無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015/04/26

たばこと塩の博物館

「たばこと塩の博物館」が4/25(土)リニューアルオープンしたので、行って
きた。渋谷の公園通りにあったのだが、このたびスカイツリーの近くに引っ越して
きたのだ。

Photo

昨日と今日は入館料無料だった。もっとも入館料は安いので、そんなにお得感は
ないけれど(^o^)

Photo_3

Photo_4

建物はピカピカの新築なので、近代的できれい。高齢者がのんびり休憩するのに
ぴったりの施設じゃないかしら。

Photo_2

オープンと言っても、館内は空いていた。あの人通りの多い公園通り時代でも
いつも空いていたから、よっぽど魅力的な企画展でもやらない限り、貸し切り
状態でしょうねぇ。「たばこ」は逆風を受けているし。

Photo_5
(たばこを吸う神のレリーフ)

Photo_6

私もたばこは苦手だ。気管支が弱いので、たばこの煙は避けるようにしてる。
でもこれだけ「健康に害がある」と言われながら、世界中に愛好者がいるのだ
から、それにまつわる歴史や文化には無視できないものがある。

5
(5Fの多目的ルーム。自動販売機がある)

Photo_7
(そのわきの喫煙ルーム)

Photo_8
(ポーランドの岩塩)

塩は人間が生きて行くのに欠かせないものだから、塩にまつわる文化や産業は
世界中にある。

日本は四方を海に囲まれているが、岩塩や塩湖などないので、塩資源に乏しい
国なのだとか。海水から塩を取りだす方法は、日本の各地域で異なるようだ。

Photo_9
(瀬戸内海の入浜)

この博物館でもっとも印象に残ったのがポーランドの「ヴィエリチカの岩塩坑」だ。

Photo_10
(聖キンガ像。岩塩出来ている)

Photo_11

「ヴィエリチカの岩塩坑」は最初の世界遺産のひとつでもある。
壮大な地下帝国みたい。行ってみたいな~。久しぶりに旅行したいという気に
させられたわ。

Photo_12

花束に飾られたエントランスとは別に、裏口のようなところから外に出たら、
そこは先日植物学習がてら散歩した「大横川親水公園」だった。

Photo_13

Photo_14

スカイツリーのある業平橋はすぐ近くだ。

2015/04/19

楽しい散策

お天気が良いと街歩きは楽しい。お花がいっぱいだから。

Photo_2

狭い通りのあちらこちら、ビルや住宅の前では、お花がいっせいに咲いて
いる。皆さん、熱心にお花を育てているなあ~と感心。

Photo_3

おかげさまで、散歩するのが楽しくなる。

Photo_4

Photo_6

なかには植物名を書いた種の袋がついている植木鉢もある。覚えようと
じっと目を凝らして見るが、たいていは聞いたことのないカタカナ名だ。
素敵な日本名をつけて欲しいな~。

Photo_7

芝桜?

Photo_8

こちらはツツジ。ツツジを見ると、ローマのスペイン階段を思い出す。
春になると石段にツツジがどっさり並べられる。ツツジのないスペイン階段は
ちょっと物足りない。

2015/04/18

最近読んだ本

図書館に予約している本は、たいてい新聞などの書評によるものなので、希望者が
多く、なかなか順番が回ってこない。
それで、つなぎと言うわけでもないけれど、図書館の書棚をぶらぶら見て歩き、
ちょっと関心ひかれた本を借りてくる。

先日は「葬られた王朝」(梅原猛著、新潮文庫)と「モーツァルトが求め続けた
脳内物質」(須藤伝悦 講談社)の2冊を借りてきた。

「葬られた王朝」は古代出雲王朝に関する内容で、古代出雲王朝など存在しないと
主張していた梅原さんが、考古学的発見が相次いだことで、今までの自身の説を
根本的に見直したものだ。

この本には、あらたに訪れた遺跡や神社また発掘品や文書などが載っている。
それが素人にもわかりやすく参考になるのだ。
文庫本は平成24年1月発行だから、最近のものと言って良いだろう。

梅原さんの説はともかく、ここの掲載されている情報は読み捨てにできないもの
ばかりだ。でも覚えることなどとても無理なので、時々読み返して、旅行の参考に
しなければ。

