無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 青春18きっぷ「鹿島神宮&香取神宮」 | トップページ | 千葉の古墳 »

2015/01/21

青春18きっぷ「寒川神社&玉前神社」

正月二日は、相模国一の宮「寒川神社」(神奈川県)に行き、そこから東京都を
飛び越えて上総国一の宮「玉前神社」(千葉県)に行くことにした。
何だか、きっぷを使い切ることが最大の目的になってしまったなあ。

玉前神社は知らなかったが、上総一ノ宮という駅名は毎日のように耳にしていた。
総武線快速の行き先のひとつだから。
「上総(かずさ)」と「下総(しもうさ)」がなかなか読めなかった。今でも
すぐ忘れてしまうけど。

終点が上総一ノ宮なので、そこから乗り替えなしで錦糸町まで戻ることができる。
それで神奈川県の寒川神社を先にして、上総一ノ宮を後にしたのだが、これは
結果的に大失敗だった。

Dsc_0223

寒川神社は、茅ヶ崎からJR相模線で15分の「宮山駅」から徒歩5分と交通の
便は良い。駅は小さくて無人駅風だったが、この日は初詣客で超満員、ホームから
人があふれ出ていた。

Dsc_0206

神社の周辺は農地が多いけど、この地域は横浜や東京のベッドタウンでもあり、
湘南の海にも近い人気のエリアだ。人口も多い。

Dsc_0208

だからだろうか、神社の境内にも周りの道にも露店がぎっしり並び、大賑わい。
さすが一の宮だ。御祭神は寒川比古命と寒川比女命。この神様のお名前も初めて
聞くわ。

Dsc_0218

寒川神社は「八方除」で全国的に知られているのだとか。これも知らなかった。

参拝の行列は当然ものすごく長い。とても並ぶ気になれず、やっぱり神社を訪れる
のなら年末にかぎると、再認識したのだった。

それから茅ヶ崎にもどった。最初は逆方向に乗り、八王子から中央線に乗るつもり
だったが、反対側のホームの混雑ぶりはハンパじゃなく、それに比べ、茅ヶ崎
行きは空いていたのだ。
JR相模線は茅ヶ崎と橋本を結んでいる。やっぱり多摩センターなどの巨大ベッド
タウンから来る人が多いんだな。

東海道線から横須賀線に乗り替えるために、横浜駅で降りた。ところが、横浜から
上総一ノ宮に行く電車は本数が少なく、食事をしたりぶらついたりして時間を
費やすことになった。東京駅まで行って乗り替えたほうが良かったかな。

「横浜発16:24、上総一ノ宮着18:20」の横須賀線~総武線快速~外房線の直通
電車に乗った。乗り換えなしは良いけど、所要時間2時間はちょっときつい。

電車から見る街並みは徐々に夕闇に包まれていき、上総一ノ宮駅に着いた時には
もうすっかり日が落ちていた。上総一ノ宮駅は小さな駅で、タクシーが2~3台
停まっていたが、人影はほとんど無かった。

駅前の地図を見て、すこし通りを歩いてみたが、人通りもなくお店も閉まって
いる。どうみても初詣の雰囲気ではない。まだ午後6時台だが、街灯もあまり
なく、暗く静まりかえっている。初詣タイムは終わってしまったのだろう。

あまりにも寂しい雰囲気に、駅から徒歩8分の神社まで歩く気持ちにもなれず、
駅前に明かりが灯っている食堂があったので、帰りの電車時刻までそこで食事を
することにした。

唯一良かったのが、この食堂。本当にざっくばらんな雰囲気のお店だったけど、
近所の人や海遊びに来る人のたまり場になっているのか、壁には写真がたくさん
貼ってあった。
そして何といっても料理が安い!
活きのいいマグロのお刺身に、つみれ汁、小鉢、お新香がついて、なんとワン
コインの500円ぽっきり。

お腹がいっぱいになって、けっこう幸せな気分で、電車でうたたねしながら帰宅
したのだった。

それにしても、失敗したなあ。まず上総一ノ宮に行き、あとで寒川神社に行けば
良かった。寒川神社は、境内にも道沿いにも露店がズラッと並んでいたから、
そう早く店じまいはしなかっただろう。

上総一ノ宮という名称だけしか頭になく、ここが房総半島九十九里浜の最南端
だってことをすっかり忘れていたわ。

« 青春18きっぷ「鹿島神宮&香取神宮」 | トップページ | 千葉の古墳 »

