無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 春の足音 | トップページ | スタンプラリーつづき »

2015/03/28

春うららでイベントも満開

今日のポカポカ陽気に誘われて桜の花が一斉に咲いたが、それに遅れまじと
街角のイベントも花盛りだ。

リニューアルのためにお休みだった「江戸東京博物館」の常設展示室が、今日から
オープンした。3月いっぱいは入場無料ということなので、これは有難いと早速
行ってみた。(月曜日3月30日は開館。特別展は有料)

Dsc_0183

お花見シーズンの土曜日だからか、それとも入場料タダのせいか、常設展示室は
お客さんでごった返していた。こんなに多い入場者は久しぶりに見たわ。

Dsc_0185

Dsc_0186

Dsc_0192
(このマップは、すごく参考になる)

江戸社会に焦点をあてているという点では、基本的に変わらないけれど、説明文が
前より理解しやすくなったような気がする。まあ私も多少は学習したから、その
成果もあるかもね。

Dsc_0187
(庶民の娯楽、南総里見八犬伝。江戸は識字率が高かった)

常設展示室の企画展は、広重の「名所江戸百景展」だった。
馴染みのある地ばかりなので、江戸時代と現代の風景を頭の中で比べながら見る
ことができた。浮世絵は、その時代の風俗や風景を知ることができて、楽しい。

Dsc_0200

作品リストの裏は簡単な地図になっているので、ウォーキングにも使えるわ。

Dsc_0175

その後両国駅前の広場で、スタンプラリーの台紙を2枚貰った。1枚は両国近辺
もう1枚は墨田区内にスタンプポイントがある。それぞれ4カ所ずつスタンプを
押したら、何か景品がもらえるらしい。

近くの緑町公園(となりで北斎美術館を建設中)と錦糸町駅前でスタンプを押し
たが、博物館でだいぶ時間を費やしたので、締め切り時間の午後4時までに全部
行くのは無理だった。
このスタンプラリーは明日もやっているというので、気が向いたら残りは明日
廻ることにしよう。

Dsc_0108

緑町公園の北斎美術館建設工事現場のフェンスには、幼稚園児たちの絵が
描かれていた。パワフルだな~、北斎もタジタジだわ。

鬼平に続いて、北斎が浮世絵に描いた場所にも高札を立てたらしい。
無料の「北斎まち歩きガイドツアー」を、こちらも今日と明日開催するようだ。
明日は午後から雨模様という天気予報が気になるところ。

それにしても墨田区は高札だらけだ。何とか観光客に来てもらおうと、あの手
この手で頑張っているんだな。成果が上がりますように!

« 春の足音 | トップページ | スタンプラリーつづき »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

江戸東京博物館は出来たころに千葉に住んでいたのでよく行きました。総武線で東京行く途中だったし。常設展をリニューアルしたということでまた行ってみたいです。
博物館の常設展の内容を定期的に更新していくのは学芸員がきちんとしていてしかも予算があるという条件が必要です。大阪の博物館が次々とダメになったのはそのあたりがきちんとしていないからかと思います。
博物館をリピートできる状態にするというのはなかなか大変ですね。
その点東京はお金もあるし観光客も多いからやりがいがあるのでは。
スタンプラリー私も大好きです。
モチベーションあげるには大切な要素ですね。

HANAさん、私は常設展が好きです。そのミュージアムの魅力や実力が凝縮されていますからね。それと、常設展は入館料が安いし、たいてい空いています。

江戸東京博物館は両国駅前という立地も魅力です。
東博の年間パスポートを買ったので、出来るだけ行くようにしているんですが(先週「インドの仏」という特別展を見てきましたが、混んでいました)、上野公園が広いのでだいぶ歩かなくちゃなりません。
行くときは良いんですけど、展覧会を見たあとは足が棒になっているので、家まで帰るのが辛いです。

江戸東京博物館の1Fの無料映像ホールで「広重の浮世絵に描かれた江戸と東京」を上映していました。(時間ごとに上映内容が異なります)
そのフィルムのひとつが、ずい分昔制作したものらしく、都電が走っていたりするんですよ。浮世絵の江戸とレトロな東京をダブルで眺めることができました。

足を休めることも出来るので、この映像ホールはオススメです。映像ホールとなりのミュージアムショップも楽しいですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の足音 | トップページ | スタンプラリーつづき »