無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014/08/31

東京スカイツリーで収穫

昨日の歩きすぎの後遺症が出るかと思ったが、どうやら大丈夫そうだった。
それで、足慣らしもかねて、今日は午後から久しぶりに東京スカイツリーまで
歩いた。曇り空で気温も低めと、絶好のウォーキング日和だったこともある。

Photo

4Fの広場では、ハワイアンフェスティバルをやっていた。
すみだ区は本当にフラダンスが好きだな~。何か行事があると、フラダンスが
始まる。まあ、楽しそうでいいけどね。

Photo_6

今日の収穫は5Fで開催されていた“全農”と“日本野菜ソムリエ協会”主催の
「やさいの日」イベントだ。なんでも8月31日は「やさいの日」なんだとか。

Photo_2

日本各地の全農などがブースを設け、それぞれ試食品を提供していた。
野菜のポタージュ、チョコレートかけ生野菜、野菜のムース等々、一つずつ貰う。
10種類ほどいただいたら、けっこうお腹が満たされた。

Photo_3
(こんなミニサラダを試食して廻る)

Photo_4

このソースもゲットした。嬉しいな~。椎茸のパックもあったけれど、明日から旅行
なので貰わなかった。

Photo_5
(金魚すくいならぬミニトマトすくい)

思わぬ収穫に満足して、また歩いて帰宅した。

亀戸天神と元天神

Dsc_0075

先週の日曜日に、亀戸天神社大祭のお神輿行列と宮入を見てきた。

Dsc_0100

ご高齢の神官の皆さん、暑い最中にずっと立ちっぱなし、熱中症で倒れたりしない
かと心配したわ。

Dsc_0103

我が町は順番が後のほうなので、宮入を見ずに戻ってきた。大通りではお神輿が
順番待ちしていた。

その後、ulalaさんのコメントで、「元天神塚の小さい祠」のことを知った。
もともとあったこの祠のところに、亀戸天神社を創立したのだという。

「神社人」というサイトに、亀戸天神社の成り立ちの説明があった。

「太宰府天満宮の神官、菅原大鳥居信祐は、天神信仰を広めるため社殿建立の
志をもち、諸国を巡った。そして寛文元年(1661年)、江戸の本所亀戸村にたどり
着き、元々あった天神の小祠に道真ゆかりの飛梅で彫った天神像を奉祀したのが
始まりとされる。

「元々あった天神の小祠」は、少彦名命に縁があるのではないか、というお話
には、強く惹かれるものがある。
ulalaさんから教えてもらった「サイト」に書いてある「亀戸5丁目36番18号」の
マンションに、今日の午後行ってみた。9/1から旅行に出るので、まず両国近くの
図書館まで行って本を返却し、それから反対側の亀戸まで歩いた。
ちゃんと調べずに、思いつきで歩き回るものだから、なかなか祠は見つからな
かった。

Dsc_0004
(新しくできた梅屋敷という休憩所でひと休み。ここから水陸両用バスも出る)

亀戸のメインストリートから亀戸五丁目商店街に入り、錦糸町とは反対の方面に
向かって歩く。亀戸には何度も来たことがあるが、千葉方面に歩くのは初めてだ。

Dsc_0006

活気があって、お買い得品ばかりの、商店街だった。北海道産のブロッコリーの
山が100円、アスパラの束が93円等々、本当に安くてビックリした。
あさって旅行に出かけるのでなかったら、ドッサリ買い込んだところだった。

でも肝心の元天神がなかなか見つからない。うろうろと足が棒になるまで歩き
廻って、マンションの柵の向こうに、小さな赤い鳥居を発見したときは、嬉し
かった。

Dsc_0012

この路地を入ってすぐのところ、右手のマンションの敷地の中に祠がある。

Dsc_0013

Dsc_0014
(カメラを突っ込んで写真を撮った。

どうやらマンションの庭の中らしい。近くにいた人に聞いたら、「個人のお宅
だから、お参りはできない」とのことだった。柵の間から覗いてみると、お庭は
あまり手入れされていないようだが、祠はちゃんと祀られていた。人の気配は
なかった。

Dsc_0017
(正面からはよく見ることができない)

