無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« ウォーキングのインセンティブ | トップページ | 東京の自然と遺跡を歩く »

2014/10/13

佐賀市と吉野ヶ里遺跡

LCC春秋航空で上海~ハルピンへ行くとき、まず成田から佐賀まで春秋航空の
日本国内線を利用した。

春秋航空は、茨城、広島、高松、佐賀と上海の間の路線を開設したが、(今は
大阪と札幌も加わっている)、東京との間には路線がなかった。でも今年の8月に
成田と広島、佐賀、高松の国内線がスタートしたことで、直行便ではないけれど、
東京からも格安料金で上海など中国各地に行けるようになった。

どこの空港経由にしようか考えたとき、迷わず佐賀となったのは、吉野ヶ里遺跡が
あるからだ。今、日本古代史に凝っているので、邪馬台国九州説の代表格である
この遺跡を見ておきたかった。

佐賀駅前のビジネスホテルで2泊して、初日は市内を散策した。
落ち着いた、歴史を感じさせる街だった。

Photo

恵比寿様の数が日本一とか。この忍者恵比寿は、隣の黒田藩から送り込まれた
スパイだと書いてある。

Photo_2

国の重要文化財、与賀神社の肥前鳥居。

Photo_3

むつごろうのマンホール。

この鍋島藩の史跡を見学しただけでも、じゅうぶんに来た甲斐があったわ。
「徐福長寿館」に行けなかったから、また来ようと思う。

翌日はJRで「吉野ヶ里遺跡」へ。地元の人が「吉野ヶ里遺跡」に行くのなら、
吉野ヶ里公園駅でなく、ひとつ手前の神埼駅で降りた方がいい」と教えてくれた。

Photo_4

Photo_13

神埼駅でパンフを貰う。駅前に案内図や堂々とした卑弥呼像が建っていた。

Photo_6

辺りは広々とした田園地帯だが、パンフを見ると、この神埼というところは長崎街道の
宿場町とのこと。宿場町ときくと、寄りたくなる。遺跡見学のあと散策しようと思った。
でもけっきょく実現しなかったんだけど…。

Photo_7

Photo_12

広い吉野ヶ里遺跡をまずは歩き回る。でも暑い日だったので、すぐにエネルギー
切れ。園内を循環しているバスがあるので、それに乗って見学する。熱中症で
倒れたりしたら、困るからね。

Photo_8

邪馬台国であるかどうかはともかく、九州に一大勢力があったことは確かだ。
その勢力が東遷してヤマトに来たのかもしれないし、ヤマトの勢力と対決していた
のかもしれない。確実な証拠でも見つからないかぎり、どんな可能性もありうる
わけだ。

Photo_9

島根の銅鐸と同じ鋳型で造られたというところに、何かを感じる。

九州には、まだまだ興味深い遺跡がある。もっともっと見て歩きたいわ。

正面玄関は神埼駅側でなく吉野ヶ里公園駅側にある。そしてレストランや売店も
みな正面玄関周辺に集まっている。

Photo_10

そのレストランでお昼ご飯を食べた。これでもかというほどアサリがいっぱいの
貝汁定食、すごく美味しかった。

Photo_11

コーヒーのスプーンにはマスコットの「ひみかちゃん」が。

また神埼駅方面に行くのは大変なので、そこから公園駅に向かったのだが、これが
大失敗だった。歩けど歩けど、駅に着かない。これなら、やっぱり神埼駅の方に
行くんだったと悔やんでも、後の祭りなのだった。

(写真をクリックすると拡大します)

« ウォーキングのインセンティブ | トップページ | 東京の自然と遺跡を歩く »

旅・国内」カテゴリの記事

コメント

ずいぶん前になりますが、佐賀市の鍋島藩のお雛さんを見に行ったことあります。
視点が違えば見えるものも違うなぁ〜と実感しながら読ませていただきました。
いつかそのうち、吉野ヶ里遺跡行くときの参考にさせてもらいます。

ulalaさん、佐賀ではもっといろいろ行ったんですが、最近エネルギー枯れなので、書けませんでした。

佐賀駅の観光案内所にパンフがたくさんあったので、それをいただいて廻りました。それまで鍋島藩について何の知識もなかったんですよ。
やっぱり旅はするもんです。知識が付きますからね。

最初は寂れた印象を受けたんですが、歩き回っているうちに、文化の香りが漂ってきました。歴史ある街っていいな~と思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウォーキングのインセンティブ | トップページ | 東京の自然と遺跡を歩く »