無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« シニアのアマチュア画家 | トップページ | 出雲風土記シンポジウム »

2015/07/18

日常のことなど

マンションのエレベーターで、住民の男の子と二人になった。どうみても小学生
低学年とおぼしき小さな子が、「雨が上がるといいですね」と大人びた口調で
話しかけてきて、私はちょっとビックリした。

「まだだいぶ降っているわね」と返事をしたのだが、どんな調子で答えたものか
戸惑った。その子は途中階で降りたのだが、エレベーターが閉まる時に振り向いて
ていねいにお辞儀をしたのでまたビックリ。お母さんの普段の様子を見てマネ
したのだろうか、それともそういう躾けをされているのだろうか?
もっとあどけなくても良いと思うけどな~。

話は変わるが、常識が人によって異なるのは至極当然のことなのだが、日常生活
ではそれをいちいち意識しない。自分の常識は他人にとっても常識だろうと思って
しまう。それが往々にして誤解の元となるのだ。

新潟在住の妹といっしょに昭島に住む妹宅に泊まった時のこと、昭島の妹がふと
思いついたように「お風呂からあがる時、浴用タオルで体をふいてからバスタオル
を使う?それとも、いきなり濡れた体をバスタオルで包む?」と私に聞いた。
「もちろん浴用タオルでふくわよ。アメリカのテレビドラマじゃあるまいし、
ふつうはそうでしょ?」と答えると、新潟の妹が「え~っ、うちは全員すぐに
バスタオルよ」と言うではないか。夫も子供も孫たちも、何の疑いもなくすぐ
バスタオルなのだという。
昭島の妹は浴用タオルでふいてからバスタオルを使うが、子供や孫はすぐバス
タオル派なのだとか。

どうりで、新潟の妹が我が家に泊まった時、バスマットがいつもより濡れていた
理由が分かったわ。今どきの若者ならまだしも、妹のような年代でもいきなり
バスタオルの人がいるんだと、認識を新たにしたのだった。

Photo

またまた話は変わるが、最近ゆで卵器を買った。以前にも1個用のゆで卵器を
買ったのだが、ゆでている途中に電子レンジが止まったりして、使えずに捨てて
しまった。今回のゆで器は2個用で、今のところ上手くいっている。朝、簡単に
ゆで卵が作れるので、とっても重宝している。

Photo_2

今日のトーハクは、杉戸に描かれた丸山応挙の子犬。大家のイメージが強い応挙
だが、こんな可愛い子犬も描いたのね。

« シニアのアマチュア画家 | トップページ | 出雲風土記シンポジウム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

応挙は応挙犬というぐらい沢山子犬を描いてますね。私も犬好きとして一枚展覧会で買った応挙犬のパネルを飾ってます。癒される~って感じです。

HANAさん、応挙は子犬が好きだったんですね。この杉戸のワンちゃんたち、本当に愛らしい。
先日行った「ドラッカーコレクション展」の影響なのか、最近は水墨画が目にとまります。年のせいかしら?

トーハクの展示作品では、最近長沢芦雪の作品が多いような感じがします。水墨画は、塗り直すわけにいかないから、一筆一筆真剣勝負ですね。そんな緊張感を感じます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シニアのアマチュア画家 | トップページ | 出雲風土記シンポジウム »