無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 春秋航空の旅、上海(4) | トップページ | 初めてのLCC、春秋航空(2) »

2014/09/27

初めてのLCC、春秋航空(1)

今回の旅は、ほんの思いつきで決まった。
テレビニュースで、中国のLCC「春秋航空」が日本法人を立ち上げ、今年8月
から国内路線の運行(成田発着)を始めたと知ったからだ。

「春秋航空」のWEBサイトにアクセスしてみたら、運賃がとにかく安い!

これまでは上海浦東空港と日本各地(茨城、広島、佐賀、高松に、最近関西と
新千歳が加わった)を結ぶ国際線はあったが、これだと東京在住者は茨城空港を
利用するしかなかった。ところが、成田と佐賀、高松、広島をむすぶ国内線が
できたことで、東京の人も利用しやすくなったのだ。

これまでも格安で海外旅行をしてきた貧乏人の私。でもLCCを利用したことは
なかった。貧乏人が世界中を旅行できるなんて、有難い世の中になったものだ。

ところで、貧乏旅行には工夫が必要だ。フライトやホテルや移動手段などは、
ぜんぶ自分で探し、申し込まなければならない。そういう面倒なことをしたく
ないという人には、LCC旅行は向いていない。

旅行代金をいかに安く上げるかに楽しみを見出している人、トラベルはトラブルと
考えている人、好奇心旺盛な人、そんなタイプの人に格安個人旅行は向いている。

「春秋航空」のサイトは、操作しやすい。簡単に航空運賃の表が出てくる。予約も
簡単だ。でも運賃は毎日変わる。もっと安くなるかも…と思っていたら、翌日は
安いチケットが消えていたりした。

もちろん、運賃が安くても燃油サーチャージなどはかかる。また行きのチケットが
安くても、帰りの便に安いチケットがなかったりする。
(ちなみに、日本国内線は燃油代なしだが、国際線と中国国内線は燃油代をとら
れる)

また、LCCはどこも同じだろうが、無料で持ち込みや預けられる荷物の容量が
小さい。もちろんオーバーすると、超過料金をとられる。シートの指定にも料金が
かかる。機内食やドリンク類も有料だ。

だから、申し込む前に、規約をプリントアウトしてよく読む必要がある。
キャンセルや変更ができないチケットも多い。

けっきょく出発寸前に「成田~佐賀~上海~ハルピン~上海~高松~成田」と
いうコースで申し込んだ。出発寸前に申し込んだというより、決まったから出発
したというほうが当たっているけれど。

Dsc_0436

ちなみに春秋航空の中国国内線は、多くが虹橋空港第1ターミナルを利用して
いる。でも東北地方(旧満州)方面は浦東空港第2ターミナルを利用していた。
日本からの発着便も浦東空港第2ターミナルなので、今回は移動なしだったが、
中国国内線を利用する場合は、注意する必要がある。

中国国内線も、春秋航空日本のサイトから申し込むことができ、その際に利用
空港が表示される。(浦東or虹橋)

両方の空港は地下鉄やリムジンバスで結ばれている。荷物がある時は、バスの
ほうが便利だと思う。浦東空港から虹橋空港へは地下鉄2号線でつながっている
のだが、途中駅と浦東空港の間をピストン運行しているので、乗り換えなければ
ならない。(不便だ!)

また2号線は虹橋空港第2ターミナルしか止まらない。春秋空港が利用している
のは第1ターミナルだから、両方のターミナルに止まる10号線に乗り替えるか、
両空港間を行き来している無料バスを利用する必要がある。

(私のブログの「春秋航空の旅、上海(3)」に書いてあります)

« 春秋航空の旅、上海(4) | トップページ | 初めてのLCC、春秋航空(2) »

旅・中国」カテゴリの記事

コメント

LCCをお得に使おうと思うとよく規約を読まなければなりませんね。
はじめてLCCで国内戦を使ったとき発券するために支払いをするためにも手数料がかかるのにびっくりしました。
まぁ、運賃なんてほんの僅かなんですから何かで設けないといけないんでしょう。
利用空港やターミナルが大手と違ったりするし締切時間が早いのは良く注意しないといけませんけど、これを理解したうえで使う必要があると思います。
反対によく理解したうえで利用すればお得に旅行できるんで嬉しいですが。
昔ニューヨークからロンドンまで格安航空会社で行ったことを思い出しました。スコットランドの航空会社でしたが聞いたこともないような街の空港経由でロンドンまで行ったのですが、帰りが機材故障で12時間以上遅れて市内観光などしましたが、今となっては良い思い出です。
若い時はトラブルも楽しんでしまう余裕があったのかもしれません。

ところで定時運行でしたか?

HANAさん、今回のフライトはおおむね定時運行でした。佐賀空港で、上海便が滑走路まで移動したのに、天候不安という機長の判断で引き返しました。
天候が良くなったら、今度は給油中とかで、けっきょく1時間ほど出発が遅れました。その日のうちに乗り継ぎする人は、困りますよね。
天候不安は仕方ないにしても、また給油なんて、ギリギリの量しか載せてなかったんでしょう。
私も、できることならヨーロッパに行きたかったんです。サンクトぺテルブルクのエルミタージュが第一希望でした。でもロシアはごたごたしているし、資金、体力、時間のどれも不足気味だったので断念しました。
身の丈で楽しもうと検討した結果、LCCでハルピンに行くことにしたんです。LCCをいちど体験しておきたかったし…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春秋航空の旅、上海(4) | トップページ | 初めてのLCC、春秋航空(2) »