無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 東京国立博物館を散策した | トップページ | きらびやかな師走 »

2014/12/10

北区飛鳥山公園

先日、用事があって赤羽に行ったついでに、王子駅前にある「飛鳥山公園」に
行ってきた。

「飛鳥山公園」といえば、桜の名所として有名で、私も何度かお花見散歩した
ことがある。今の時期なら紅葉だが、そこそこ色づいていたけれど、名所という
ほどではなかった。

Photo

私の目的は、この公園内にある「飛鳥山博物館」だ。
トーハク年間パスポートを購入したのをキッカケに、発掘された実物を目で見て
学習しようという気持ちが強くなった。同じ展示品を見るのでも、目的があるのと
漫然と見るのとでは、だいぶ印象が違う。
目的があって展示品を見ると記憶に残る。つまり入館料の元がとれる。

Photo_2

以前、仕事の都合で月に数回王子に来ていたが、その時にはゆっくり公園を歩く
ことはなかった。だから今回歩いてみて、ちょっとした発見があった。

Dc1

公園内には、「紙の博物館や渋沢史料館」もある。またDC1などが置かれた
遊園地もあった。

いちばんの発見は王子駅前のこの(↓)モノレール(あすかパークレール)

Photo_3

Photo_5

無人運転で乗車時間はほんの2分程度だが、都内唯一の路面電車「荒川線」や
JR京浜東北線などが見渡せる。

Photo_4

飛鳥山博物館は近代的でクリーンな雰囲気だった。写真撮影には申込書を提出
する必要があるが、展示品など何でも撮ってよいとのこと。

Photo_6

私の撮影対象は、もっぱら説明プレートだ。記憶力減退で、細かいことを覚え
られないから。

Photo_9

Photo_7

日本の古代は、一部地域だけが繁栄していたのでなく、日本各地が独自に交易
するなどしていたらしい。ヤマト王権の時代になると、中央政府との結びつきが
強まるが、それでも朝鮮半島などと独自な交流があったらしい。

Photo_8

たしかに、陸上で行くのは困難でも、船なら簡単にたどり着ける場所が、たくさん
ある。縄文時代の大きな丸木舟を眺めながら、古代日本人の活動範囲は想像
以上に広かっただろうと思った。

« 東京国立博物館を散策した | トップページ | きらびやかな師走 »

東京散歩」カテゴリの記事

コメント

高校時代の親友が東京の大学に進学して、確か田畑あたりで下宿してました。
東京駅からブルーの京浜東北線に乗ったような…。
何度かとめてもらった記憶がこの記事を読んで蘇りました。
あのころ何も思わず知りもしなかったけど、王子って地名目に留まってました。
王子製紙であり、紙の博物館なんですね。
>目的があって展示品を見ると記憶に残る。つまり入館料の元がとれる。
まったくもって実感、共感です^^

ulalaさん、王子製紙が王子と関連あるなんて、今まで知りませんでした。インターネットで調べたら、この地で創業したようですね。
「紙の博物館」は、その縁でできたんでしょうか。

博物館では、手すき和紙作り教室をやっていました。和紙がユネスコの文化遺産に登録されたばかりだったので、タイムリーでしたね。

昔の記憶って、ふとしたキッカケで蘇りますね。街は変貌しますが、思い出の中に残っているんですね。お友達と過ごした日々が、とても印象深かったんでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京国立博物館を散策した | トップページ | きらびやかな師走 »