無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 街角花園(2) | トップページ | 楽しい散策 »

2015/04/18

最近読んだ本

図書館に予約している本は、たいてい新聞などの書評によるものなので、希望者が
多く、なかなか順番が回ってこない。
それで、つなぎと言うわけでもないけれど、図書館の書棚をぶらぶら見て歩き、
ちょっと関心ひかれた本を借りてくる。

先日は「葬られた王朝」(梅原猛著、新潮文庫)と「モーツァルトが求め続けた
脳内物質」(須藤伝悦 講談社)の2冊を借りてきた。

「葬られた王朝」は古代出雲王朝に関する内容で、古代出雲王朝など存在しないと
主張していた梅原さんが、考古学的発見が相次いだことで、今までの自身の説を
根本的に見直したものだ。

この本には、あらたに訪れた遺跡や神社また発掘品や文書などが載っている。
それが素人にもわかりやすく参考になるのだ。
文庫本は平成24年1月発行だから、最近のものと言って良いだろう。

梅原さんの説はともかく、ここの掲載されている情報は読み捨てにできないもの
ばかりだ。でも覚えることなどとても無理なので、時々読み返して、旅行の参考に
しなければ。

そんなわけで、本を買うことにしたのだが、ちらっとAMAZONを覗いてみたら、
中古本がなんと84円で売られているではないか。送料が257円かかるが、書店で
買ったら890円(税別)の本が、341円で手に入るのだ。
わずかな金額だけど、支払は登録しているカード払いにした。面倒くさいから。

3日後に郵便ポストに入っていた本は、二刷だけど新品だった。
さっそく、糸魚川のヌナカワヒメを偲ばせる万葉集の歌のところや、出雲の神原
神社古墳のページなどに付せんを貼った。

4月はフル勤務で、昼間もパソコン画面を見ているので、眼が疲れ気味だ。
小さい文字や数字がどんどん見にくくなる。年をとると、まず目から衰えると
実感している。そろそろメガネも買い替えなくちゃならないかな。

Photo
(これ、山吹?)

Photo
(下の赤い葉っぱは、ulalaさんのブログにあったレッドロビンかな?
上の木は何だろう?桜とは違う気がするけど)

せいぜい散策でお花をながめて、目をいたわってやらないとね。

« 街角花園(2) | トップページ | 楽しい散策 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 街角花園(2) | トップページ | 楽しい散策 »