無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 橋から散歩~蔵前橋&厩橋(2) | トップページ | 表参道と神宮周辺 »

2016/02/21

大都市圏高齢者の地方移住

「東京消滅~介s護破綻と地方移住」(増田寛也編著 中公新書)を読んだ。

先日のテレビ番組で「高齢者の地方移住」というテーマを取り上げていたが、
もっと具体的な内容を知りたくて、この本を図書館に予約しておいたのだ。

だいぶ以前から言われていることだが、団塊の世代が75歳以上になる2025年までの
10年間で、東京圏1都3県で75歳以上の後期高齢者が175万人増加する。
ちなみに大阪圏では2府2県で92万人、名古屋圏3県で52万人の増加が予測されて
いる。

当然医療・介護サービスへの需要は急増するが、とても公的サービスだけでは
対応できないので、家族にその負担がかかってくる。
団塊の世代が後期高齢者になるとき、団塊ジュニアは40~50代の働き盛りとなる。
この人達が親の介護で離職に追い込まれるような事態になれば、日本経済は成り
立たなくなる。

しかし地方に目を向ければ、医療・介護サービスに余力があり、実際に体制維持の
ため受入れ検討中の「市町村」もある。もちろん地方自治体としては若い人に
きてほしいだろうが…。

「高齢者の地方移住」ときくと「姥捨て山」をイメージしがちだが、東京都では
すでに4人に1人が単身世帯だから、何もしなかったら「自宅放置」という形の
姥捨てが進行するだけだとも書いてあった。

長年多少なりとも税金を納め、身の丈をはるかに超える健康保険料や介護保険料を
払いつづけているんだから、いざという時にはちゃんと面倒をみてほしいわ。
ところで「姥捨て」という言葉はあるが「翁捨て」という言葉はないね。長生き
するのは女性だからか。

この著者は「東京消滅」の前に「地方消滅」という本を出していて、東京圏の
高齢化問題は地方の存続をかけた問題でもあると、2015年6月に「東京圏高齢化
危機回避戦略」を提言した。それが多くのマスコミに注目されたのだが、「地方
移住」に偏った報道が多かったので、この本で全体像を伝えたいという。

とは言え、やはり関心が向くのは「地方移住」という項目だろう。

「日本創生会議」の資料3「全国各地の医療・介護の余力を評価する」には「余力の
あるエリア」が載っている。

もちろん「移住以外の提案」もある。高齢者を強制的に移住させるのではなく、
当人が行きたいと気持になることが大事だというのだ。
もっとも資料に載っている「余力のあるエリア」は、きっかけがあれば行ってみたい
魅力的なところばかり。
空いている高齢者施設の一部をホテルにしてくれたら、1週間くらい滞在して
史跡めぐりでもしたいわ。

移住となると、とくに私のような一人暮らしは、そう簡単にはできない。
移住するのなら、寝たきり状態になってからでは遅いからできるだけ早めに
しなくちゃならないが、今住んでいるマンションをどうするかと考えただけで、
お手上げ状態になってしまうのだ。

それに東京にはミュージアムやコンサートなど、身近にさまざまなサービスが
あって便利だ。都会暮らしで得ることのできるメリットが、高齢者の健康維持や
暮らしのQOL向上に寄与していることは確かだろう。

Photo

Photo_2

(すみだ区の「まち歩きツアー」があって、土日などはけっこう沢山の人が参加して
いる。
北斎美術館を建設中の緑町公園には、名所案内の高札がいくつか立っている
ので、まち歩きのツアーの立ち寄りスポットになっている)

Photo_3

「すみだ北斎美術館」もだいぶ建設が進んでいる。

緑町公園にある案内高札のなかで、これまでほとんど無関心だったのがコレ(↓)

Photo_4

「江川太郎左衛門屋敷跡」となっている。江川太郎左衛門は伊豆国田方郡韮山
(静岡県伊豆の国市韮山町)を本拠とした江戸幕府の世襲代官で、中でも36代
当主の江川英龍(えがわひでたつ)が著名。
世界遺産に登録された明治日本の産業革命遺産「韮山反射炉」建造を手がけた
のが、この江川さんと息子さん。

この反射炉は、1月に訪れた三島からすぐのところにあるのだ。せっかく来たの
だから行ってみたいと思ったが、体調が万全でなかったので諦めたのだった。
こんなところにお屋敷があったのね。ちょっとばかり関心が出てきたわ。

« 橋から散歩~蔵前橋&厩橋(2) | トップページ | 表参道と神宮周辺 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 橋から散歩~蔵前橋&厩橋(2) | トップページ | 表参道と神宮周辺 »