無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 確定申告ウォーキング | トップページ | 浅草までウォーキング »

2016/01/30

今日は熊野シンポジウム

今日土曜日は午後から荒俣宏「熊野を語る~ひとは熊野に何を求めるか」という
講演とパネルディスカッションのシンポジウムに行ってきた。

Photo_5

場所は御茶ノ水駅前の「御茶ノ水ソラシティ」ホール。
ソラシティは「ワテラス」という大きな複合ビルとつながっている。この巨大な
施設は、下町神田のイメージを一変してしまった。久しぶりにこの街を訪れた
人は、あまりの変わりようにビックリしてしまうだろう。

前日の天気予報では雪の可能性もあったが、雪は降らず雨もお昼頃にはやんだ。
雪だったら交通機関が止まる可能性もあるから、参加を見合わせたところだった。
主催者はさぞかし心配したことだろう。

雨がやんだからか、高齢者を中心に多くの人がやってきて、会場は満員になった。
入場無料、交通の便が良くきれいな会場という好条件もあるが、何といっても
荒俣宏の吸引力が大きかっただろう。
荒俣宏は「南方熊楠」の研究をきっかけに熊野との関係を深め、今は「熊野本宮館
名誉館長」になっているとか。

Photo

テーブルの上にはパンフレットの他に葉付きポンカンなどもおいてあった。

Photo_2

入口には和歌山県田辺市の物産なども並んでいた。このシンポジウム最大の目的が
観光客誘致であることは間違いない。
でも熊野古道が世界遺産であることは知っていても、どう行けばいいのか、普通の
人が歩ける道なのか、情報に乏しいというのが実情だ。

いろいろ説明してくれると、イメージがハッキリして、行きやすくなる。鉄道で
串本に行ったとき、近くを通過したことを思い出した。

ところで「巡礼道」の世界遺産は、スペインの「サンティアゴ巡礼道」と「熊野
古道」の二例だけ。その巡礼道を有するサンティアゴ・デ・コンポステーラ市と
田辺市が「観光交流協定」を結び、「共通巡礼手帳」を作製した。両方の巡礼道を
踏破したら、この手帳に押印し記念バッジをくれるらしい。

ちなみに、サンチャゴ巡礼路は四国遍路とも「協力協定」を結んでいる。
そのうちに「3巡礼道共通手帳」が作製されるかも。でもこの3つの道の踏破には
時間と体力がいるだろうな~。

Photo_3
(ソラシティのすぐ近くのニコライ堂)

今日は何とか雪を免れたけど、とても気温が低かったのでウォーキングは諦めた。
錦糸町から御茶ノ水は近いのだが、あまり来ることはない。
去年の冬に鼻血が止まらなくなり、このすぐ近くにある耳鼻咽喉科の専門病院で
診てもらって以来だから、私がソラシティに来るのは1年ぶりだ。

Photo_4
(聖橋の向うに湯島聖堂が見える)

お天気が良かったら、神田古本屋街をぶらつきたかったんだけど、またこの次の
機会にしよう。

Photo_6
(帰りにまだ固い蕾の梅の小枝をいただいた)

« 確定申告ウォーキング | トップページ | 浅草までウォーキング »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

荒俣氏の講演はいかがでしたか?
内容はさておきしっかり熱心に拝聴するシニア世代の熱気に圧倒されたんでは?
そしてそうした巡礼道にまたわんさかといるシニア世代、それがまたちゃんとしたアウトドア仕様なのにも驚きます。
文化系と体育会系と文武両道なんですよね〜

いただいた梅の蕾、開花するといいですね。

ulalaさん、荒俣宏さんは博識で雑学みたいなお話が上手で楽しかったです。でも時間が足りなくて博識のほんの一角だけ伺ったって感じでした。
荒俣さんはスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼道を踏破して、証明書も貰っているんですって。

世界遺産になってから、熊野古道を歩く外国人がとても増えたとか。地元のお年寄りがカタコト英語で「ウエルカム!」と臆せず声をかけているんですって。良いことですね。

シニア世代の中には、自分も挑戦しようと思っている人もいるでしょう。
ulalaさんはチャレンジ精神が旺盛で体力もおありだから、ぜひトライしてください。巡礼の道は、単なるウォーキングと異なり、歴史や文化と深く結びついています。歩き甲斐があるでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 確定申告ウォーキング | トップページ | 浅草までウォーキング »