無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 日常のことなど | トップページ | 猛暑日には地下街ウォーキング »

2015/07/27

出雲風土記シンポジウム

Photo

日曜日に「出雲風土記シンポジウム」を聞きに行ってきた。
島根県が主催する無料講座、定員1,100人のところ2,000人以上の応募があった
とかで、会場の「有楽町よみうりホール」はぎっしり満員だった。

基調講演は三浦祐之さん。この人の「古事記を旅する」(文春文庫)を手元に
おいて、時々パラパラとページをめくっては旅プランを考えたりしているので、
とくに楽しみだった。
もちろん講演もわかりやすくて良かった。要点をまとめたレジュメや写真入り
パンフなども貰えて大満足した。

猛暑の日々が続いているので、こういうセミナーは「クールシェア」になるし、
高齢者に出かける機会を与えるし、いろいろメリットがあると思う。

8月末にも出雲風土記関連のゼミナールがあるが、こちらは抽選に外れたようだ。
定員が150人だから仕方ないか。

それにしても毎日暑い。昼間のウォーキングは熱中症が怖いので、前日の土曜日は
日が落ちてからスカイツリーまで歩くことにした。

Dsc_0066

この日は「隅田川花火大会」が開催されるということで、錦糸町駅前には浴衣姿の
お嬢さんが目につく。

Dsc_0086

スカイツリーでも花火見物客が広場に集まっていたが、鑑賞スポットを探すのは
そう簡単ではない。近ければ近いほど、周辺のビルなどが視界をふさいでしまう
のだ。

人ごみと蒸し暑さを避けるには屋内にいるにかぎると、スカイツリータウンを
歩いていてバッチリ花火が見える場所を見つけた。

Dsc_0088

5Fのスカイツリー出口フロアと「すみだまち処」などがある東京ソラマチを
つなぐ「連絡ブリッジ」だ。この通路は両側がガラス張りになっているのだ。

Dsc_0127

ちょうど目線の高さなので図柄などがよくわかり、花火が開くたびに集まった
人たちの歓声が上がる。残念なのは屋内だから音が小さいこと。でも涼しいから
私はこちらの方がよかったわ。

Dsc_0184

« 日常のことなど | トップページ | 猛暑日には地下街ウォーキング »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

冷房効いて目線高さの花火なんて特等席ですね。
これで座れる椅子置いたら入場料取られるようになるから、秘密にしとかないと(^^)
出雲のシンポジウムいい企画で、さすが東京、羨ましい限りです。
シニア層の熱い知識欲にも驚かされますね。

ulalaさん、毎日暑いですね。私は汗っかきなので、この猛暑は辛いです。外歩きできないのが残念ですわ。でも毎日のように熱中症がニュースになっているので、無理しないようにしないと。

スカイツリータウンで久しぶりに隅田川花火を見ましたが、正直言うと物足りなかったです。やっぱり花火は、ドーンという大音響とともにパッと大輪の花が開くのを、夜空を見上げながら鑑賞すべきですわ。音がしないとテレビと同じで臨場感がないですからね~。
でも贅沢は言えませんね。快適な環境のなかで、花火を見られたんですから。

出雲のシンポジウムは良かったです。学習意欲がまた少しわいてきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日常のことなど | トップページ | 猛暑日には地下街ウォーキング »