すぐ近くには「亀戸水神」がある。ここは「亀戸天神」とよく間違えられる。

Dsc_0010

亀戸水神を訪ねたいとずっと思っていたが、機会がなかった。今日あちこちを
うろついたお蔭でお参りできた。苦労したけど、結果オーライだったわ。

Dsc_0021

「吉田類の酒場放浪記」に出てきそうな、レトロな安酒場通りを歩いて亀戸駅に
行った。今日は2万歩くらい歩いただろう。

Dsc_0022

旅行の足ならしには、ちょっとハード過ぎたかな。明日は足が痛むかもしれない。

2014/08/23

亀戸天神大祭

今日は、お昼過ぎまで小雨が降っていた。ときどき変な風が吹いてくる。
日本全土をおおう不穏なお天気の影響かもしれない。
それでも午後2時を過ぎると、雨も上がり、お日さまが照ってきた。

Photo

今年は「亀戸天神社」の大祭年なので、街角や公園の至るところに旗や提灯が
かけられている。

Photo_2

広島の土砂崩れ被害では、自然の怖さをあらためて思い知らされた。
科学が発展し、気象予報ができる現代でさえ、自然の猛威の前には人間は無力だ。

Photo_3

人々は、そんな自分たちの弱さを知っていたから、神様をお祀りしたのだろう。
昔も今も、神様に祈る気持ちは、あまり変わっていないのかもしれない。

Photo_9

錦糸町界隈では、南口エリアが亀戸天神の氏子になる。北口エリアは牛嶋神社の
氏子だ。なお亀戸天神は江東区で、錦糸町北口にある。

明日8月24日の「氏子神輿連合宮入」マップを見ると、墨田区の亀戸天神氏子
エリアはあまり広くない。墨田区は、ほとんどの地域が「牛嶋神社」の氏子だ。

この「サイト」に、その辺のいきさつが載っていた。
な~るほど、少し知識が増えたわ。

なかには両神社の氏子という地域もあるらしい。亀戸天神の大祭は4年に一度、
牛嶋神社の大祭は5年に一度で、両神社の大祭が重なったりすると、大変だとか。
ご利益も2倍なら良いけどね。

Photo_4

Photo_5

午後に少し足を延ばして、北口の「オリナス」に食料買い出しに行ったら、広場で
ちっちゃな子供たちが稚児行列の準備していた。
ここから亀戸天神はすぐ近く、徒歩5分ほど。

Photo_6

買い物を終えて錦糸公園を歩いていたら、雅びな行列に出会った。
「御鳳輦渡御」というらしい。

Photo_7

Photo_8

明日の「氏子神輿連合宮入」は午後1時の予定となっていた。いちおう氏子だから
見に行ってこようかな。

2014/08/16

ジャズフェスティバルもうすぐ河内音頭

「大古事記展」記念シンポジウムに往復ハガキで申し込んだ。その返信が来て、
またも落選だ。募集人員600名だから、当たる確率は高いと思ったんだけど、
古代史は人気があるんだな~。

シンポジウム落選のお詫びに、奈良県立美術館で10月18日から開催される予定の
「大古事記展」に、このハガキで無料入場できると書いてある。
「遠方ではございますが宜しければご利用ください」と言われてもね~。
ま、行く可能性無きにしも非ずだから、いちおう手元に置いておこう。

Photo_2

今日はお昼過ぎから急に曇って涼しくなった。
錦糸町界隈は恒例の「すみだストリートジャズフェスティバル」が開催されて
いて、これが終わると「河内音頭大盆踊り」が待っている。

Photo_3

割引セール中の夏物衣料をしこたま買い込み、ついでにジャズ演奏に耳を傾けて
きた。

Photo_4

会場は、スカイツリーと錦糸公園がある錦糸町駅北口方面に集中しているが、
南口の一杯飲み屋でも演奏していた。ここでやるのは、初めてじゃないかしら。

Photo_5

ここが一番盛り上がっていたな。

南口一帯には、いかにも錦糸町らしい場末の盛り場の雰囲気が、まだ残っている。
安い居酒屋とジャズは意外とマッチしていた。

(写真をクリックすると拡大します)