そんなわけで、本を買うことにしたのだが、ちらっとAMAZONを覗いてみたら、
中古本がなんと84円で売られているではないか。送料が257円かかるが、書店で
買ったら890円(税別)の本が、341円で手に入るのだ。
わずかな金額だけど、支払は登録しているカード払いにした。面倒くさいから。

3日後に郵便ポストに入っていた本は、二刷だけど新品だった。
さっそく、糸魚川のヌナカワヒメを偲ばせる万葉集の歌のところや、出雲の神原
神社古墳のページなどに付せんを貼った。

4月はフル勤務で、昼間もパソコン画面を見ているので、眼が疲れ気味だ。
小さい文字や数字がどんどん見にくくなる。年をとると、まず目から衰えると
実感している。そろそろメガネも買い替えなくちゃならないかな。

Photo
(これ、山吹?)

Photo
(下の赤い葉っぱは、ulalaさんのブログにあったレッドロビンかな?
上の木は何だろう?桜とは違う気がするけど)

せいぜい散策でお花をながめて、目をいたわってやらないとね。

2015/04/12

街角花園(2)

4月に入って時間貧乏気味になり、ウォーキングもさぼりがちだ。
土日は頑張って歩きたいのだが、週末になるとお天気が悪くなる。

でも今日は久しぶりの好天だったので、近所のお花を見て歩く。

Photo

錦糸公園の桜。ソメイヨシノはほとんど散ってしまったが、他の桜は元気に咲いて
いる。

Photo_2

駅近くにあるお稲荷さんのピンクの椿。どっしりと見事なお花にみとれて、足を
止める人もチラホラいる。

Photo_3

大横川親水公園では、フリーマーケットが開かれていた。ぶらぶら冷やかして
覗いてみたが、ガラクタばっかりで欲しいものはなかった。

Photo_4

むかし大横川だった公園は南北に延びていて、東京スカイツリーのある業平橋
まで続いている。この公園の樹木は名札が付いているものが多いので、学習も
かねてお花を見て歩いた。

Photo_5

「桜、うこん」というプレートが付いていた。美しいなあ。惚れ惚れする。

Photo_6

こちらは似ているけど「サトザクラ」と書いてあった。鬼平でおなじみの法恩寺橋
近く。

Photo_7

法恩寺橋からもう一つスカイツリー寄りの「紅葉橋」には、鬼平犯科帳の高札が
立っている。

Photo_8

季節はずれの紅葉が鮮やかだった。

Photo_9

ひめりんごの花。愛らしい。リンゴがなるのかしら?

2015/04/05

街角花園

コンクリートだらけの都会でも、春になると様々な草花が芽吹き、花をつける。
そんなことに気付いたのは、ここ数年のことだ。

Photo

Photo_4

春の陽気につられウォーキングしていると、意外なほど多くの植物を目にする。
一般のお宅やマンションの玄関まわりには、色とりどりのお花のプランターや
植木鉢が並んでいる。個人の好みで選んだ草木なので、その種類もバラエティに
富んでいる。

Dsc_0153_2

Dsc_0154_2

通りや公園の樹木の花も可憐だ。ソメイヨシノはすぐに散ってしまうが、それと
入れ替わるように次々と別の花が開く。

Photo_2

Photo_3

まさに街角花園だ。名前を知らないお花が多いのが残念だけど。

2015/04/03

さくらの風景

おとといの夕方、スーパーで食料買い出しがてら、さくら満開の「錦糸公園」を
ぶらついた。5時ごろだったけど、まだお日さまは高く、子供たちの遊ぶ声が
あたりに響いていた。

Photo

青いシートがあちらこちらに敷いてあった。ポツンと一人で場所取りしている人も
いれば、もうすでに盛り上がっているグループもあった。

Photo_2

(↑)テーブルまで用意しているなんて、気合いが入っているな~(^o^)

でも日が陰るにつれて風が強まり、寒くなってきた。
夜は冷え込みそう~、お花見も楽じゃないわ。

Photo_3

こちらは、翌朝の近所の公園。
昨夜の強風で、花びらがだいぶ散ってしまった。
この公園では、桜の満開に合わせるように工事が始まったので、宴会のグループを
見かけなかった。いつも1つか2つはグループが宴会しているんだけど…。

ひょっとして、締め出し作戦?

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »