無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 諏訪地方を訪ねる(3) | トップページ | 近場の遺跡&史跡めぐり(1) »

2015/09/16

諏訪地方を訪ねる(4)

Dsc_0086

国道16号線(違うかもしれない)をせっせと歩いて無事「前宮」に到着した。
道が分かりやすくて良かった。

Dsc_0087

「諏訪大社上社前宮」は立派な雰囲気の神社ではあるが、幹線道路から石段を
上がったところに小さな社務所があるだけで、他にお店などはなく、林の奥に
ひっそりと鎮座していた。ちなみに前宮は日本で最も古い神社のひとつとか。

Dsc_0092

Dsc_0095

ここで参拝できるのかと思いきや、本殿はそれよりまだ100mほど上にあるようだ。
人家に沿ってふうふう言いながら坂を上がり、ようやく本殿までたどり着いた。

Dsc_0102

本殿の前は石段になっている。何段でもないけれど、せめてここだけは手すりを
付けて欲しいと思う。高齢者が階段でバランスを崩したら、大けがをするからだ。

私が訪れたときも、高齢の姉妹が恐る恐る上がっていた。妹さんが「お姉さん
私が支えているから、ゆっくり上がって」と体を抱きかかえるようにしていた。

Dsc_0106

本殿のすぐ脇を清流がほとばしり、すぐ傍らでは農作業をする人の姿があった。

Dsc_0100

この清流は「名水 水眼の清流」(すいがのせいりゅう)という。

Dsc_0108

Dsc_0101

飲めるようなので、ペットボトルの中身を捨ててこの水を入れた。
とても冷たくて心が引き締まる感じ。ご神水をいただいたという有難い気持ちに
なる。

Dsc_0110

前宮は、その土地に暮らす人々とともに、長い歴史を紡いできた神社という印象を
受けた。その年月は縄文時代にまで遡るのかもしれない。

「全国一の宮ガイド」には、「上社本宮」について、縄文的な祭祀と大和王権が
求める共通化されたマツリゴトのせめぎ合いで、まるで迷路のような造りになって
いると書いてある。
諏訪が守ってきた祭祀のシンボル「上社前宮」を、「上社本宮」を造ることで
隠そうとしたのではないかというのだ。

Dsc_0113

来るときには通り過ぎてしまったが、幹線道路に面した大鳥居を入ってすぐの
林のなかに、小さな祠があるのに気付いた。

Dsc_0115

「溝上社~高志(こし)の奴奈河比賣命(ぬなかわひめ)」を祀っているとある。
「ヌナカワヒメ」は諏訪大社のご祭神「タケミナカタ」の母神だが、それにしては
ささやかすぎる祠だな~。

もともと前宮は「ミシャグジ神」を祀っていたと言われる。
やがて出雲系やヤマト系がやってきて、神社の祭神も変化したのだろう。
前宮は、縄文から現代にまで続くこの地の在り様を、じっと見てきたのだろうな。

Dsc_0088

まあ難しいことはさておいて、ともあれ諏訪大社の全宮にお参りできて良かった。
茅野駅発のバスが「前宮→本宮→大熊」というコースで走っているので、前宮で
参拝してからバスで本宮まで行くというのが良いかもしれない。
本宮の前には博物館もあるし、参道には飲食店もたくさんあるから、バス待ちに
苦労しない。

Dsc_0117

前宮の周辺には時間をつぶすような飲食店がなかったが、バス停近くにこんな
看板の「寒天のお店」があったので入ってみた。

ここは販売するお店だが、窓際にカウンター席が設けられていて、寒天ゼリー
などをその場で食べられるようになっている。お腹の足しにもなるし、メタボ
対策にもなるなんて一石二鳥だわと、寒天ゼリーを注文したら、お椀にたっぷりと
試食のところてんも付けてくれた。

もうこれだけで満腹。それに美味しい。
荷物になるというのに、つい寒天ゼリーの素を買ってしまった。

もし時間の余裕があったら上諏訪にある「片倉館」に行きたかったのだが、今回は
無理だった。温泉に入るのなら、半日は過ごしたいものね。

Dsc_0141

Dsc_0143

上諏訪駅のホームに「足湯」があったので、電車を待つ間ここで足の疲れを癒す
ことができた。30分程も足をつけていたら、本当に足が軽くなった。

Dsc_0144

同じホームに「霧ヶ峰源泉水飲み場」があったので、ペットボトルのご神水に
霧ヶ峰源泉水を足し、帰途についたのだった。

« 諏訪地方を訪ねる(3) | トップページ | 近場の遺跡&史跡めぐり(1) »

旅・国内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 諏訪地方を訪ねる(3) | トップページ | 近場の遺跡&史跡めぐり(1) »