2014/08/13

今日のニュース・長岡花火&ピラミッド型古墳

「真珠湾で長岡花火」
新潟県長岡市は、終戦70年の来年8月15日、日米開戦の舞台・真珠湾で伝統の
「長岡花火」の初の打ち上げを計画し、ハワイのホノルル市と合意した。
真珠湾攻撃を指揮した長岡出身の山本五十六が、日米開戦反対論者だったことも
あり、両市は相互理解を深め、2012年には姉妹都市になっているとか。

Photo_2

長岡の花火といえば「山下清」のちぎり絵を思い浮かべる。でも私はいちども
見たことがない。(隅田川花火だって、ほとんど見てない。いつも音だけ)
甥が長岡に住んでいるので、妹は毎年見ているようだ。今年もスマホ写真を送って
くれた。

「奈良にピラミッド型古墳」
「毎日新聞」のオンラインニュースは、動画や写真がいちばん豊富だった。
被葬者は蘇我稲目という説が多いようだ。

いま、日本の古代史関連の本を、つまみ食い的に読んでいる。
日本書記において悪者にされた蘇我入鹿だが、実は優秀な改革派だった。蘇我氏は
濡れ衣を着せられた、という説が多い。
歴史は勝者によって改ざんされるのが常だから、そういうこともあっただろうな。

ある日とんでもない発掘があって、これまでの通説がどんでん返しにあったり
する。古代史はやっぱり面白い。

2014/08/11

「青春18きっぷ」ただ今検討中

ここのところ、古代史セミナーの抽選に外れてばかり。でも日曜日はあんなお天気
だったから、行かなくてよかったけど。

Photo_2
(台風は東京にも来た。錦糸町駅)

今読んでいるのは「神社が語る 古代12氏族の正体」(関 裕二著、祥伝社)
とりあえず、やみくもに何でも読めば、少しずつ関連性もわかってくるだろう。

9月にまとまった休みがあるので、期限ギリギリだけど、「青春18きっぷ」
「諏訪大社」&「縄文の里」~大糸線経由~糸魚川で「天津神社・奴奈川神社」
「ヒスイの里」~妹宅経由~三条で雲蝶鑑賞…という列車の旅プランを立てた。

それで、台風影響下の日曜日、表参道にある「新潟ネスパス」まで、観光パンフを
貰いに行ってきた。

Photo

ところが、お目当てのひとつ「糸魚川 」の「フォッサマグナミュージアム」が、
リニューアルの為9月7日で閉館になるという。青春18きっぷの有効期間は9月10日
迄だから、間に合わないことはないけれど、やっぱり新しいミュージアムの方が
いいな。北陸新幹線開業にあわせて、来年3月にリニューアルオープンするらしい。
相当気合いの入ったミュージアムをつくってくれるんじゃないかしら。

そんなわけで、「全国一の宮ガイド」なんて本を読みながら、ただいま検討中の
私なのだった。

2014/08/02

日本発掘展

「江戸東京博物館」で開催中の「日本発掘~発掘された日本列島2014」
行ってきた。今回はこの展覧会の20周年を記念して、これまでの日本各地の
発掘品の中から、注目すべきものをピックアップして展示しているのだとか。

Photo

夏休みに入った土曜日なので、観光客と発掘展を見に来た人で、博物館は賑わって
いた。

Photo_2

企画展は、ふつう5階の専用スペースを利用するのだが、今回は展示品が多いので
6階の武士関連展示スペースにも発掘品が並んでいた。

Photo_4

Photo_5
(縄文土器もいろいろ)

Photo_7
(関西の発掘品だったと思うけど…)

Photo_3
(今城塚古墳の埴輪。大きい)

Photo_6
(応神天皇陵古墳出土)

今日は3時から文化庁の人が解説してくれた。やっぱり解説があると、分かり
やすい。注目点も見逃さない。
いつも解説をするわけじゃないだろうから、調べて行くとよいと思う。

Photo_8
(この短剣は九州でしか見つかっていないのに、なぜ鋳型が滋賀県から出てきた
のか謎なのだそうです)

Photo_9

それにしても暑い。こう暑いとウォーキングなんて無理だ。買い物するだけで、
ふうふう言っている。でも食欲は減退しないから、体重維持が難しい。

食欲はあるが、冷房にあたるせいか、腰痛気味だ。ぎっくり腰になったら困る
から、気をつけて行動しないと…。

(写真はクリックすると拡大します)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »