無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 職人の町すみだ | トップページ | 国宝展大混雑でも良かった »

2014/11/16

宇宙につよい千葉工業大学

最近「千葉工業大学」という名称を2回耳にした。

1回目は、国際宇宙ステーション(ISS)に向けて飛び立つはずだったが、
打ち上げに失敗した民間ロケットの「ニュース」で。
流星観測カメラ「メテオ」というのが搭載されていたのだという。

2回目は、先日歴史的快挙と話題になったヨーロッパの彗星探査機「ロゼッタ」の
ニュースで。どちらにも千葉工業大学の技術がからんでいるらしい。

Photo

東京スカイツリータウンの中に「千葉工業大学」の無料の展示スペースがある。
何度か暇つぶしで覗いたことがあるので、それで「あ~、あの大学だ」と、すぐに
気付いた。

Photo_2

今日は好天に恵まれ絶好のウォーキング日和だったので、東京スカイツリーまで
歩き、8Fにある千葉工業大学に行ってみた。今まで展示ルームは2ヶ所だけ
だったが、今日は同じフロアの映像ルームで「3D宇宙シアター」というのも
やっていた。

Photo_3

無料というので入ってみる。日曜日ということで、スカイツリーはどこも混雑
していたが、このフロアだけはお客さんも少なめで静かだった。

Photo_4

こんな3Dメガネで映像を鑑賞する。

「宇宙138億年の旅 地球そして生命」
「ゴジラ」の映画監督、川北紘一氏の全面協力により実現、300インチ3D &
5.1chサラウンド映像で時空の旅へ

我々はどこから来たのか?我々は何者か?我々はどこへ行くのか?宇宙の始まり
ビッグバンから、太陽系と地球の形成、生命の誕生と進化、人類文明の発展までの
138億年を、ダイナミックな3D映像と大迫力の5.1chサラウンドで駆け巡ります。

これが、すごく良かった。画面は美しくて迫力満点。上映時間は約15分だが、
すっかり魅せられてしまった。

Photo_7
(スカイツリータウンキャンパスのホームページより)

階下の7F&6Fはレストラン街で、歩くのもままならないほど混んでいたが、
こんな日でも映像ルームの椅子はまだ少し空いていた。
みんな知らないんでしょうね。勿体ないわ。(私もシアターのことは知らな
かったけど)

Photo_5

スカイツリーもクリスマスモードで、例年通り「ホットワイン」の屋台もあった。

Photo_6

« 職人の町すみだ | トップページ | 国宝展大混雑でも良かった »

東京スカイツリー」カテゴリの記事

コメント

スカイツリーにもまだまだいろいろと発見がありますね。

千葉工業大学、確か昔千葉に住んでいた時にお隣の人が千葉工業大学にお勤めでした。いま大学もいろいろとアピールしなきゃいけない時代だから大変だなぁ。宇宙開発って日本のいろいろな技術が寄せ集まって貢献しているようですね。

彗星に着陸した探査機、太陽の光が当たると良いのになぁ。いつもいつもうまくいくとは限らないのでしょう。これまでだって報道されてこない失敗がいくつもあったのではないかと推察します。宇宙人に働きを停められた、って想像はないでしょうか?

スカイツリー行ったら見てみたいです。

HANAさん、ニュースを聞くまで、千葉工業大学がこんなに大きな業績をあげているなんて、知りませんでした。いつも入口で学生さんが「無料ですから、見て行ってください」と声をかけていましたが、地味な雰囲気でお客さんは多くなかったです。介護関連の技術やロボットなら、だいぶ関心度も違うんですが。

でも宇宙とか人類の歴史には興味があるので、今回のシアターは本当に儲けものでした。すっかり魅せられてしまいました。ホームページで見ると、平日は3Dでなく2Dのようです。千葉工業大学のキャンパスは8Fですが、すぐ上の9Fには郵政博物館があり、8Fから階段orエレベーターで上がります。
冬は空気が澄んでいるので、展望台から富士山が見える確率が高いんです。そのせいか、この日は当日券が3時間待ちでした。平日のほうが空いていると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 職人の町すみだ | トップページ | 国宝展大混雑でも良かった »