無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 最近読んだ本 | トップページ | たばこと塩の博物館 »

2015/04/19

楽しい散策

お天気が良いと街歩きは楽しい。お花がいっぱいだから。

Photo_2

狭い通りのあちらこちら、ビルや住宅の前では、お花がいっせいに咲いて
いる。皆さん、熱心にお花を育てているなあ~と感心。

Photo_3

おかげさまで、散歩するのが楽しくなる。

Photo_4

Photo_6

なかには植物名を書いた種の袋がついている植木鉢もある。覚えようと
じっと目を凝らして見るが、たいていは聞いたことのないカタカナ名だ。
素敵な日本名をつけて欲しいな~。

Photo_7

芝桜?

Photo_8

こちらはツツジ。ツツジを見ると、ローマのスペイン階段を思い出す。
春になると石段にツツジがどっさり並べられる。ツツジのないスペイン階段は
ちょっと物足りない。

« 最近読んだ本 | トップページ | たばこと塩の博物館 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

百花繚乱、黄砂や花粉の心配なければいい季節ですよね。
花や木々の名前、そして古代史も固有名詞なかなか覚えられません。
カタカナも入りにくいけど、漢字もふりがなふってないと?ですし書けません。
そしてなるほどと思っても、普段の生活で常に使うことないから聞いた尻から忘れていきます。

先の記事の本も面白そうですが、私も目がつらいので。
年々楽しめること減っていくのかと思うとちょっと憂鬱になります。
綺麗な花をぼんやり眺めていたらいいのかな〜

ulalaさん、私は若い頃から固有名詞と人の顔が覚えられない質でした。
だから年のせいだけではないんですが、手をこまねいてばかりもいられないので、関心だけは持つようにはしています。

パソコン画面を見ていると眼が疲れますね。小さい字が見にくいので、職場の机の引き出しにルーペをしのばせてあるんですが、まだ使ったことはありません。やっぱり、抵抗ありますからねcoldsweats02

年をとると、いろいろ不便なことが増えますね。何とか楽しいことを見つけて暮らそうと思っていますが‥。

次々と様々な花が咲く四季のある国に住んでて良かったな、と思うのは春とあきですね。春は勢いがあって楽しい季節。特に4月が新年度の始まりだから様々な人生の節目が思い出されて懐かしい気持で花を見ることが多いです。年を取った証拠かな。私も近所の花を見ることが多いです。写真、芝桜というより桜草に見えますが。違ってたらごめんなさい

HANAさんがご指摘されたとおり、私も桜草だと思います。
ご近所にいっぱい植わってるお家があるのでたぶん間違いないです。
芝生のように地に這うようにして咲く芝桜に対し、
サクラソウは地面からしっかり茎を伸ばして咲いています。
花の形も違うようです。

HANAさん、ulalaさん、やっぱり桜草ですか。
芝というくらいですから、地面を這うように咲くんでしょうね、芝桜は。

インターネットで検索するとお花の写真が出てきますが、自分が見たお花と同じものかどうか、判断できません。似たようなお花が沢山ありますからね~。

名札が付いている植木鉢もありますが、ほとんど知らない名前です。スミレとかは咲いていないんでしょうか?荒川土手辺りに行けば、レンゲは咲いているでしょうね、きっと。そうそうタンポポは、アスファルトの隙間など、どこにでも咲いていますね。強いんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最近読んだ本 | トップページ | たばこと塩の博物館 »