無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 近場の遺跡&史跡めぐり(2) | トップページ | 最近行ったミュージアムいろいろ »

2015/10/04

近場の遺跡&史跡めぐり(3)

東京古墳のあとは、江戸時代に塩と舟で栄えた町「行徳」に向かった。

Dsc_0069

流通の大動脈として、江戸には数多くの運河が造られた。
日本橋箱崎には江戸時代に「行徳河岸」があり、人や塩など物品が行きかって
いた。その江戸の繁栄をささえた町のひとつ「行徳」に、いちど行きたいと思って
いた。

Dsc_0071
(現在の箱崎)

Dsc_0153

もっとも行徳駅に降りるのは初めてではない。昔友人が行徳駅近くに住んでいて
訪れたことがあるし、ここで親戚の葬式があって来たこともある。
でもその程度のかかわりだから、町の記憶はほとんどない。

Photo

Dsc_0175

名所旧跡は駅からあまり遠くない地域にあるので、散策にはもってこいの町なの
だが、歩道のない行徳街道を車がひんぱんに走るので怖い。

Dsc_0166
(クネクネと蛇行しているところもある。だいぶ怖い)

Dsc_0173

でも街道沿いに古い建物があるので、歩かないわけにはいかない。

Dsc_0163

Dsc_0161
(路地奥の小さな神社)

Dsc_0170

街道をしばらく歩いてから、旧江戸川の堤防に出た。
ここから日本橋に向けて舟で塩が運ばれた。
その繁栄をしのばせる常夜灯が記念碑のように残されている。

Dsc_0171

この日は気温が高く、しかも古墳めぐりをした後だったので、体力がもう残って
いなかった。それで観光はここまでにして、駅に戻ることにした。

帰りは住宅の間の狭い「権現道」を歩いた。この道は徳川家康が鷹狩の際に通った
のだという。この裏道は車が通らず歩きやすかった。

Dsc_0179

Dsc_0178

この道のかたすみで小さなお地蔵さんを見つけた。隣りは駐車場。
お地蔵さん、車に気をつけてね。

Dsc_0181_2

もう少し歩くと、住宅街の一角に先祖代々と思われる墓所があった。

Dsc_0184

墓所のすぐ脇にはゴミ置き場が‥‥。
どこでもゴミ置き場の設置場所ではもめる。自宅前に置かれたくないからだ。
仏様は文句を言わないので、この場所になったのかな。

古い宿場町は裏道にも見どころがあって、楽しくウォーキングすることができた。

« 近場の遺跡&史跡めぐり(2) | トップページ | 最近行ったミュージアムいろいろ »

東京散歩」カテゴリの記事

コメント

昨日TVで行徳が写ってました。
TMさんのブログで書かれてたなと思ってみてました。
地図が示され、へぇ~こんな場所だったんだと。
で、今日そのこと書こうとしたら、何のことを聞いたのかどうしても思い出せません。
用事しながら食べながら、ながら視聴だったということもありますが。
それにしても、聞いたしりから見たしりから忘れていきます。

ulalaさん、私もテレビで行徳散歩を見て、行く気になったんです。
最近は街角散歩や各駅停車などの旅番組がやたらと多いですね。それだけ関心があるってことでしょう。

私もながら視聴ですよ。寝っ転んで数独なんかやりながら見ていて、「あれ、テレビで気になること言ったな」と慌てて起き上がると、もう次のシーンに移っているんです。

行徳から江戸まで塩を舟で運びました。江戸幕府最初の運河「小名木川」も、このために利用されたそうです。現在の行徳は東京近郊のベッドタウンという印象です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近場の遺跡&史跡めぐり(2) | トップページ | 最近行ったミュージアムいろいろ »