無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015/02/28

日本史の謎は「地形」で解ける

著者は、建設省で建設行政に携わっていたという人。
いわば土木建設のプロが書いた「日本史の謎は地形で解ける」(竹村公太郎、
PHP文庫)は、まるで推理小説を読むような展開で、目からウロコの面白さだった。

「さまざまな歴史上の出来事の原因を、歴史学者は動機とか人間関係など人文的な
アプローチで突き止めようとするが、そうすると様々な意見が出て収拾がつかなく
なる。ところが、地形や自然環境の観点から見ると、簡単に結論が出てしまう。」

そのような観点に基づいて、いくつもの歴史的事件を取り上げている。

18世紀に世界最大の100万人都市になった江戸。その礎を造ったのが家康の数々の
土木工事だった。あらためてそう言われてみると、家康の優れた為政者としての
顔が見えてくる。タダモノじゃない。

Nec_0085
(家康が最初に造った運河「小名木川」は、行徳から塩を運ぶための河ではない
という)

誰もが知っている忠臣蔵の話も、この著者によるとまったく異なる事件になる。
この事件を徳川幕府は利用したのか?

2
(東京の佃島。家康はなぜ大阪から漁民を連れてきたのか)

江戸がらみの話題は舞台が身近にあるので親しみやすいが、それ以外にも
興味深い内容が盛りだくさんだ。

「強大なモンゴル軍が日本とベトナムを攻略できなかったのは、その自然環境に
あった。広大な平原でこそモンゴル軍はその威力を発揮できる。でも泥だらけの
湿地と森林と険しい山岳地帯での戦い方は知らない。」

たしかに、言われてみれば納得できる。

「なぜ江戸無血開城が実現したか」「なぜ京都が都になったか」等々、どれも
面白い内容だった。

著者が「B型肝炎ウィルスの亜種分布」のことを知ったという「白い夏の墓標」
(帚木蓬生著)を、さっそく図書館に予約した。

2015/02/22

鉄道の駅の魅力

私が好きなテレビ番組のひとつに「美の巨人たち」がある。
でも計画的に番組を見る習慣がなく、いつも適当にチャンネルを合わせている
ので、大事な番組を見過ごしてしまうことが多い。
後になって「あ~見たかった」と後悔するのだが、でもこの適当癖はなかなか
改まらない。

この日はたまたま「美の巨人たち」がテレビに映っていて、画面には芸術作品の
ようなアントワープ中央駅の映像が流れていた。
四週連続で「世界の駅シリーズ」というのをやるらしい。アントワープ中央駅は
第一回で来週は東京駅丸の内駅舎を取り上げる。

だいぶ昔のことだが、年末年始の休みを利用してベルギーに行ったとき、この
駅に立ち寄った。日本人にとっては有名な「フランダースの犬」のネロ少年が
ルーベンスの絵を見た教会へ、アントワープ中央駅から歩いて行ったような気が
する。でも何か乗り物に乗ったのかも。

その日は冷たい雨が降っていて、寒くて寒くてそれこそネロの気分そのままで、
駅構内のカフェの片隅で震えていたのを思い出す。
だからアントワープ中央駅がどんな駅だったか、まるで思い出せないのだ。
たぶん寒さのため駅舎に興味を持つ余裕がなかったのだろう。

やっぱり旅はお天気次第だわ。

Greatwestern800
(ターナー、「雨 蒸気 速度 グレートウェスタン鉄道」)

私は鉄道の駅が大好きなので、旅行先で最低いちどは駅に足を運ぶ。
駅には旅の雰囲気が漂っているし、旅行者向けのお店やカフェやセルフサービス
レストランがあるので、便利で落ち着けるのだ。
駅特有の雑踏や喧騒も心地よい。駅でなかったら、うるさくてイライラするかも
しれないけど。

Photo
(モネ、サンラザール駅)

