無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 青春18きっぷで疲労困憊 | トップページ | 青春18きっぷ「熱田神宮&断夫山古墳」 »

2015/01/10

青春18きっぷ「草薙神社」

年末29日に早起きし、東京駅から西に向けて東海道本線に乗った。
前日思い立って「青春18きっぷ」を買ったのだ。

販売期限は年末31日まで、使用期限は年明けの1月10日までだから、時間的
余裕があまりない。おまけに冬は、行ける場所は限られている。寒さも困るが
もっとも心配なのは雪だ。雪が降ったら、列車が止まる恐れがあるし、思うように
歩くこともできない。

そんなわけで、天気予報を見ながら決めかねていたのだが、東海道線沿線や東京の
近県なら大丈夫だと判断した。そして翌朝、名古屋1泊の予定で出発したのだった。

東海道線は日本列島の大動脈なので、列車の本数が多く乗り継ぎの便もよい。
大きな都市がつながっているので、途中下車して食事したり時間をつぶしたり
できる。時刻を気にしないで、ふらっと途中下車できるのは、大きな魅力だ。

東京で降っていた雨は、熱海を過ぎた頃から小降りになり、静岡のひとつ手前の
駅「草薙」では、ほとんどやんでいた。それで「草薙神社」に行こうと思い立ち、
列車を降りた。

今回はいちおう「日本武尊」をたどる旅で、熱田神宮に行くことだけは決まって
いたが、それ以外は無理をせず、「足の向くまま、気の向くまま」でいくことに
していた。だから旅の情報はあまり無かった。

Dsc_0026
(草薙駅前のオブジェ)

草薙駅から神社方面に行くバスはあるが、だいぶ待たなくちゃならない。距離は
1.5㎞程度のものなので、歩くことにした。

駅前広場のマップをじっくり確認してから出発。
地図の上下というか南北を間違え(間違えやすい地図が多いんだよね~)、迷子に
なって体力消耗というのがよくある私のパターンなので、慎重に方向を見定めて
歩き始める。

Dsc_0030

大通りに出ると大鳥居が見えた。これで一安心。

Dsc_0032

Dsc_0033

農道のような「草薙神社通り」をずんずん行く。
雨をたっぷり含んだ草木は生き生きして気持ち良い。

Dsc_0035

坂をのぼったところに「草薙神社」があった。参拝客の姿は見えない。

Dsc_0039

Dsc_0042

Dsc_0043

静かで、厳かな雰囲気で、とても良かった。ゴチャゴチャとした繁華街で暮らして
いるので、この神社の佇まいが、何ものにも代えがたい貴重なものに思えた。

境内には、無形民俗文化財「龍勢(流星)煙火」が展示されていた。

Dsc_0038

Dsc_0046

帰りは、運よくバスが来たので、運賃100円で駅まで乗って行った。

そこから浜松まで行き、ランチうな丼1680円を食べた。味はイマイチだったな~。
ケチらないほうが良かったかな~。

ところで、東海地方が近づくにつれ、駅ビルなどが立派になるような気がする
のは私だけだろうか。

Dsc_0052
(浜松駅)

Dsc_0055
(浜松駅の家康くん。出世旅プロジェクト!青春18きっぷ旅でないことは確か)

写真はクリックすると拡大します。

« 青春18きっぷで疲労困憊 | トップページ | 青春18きっぷ「熱田神宮&断夫山古墳」 »

旅・国内」カテゴリの記事

コメント

能勢と流星のろしにとても興味持ちました。
これkらネットサーフィンしてきます。

それにしても大きな鳥居だこと。
社殿がまったく見えてませんね。
それだけこの草薙神社の境内がかつてはうんと広かったということですよね。

ulalaさん、草薙神社の一の鳥居は駅近くにありました。そこから社殿まで1.5kmはありますから、かなり長い参道ですね。
神社は高い丘の上にあり、その奥には団地があるようです。団地行きのバスが戻ってきましたから。すぐ隣が静岡ですから、開発の波は避けられないんでしょうね。

龍勢(流星)煙火は、何だかロケットみたいです。何のために打ち上げたんでしょう?何か分かったら、教えてくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 青春18きっぷで疲労困憊 | トップページ | 青春18きっぷ「熱田神宮&断夫山古墳」 »