無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 多国籍タウン錦糸町 | トップページ | 橋から散歩~蔵前橋&厩橋(2) »

2016/02/13

橋から散歩~蔵前橋&厩橋(1)

今日はポカポカ陽気で風もなく気持の良いお天気だったので、こんな日を無駄に
してはならないと、久しぶりに「橋から散歩」をしてきた。
まずは徒歩圏内で残っていた「蔵前橋」を目指す。

Dsc_0286

1

東京都慰霊堂がある両国の「横網町公園」の中を通る。梅の花が咲いていた。
(ちなみに、「よこづなちょうこうえん」でなく「よこあみちょうこうえん」
です)

17

公園内の復興記念館のかたわらに、震災や戦災で焼けた機械類が並んでいる。

4

そこから「蔵前橋」はすぐだ。

6

8

お天気の良さにつられてか、カメラを構えたり橋を眺めたりしている人が多い。

9

オジサン二人がしゃがみ込んで熱心に橋のたもとのレリーフを見ている。何か
その恰好が可愛くて、背後からパチリと写してしまった。(右隅)

散策のシニア族は多い。あちこちに立てられた説明板や案内プレートを、皆さん
熱心に読んでいる。これだけ熟読してもらえば、お役所も立てた甲斐があると
いうものだ。

「蔵前橋」を渡ると台東区蔵前になる。江戸時代この場所に幕府の米蔵が数多く
建てられていたことから、この地名と橋の名になった。

11

橋から蔵前橋通りを10分ほど歩くと「鳥越神社」がある。境内は静かだった。

12

そういえば「東京五輪のエンブレム」はどうなったんだっけ?

鳥越神社からまた蔵前橋方向に戻り、隅田川近くの「御蔵前通り」を歩く。
好天気に促され、もうひとつ浅草よりの「厩橋」を渡って帰ることにしたのだ。
暖かいけれど花粉はまだ飛んでいない、こんなひとときは大事にしないとね。

御蔵前通りを歩くのは初めてかもしれない。以前に歩いたとしても、ただ歩いた
だけだから、印象は何も残っていない。たぶん昔は何の変哲もない路地裏だった
のだろう。

27
(小さなイタリアンレストラン)

ところが最近は観光客が増加し、ゲストハウスができたりして、こんな裏通りの
道筋にもおしゃれな店が進出していた。

21

裏道の一角に近代的なビルの「台東区立特別養護老人ホーム」があった。
最高の立地だけれど、入居者は寝たきりに近い人ばかりだから、この環境を十分に
楽しむことはできないかもしれない。

22

24

近くで「和食のレストラン」とバックパッカー向けの「ホステル×バー」を見つ
けた。和食は今度食べてみよう。場所を覚えておかなくちゃ。

こういう発見があるから、やっぱり路地裏も歩くべきだな。

« 多国籍タウン錦糸町 | トップページ | 橋から散歩~蔵前橋&厩橋(2) »

東京散歩」カテゴリの記事

コメント

東京区内に特別養護老人ホームを建てるのは大変でしょうね。
東京の老人が地方に建てた老人ホームに入っているという話を聞きますが、家族の人も遠くに行ったら面会に行くのも大変でしょう。
首都圏にいる叔父たちは施設に入るのも公的なところに入れないので大変だった、と聞きました。
自分のことを考えるといつまでも元気でいるために健康づくりが大切だと思います。

昔は川の水運を利用してたから川周辺は歴史いっぱい詰まってますね。
これも年月とともに橋の付け替えや道の変遷で、興味なければスルーしてしまいがち。
何ごとも興味あるかどうかで見えるもの違ってきますね。
小さなしゃれたレストラン、入ってみたいな。

HANAさん、たしか杉並区だったと思うんですが、南伊豆町に特養をつくったと聞きました。以前から杉並区の施設があった縁で、お互いに合意したようです。原則として、費用はすべて杉並区が負担するようです。それはそうですよね。

この蔵前の特養は土地代が莫大でしょう。もともと区の施設があったのかも知れませんね。こんな最高の立地条件なら、高層ビルにして、高齢者施設だけでなく病院とかホテルとか貸事務所とかにしたらいいのに。
この先どうなるかわかりませんが、私なんぞ何から何まですべて自分で判断しなくちゃならないので、ボケたり病気になったりしている余裕がありません。とにかく健康維持が最優先事項ですわ。

ulalaさん、こんな機会でなければわざわざ路地裏を歩くことなど無いので、小さな発見があってそこそこ楽しいです。可愛いレストランを見つけると「今度入ってみよう」と思うんですが、すぐ忘れてしまいます。
ブログに書いておけば、備忘録になるかもしれません。もっとも後で記事を探すのが一苦労ですけどね。

橋をテーマにウォーキングすることで、街の歴史にも目を向けることができます。河川は都市の大動脈なので、その時代時代のいろんな出来事が刻まれているんですね。
大阪も水の都ですし、東京よりもずっと長い歴史があるんですから、歩いたら面白いものが次々見つかることでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 多国籍タウン錦糸町 | トップページ | 橋から散歩~蔵前橋&厩橋(2) »