この番組では取り上げないが、私の印象に残っている駅は、まずローマのテルミニ
(イタリアでは珍しく何でもあって便利な駅)、ミラノ中央駅(アントワープ中央駅
に負けず劣らず芸術的)、ニューヨークのグランドセントラル駅だ。
ミラノはあまり便利じゃなかったけど、グランドセントラル駅はレストランから
マーケットまでいろいろあって、そこに行くことが楽しみな駅だった。

その他にもいろいろな駅に行ったはずだけど、何だかすっかり忘れてしまったわ。

2015/02/14

健康食品あれこれ

寒い日々が続く。心身のエネルギーも沈殿しがちだ。

Dsc_0021_2
(業平公園)

それでも頑張って少しウォーキング。

Dsc_0020

錦糸町と東京スカイツリーの間に、業平公園がある。そこにこんなプレートが
あった。最近立てられたらしい。

テレビ番組で「ココナッツオイル」が体に良いと言っていた。
翌日さっそくエキストラバージンココナッツオイルとやらを買ってきて、パンに
塗ったり、炒めものに使ったりしている。

ダイエットとアルツハイマー予防に効果があるという。これは聞き流すわけに
いかない。
どうせバターやオイルは買わなくちゃならないのだから、しばらくはココナッツ
オイルを使ってみよう。

慣れないとココナッツの甘い香りが気になるが、耐えられないほどではない。
肌や髪に塗っても良いとか。一つで食品にも美容にも使えるのは便利だ。
手に塗ってみた。思ったよりベタベタせず、肌に吸い込まれていく。

その数日後、今度は「ulalaさんのブログ」「崑崙雪菊茶」というのを知った。
こちらは、高血圧、高血糖値、高コレステロール血症の「三高」および不眠症に
効果があるとか。

両方ともオイルだったら一つに絞らなくちゃならないけど、オイルとお茶なら
同時進行で摂ることができる。

…というわけで、今日さっそくオンラインショッピングで「崑崙雪菊茶」を注文
した。

ココナッツオイルも崑崙雪菊茶も、商品の種類が多く、値段の差も大きい。
本物かニセモノかも分からない。でもこうやって食事に気をつけることで、多少
なりとも病気予防につながるのなら、それでいいかなと思う。

病気になると、お金もかかるし、時間もままならなくなる。それよりは、予防に
お金を使ったほうがいいものね。

でも「過ぎたるは及ばざるが如し」、摂りすぎには注意しないといけない。

Dsc_0010_2
(両国駅ホームで見かけた自販機。日本の自販機って、やっぱりスゴイわ)

2015/02/07

百均ワイン

何とか体調も良くなってきたが、こう寒いとウォーキングする気にもなれない。
でも部屋に閉じこもっているのは良くないので、駅前のショッピングビルまで
買い出しに出かけた。

先日このビルの中にある百均で、100円ワインを見つけた。
その時は、赤、白、ロゼ合わせて7種類のワインが置いてあった。
あまりにも安いので、ダメモトで赤を4種類を買ってみた。

その後の体調悪化で、ワインを賞味する機会がなかったが、昨日少し飲んでみた。
「う~ん、悪くない」
何てったって100円(消費税込みで108円)なのだ。風味だのコクだのと
言うほうが間違っている。

どれも250mlのビンに入っていて、エコノミークラスの機内食で出されるワイン
のようだ。味もそんな感じ。私が飲んでみたのは「メルロー」だが、機内サービス
ワインより良いかもしれない。産地はフランス。

夕食時にちょっとだけアルコールが欲しいとか、旅先のホテルで少し飲みたいと
いう時に、このワインはオススメだわ。

それで白ワインも買おうと今日足を運んだのだが、広い店舗の中央にドカッと
山積みされていたワインが、あら~、ほとんど売り切れ状態になっていた。
100円なんて安すぎるものね。ビン代だけでも、もっとするんじゃないか。
いったい、どういうことなんだろう?

ガッカリしてトボトボと帰る道すがら、イタリア国旗らしき提灯の居酒屋を
見つけた。

Photo

3月に柏崎の妹が来る予定なので、時々路地裏を歩いて使えそうなお店を
チェックしておかなくちゃ。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »