無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 橋から散歩~駒形橋と吾妻橋 | トップページ | 橋から散歩~上野公園から言問橋へ »

2015/11/29

三角縁神獣鏡研究の最前線

今日、「三角縁神獣鏡研究の最前線」という講演会に行ってきた。

会場は「よみうりホール」とあったので、有楽町とばかり思っていた。ところが
電車に乗ってから、何気なく案内状ハガキを見たら、「よみうり大手町ホール」
なっているではないか。

有楽町ではなく大手町だったのだ。あわてて東京駅で降り、急ぎ足で大手町に
向かった。思いがけず、速足ウォーキングすることになったわ。
ま、電車を降りる前に気が付いたのが、不幸中の幸いだったけど。

ところで、このホールはまだできて間もない。たしかオープン記念で辻井伸行
さんや読響がコンサートをやったと記憶している。

Photo

どこかでお昼を食べてから行こうと思っていたのに、思い違いのせいで食事の
時間がなくなった。仕方ない、コーヒーショップでサンドイッチでもつまもうと
まっすぐホールに行ったら、ビル内の1軒だけあるファストフード店もホールの
カフェも閉まっている。周囲はオフィスビルばかりで、お店は何も見当たらない。

でも空腹のまま13時~16時まで講演を聞くのはとても無理なので、急いで
地下鉄駅近くにあるコンビニに走ったのだった。

こんなときに、日頃の地下街ウォーキングが役に立つ。大手町の地上はともかく
地下には詳しい私なのだ。

講演内容はわかりやすくて良かった。レジュメも、単なるプリントではなく、
写真やグラフが入ったパンフレットなので、見やすくて得した気分。

会場は一部座席を閉じていたが、司会者の話だと満員とのことだった。
来場者の9割方が高齢者だった(^^;)

Photo_2

講演が終わって外に出ると、どこも似たようなビルばかりで方向感覚が狂って
しまう。もともと方向感覚には自信がないんだけど‥‥。まあ少し歩けばどちら
方面に向かっているかの検討はつく。

東京駅まで歩いて、ときどき入るレストランでハンバーグ定食を食べた。
日曜日の夕方とあって、東京駅の混みようはハンパじゃなかった。

« 橋から散歩~駒形橋と吾妻橋 | トップページ | 橋から散歩~上野公園から言問橋へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

少し前のニュースで、三角縁神獣鏡のキズが同じところにあって鋳型が一緒かもと聞きました。
そうした報告だったのかしら。

とてもきれいに削られた鏡面に対し、後ろ側の彫刻が光によって幻想的に壁面に映し出されるとか。
銅鐸といい、土偶といい、芸術性に加えどのように実用されてたのか興味は尽きませんね。

ulalaさん、そうです、そうです。
三次元計測を導入することにより、遠隔地にある銅鏡を詳細に比較できるようになったそうです。
科学的で客観的な研究により、いろいろなことが分かってきますね。

講演者は3人で、皆さん橿原考古学研究所の所長さんと研究員の方でした。「三角縁神獣鏡は工人系統は連続しているので、すべてが中国製かすべてが日本列島製かのどちらかである」とのこと。
所長さんはすべて日本製とお考えのようでした。

そういえば奈良に「鏡作神社」ってありましたよね?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 橋から散歩~駒形橋と吾妻橋 | トップページ | 橋から散歩~上野公園から言問橋へ »