無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« ワンコイン血糖値検査 | トップページ | 年末の錦糸町スケッチ »

2015/12/20

橋から散歩~水神大橋と白鬚橋

土曜日は午前中に区役所に行く用事があったので、ついでに、以前もらったコミュ
バスの1日券を使って橋から散歩した。

Photo_14

Dsc_0330

コミュバスのバス停「榎本武揚像」で降り、隅田川に向かって歩くと、墨田区と
荒川区南千住を結ぶ水神大橋がある。
この橋の名称は近くにある「隅田川神社」(水神宮)にちなんでいる。

Photo_12
(歌川広重 名所江戸百景 隅田川水神の森真崎)

「水神大橋」は物流だけでなく、防災という大きな役割を担っている。
現在も大地震に備えての工事中だった。この日は強い北風が吹いていて怖かった
ので、橋を渡るのは諦めた。穏やかな天気だったら、南千住の「千住大橋」まで
歩く手もあったんだけど。

Photo_6
(橋のたもとの東京都リハビリテーション病院)

明暦の大火、関東大震災、東京大空襲と、隅田川はいくつもの惨事を経験して
きた。そのような災害に備え、防災拠点として、水神大橋の両岸に東白鬚公園
(墨田区)汐入公園(荒川区と台東区)が造られた。

Photo_2

Photo_3

水神大橋から見た「東京都防災拠点第一号」の「東白鬚公園」と、公園に添う
ように延びる「都営白鬚東団地」。以前私もブログに書いたことがあるが、
単に巨大というのではなく、いざという時には団地全体が防火壁になるよう造ら
れた団地群なのだ。(リンクしたブログに分かりやすく説明されています)

Photo_4

Photo_5

東白鬚公園の奥にひっそりと建つ隅田川神社。かつてこの辺りは、鬱蒼とした
水神の森だった。説明板には「ここから入江が始まり、海となっていたことから
江の口つまり江戸の語源になった」と書かれている。

Photo_13

隅田川神社は、今も水神様として大事にされているのだろうが、大通りに面して
立つ一の鳥居と防災団地の継ぎ目にある参道はささやかで、ちょっと神様に申し
訳ない気がした。

Photo_8

この鳥居近くにあるレストランでちょっと遅めのランチを食べた。
前に来たときは営業時間が終わっていたので、今日は時間をチェックしてきた。
ランチは800円くらいから。美味しいしメニューも豊富で満足した。フランス下町の
ビストロ風の雰囲気も良かったので、また行きたいな。

Photo_9

そこから歩いて「白鬚橋」に向かった。この橋の近くには、ステーキで有名な
レストラン「カタヤマ」があるが、お店近くに待合室があるほどいつも混雑して
いるので、私なら「リヨン」のほうを選ぶわ。

Photo_10

白鬚橋は、近くの白鬚神社(隅田川七福神の寿老神)からその名をとっている。
白い曲線が美しい。風が少し弱まったので、橋を往復することができて良かった。

Photo_11

墨田区側からこの橋を渡ると、右が荒川区で左が台東区になる。右手にある大きな
ガスタンクの隣には「石浜神社」がある。

Ishihama

隅田川神社も石浜神社も、巨大な近代的建造物のかたわらで、よく残されたと
いうべきか。

« ワンコイン血糖値検査 | トップページ | 年末の錦糸町スケッチ »

東京散歩」カテゴリの記事

コメント

同じ形の橋は一組もありませんね。
橋の設計者は違う形になるようデザインとかも工夫するのかな。
石浜神社って初めて知りました。
「神亀元年(724)9月11日、勅願によって鎮座され、以来1291年余の歴史を持っています」
天照大神と豊受大神が祀られ、伊勢の内宮外宮と一緒ですね。
境内社もいっぱいあるようで。

昔はずいぶん入江が上流にあったんですね。うっそうとした森だったところが今や住宅団地の建物の隙間になってしまったことを神様はどう思われているでしょう。

お天気が良い時に歩いて歴史散歩。リーズナブルな美味しいランチを食べられるって幸せですね。天候と健康に恵まれないとできないですし。

今日はこちらは雨でした。

ulalaさん、隅田川の土手近くに、こんな由緒ある神社があったなんて知りませんでした。隣りのガスタンク(一つじゃないんですよ)は存在感ありすぎです。でもこの組み合わせが絵になるというタンクファンもいるようです。

隅田川にかかる橋のデザインは皆異なるそうです。色も違いますし、建造された時期や経緯もさまざまです。なかなか覚えきれませんが、橋の歴史に関心を持つと、その時代の世相も見えてきます。

健康のためにやっているウォーキングですが、知識も少しは付きますね。

HANAさん(ですよね?)、古代や中世の歴史を考える時、その時代はどこまでが海だったのか、川のかたちはどうだったのか、知る必要がありますね。なぜ古代人はこんな場所にやってきたのだろうと、不思議に思うことがありますが、すぐ近くまで海だったときけば、なるほどと納得できます。
在原業平が「名にし負はば いざこと問はむ 都鳥 ~」と詠んだのは、白鬚橋の辺りだと言われています。あの時代にこんな所まできたんですから、さぞ心細かったことでしょう。

そんな歴史をちょっと思いうかべながら、3ヶ月で3Kgの減量をめざしています。保健指導で目標値を言い渡されてしまいました。正月が近いというのに、情けないかぎりです。

こんにちは、何故名前が表示されなかったんでしょう?いつも通りやっているつもりだったのに。
段々、年齢と共にポカが多くなるのと、PCも古くなって動きが悪いのでななしのごんべいになってしまったのかもしれません。

目標目指して頑張ってくださいね。

HANAさん、私は今もパートで働いているんですが、老化防止になると思いつつ、ポカしたらどうしようと心配になることもあります。

このあいだ保健指導を受けにいってきました。区が民間企業に委託しているんです。フィットネスクラブなども経営している企業のようです。
そこで目標値を設定させられ、3KG減量をめざすことになりました。ときどきチェックメールがくるようです。でも病気になるともっと大変だから頑張ります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ワンコイン血糖値検査 | トップページ | 年末の錦糸町スケッチ »