旅・国内」カテゴリの記事

コメント

総武線快速は東京から千葉までは本数が沢山あるのですが、そこから内房、外房とも本数が少ないんですよ。まだ内房線の方が多いかも。
外房線も途中まではまだベッドタウン的なところがあるからそれなりに人は住んでいて駅前もまだましですが、端の方になると本当に閑散としていますね。
青春18きっぷ、計画をばっちり決めて行くのなら大変お得ですが決めていないと最後は修行のようになってしまって。私は乗り鉄ですからよいのですけど。
でも、思いがけない出会いがあったり、街の様子がわかったりするというメリットもあるのでそこが楽しみなのかもしれません。
寒川神社の賑わいも、上総一ノ宮の食堂も青春18きっぷがなければわからなかったかもしれませんものね。

HANAさん、私も乗り鉄のほうですよ。長年の電車通勤経験が身に沁みついているので、空いている電車のすみっこで、何にも考えずにウトウトすると、とっても癒されるんです。

それに見知らぬ駅に降りると、ちょっとウキウキします。上総一ノ宮には、もっと暖かくなったら、また行きたいです。最近はすっかり寒さに弱くなりましたわ。寒さですぐ体調が悪くなるんです。

「定年退職したら、これまでは通過するだけだった途中駅に降りてみるのも良い」と、何かに書いてありました。知っているのは駅名だけだった街に、しゃれた喫茶店とかレストランとか、うれしい発見があるかもしれません。

上総国と下総国は、利根川の下流か上流かで上と下となってるんでしたね、確か。
先日、司馬遼太郎の歴史の本読んでたら、江戸は秀吉が見出した地だったと書かれてました。
天下統一をなして、家康に関東八州をやるから江戸に城を築けと言われたそうです。
断るわけにもいかず水利事業で苦労したと書かれてありました。
今は利根川の流れも変わってるでしょうけど。
以前荒川とかのこと記事にされてましたね。
千葉も茨城もちゃんと観光したことないです。
ひょっとしたら関空から茨城への格安便飛んでるかしら?
いつかそのうち…。

ulalaさん、上総も下総もろくすっぽ読めなかったくらいですから、詳しい由来は何も知らないんです。インターネットには、昔は三浦半島から船で房総半島にやってきたので、最初に着くのが上総、そこから陸地を行ったところが下総だと書いてありました。

京都から近い順に、上と下、前と中と後となり、地図でみると上と下が逆のように見えるけど、船で行くとこの順序になるんだとか。

「古事記を旅する」という文庫本によると、三浦半島の横須賀にはヤマトタケルとオトタチバナヒメを祀る「走水神社」があり、対岸の房総半島木更津や富津にも吾妻(わが妻)や橘という名の神社がたくさんあるそうです。
今は東京湾フェリーがありますが、電車もこの両地域をつないでいるんですよ。横須賀線乗り入れ総武線快速なら、横須賀から木更津や君津まで乗り換えなしです。錦糸町がちょうど中間くらいじゃないかしら。
少しずつ訪ねてみたいです。

ほかの事で調べものしてたら、
「春分・秋分の日の朝日が、上総一ノ宮玉前神社、寒川神社、富士浅間神社、富士山頂、七面山、竹生島、元伊勢、大山、出雲大社を一直線に結ぶといわれています」

あらぁ~上総一ノ宮玉前神社、寒川神社、ってこちらで見たばかりだったと、お知らせしときますね。

すっご~い。ulalaさん、情報ありがとうございます。

この間の「青春18きっぷ」では、富士山本宮浅間大社に行きましたが、富士浅間神社というのは富士吉田市の「北口本宮富士浅間神社」でしょうかね?

七面山は、身延山久遠寺の奥の院にあたる信仰の山と書いてありました。
富士宮に行くとき身延線に乗ったのですが、もし時間の余裕があったらそのまま身延山まで行こうと思っていたんですよ。どちらも、すぐ近くまで行ったわけです。

上総一ノ宮玉前神社と寒川神社については、何の知識もなく、たまたま近場の一の宮ということで、訪れる気になったんです。
何かのパワーに誘われたのかしら?

日本地図を買ってこなくちゃ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 青春18きっぷ「鹿島神宮&香取神宮」 | トップページ | 千葉の古墳 »