、妹島和世デザインの
建物ができるのはそれはそれで嬉しい。

図書館から宮部みゆきの「荒神」を借りた。だいぶ前に予約したので、読みたいと
いう意欲がだいぶ削がれてしまった。

Photo_4

ウォーキングがてら食料品を買いに錦糸町駅まで歩くと、駅前のお花見スポット
「錦糸公園」は宴会グループで大賑わいだった。

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »