無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« さきたま古墳群(1) | トップページ | スマホ買い替え »

2014/06/20

さきたま古墳群(2)

「さきたま古墳群」には大型古墳が9基ある。

Photo
(写真は、さきたま史跡の博物館のホームページからいただきました)

上の写真では、もっとも手前にあるのが「稲荷山古墳」、その右が「丸墓山古墳」
左側が「将軍山古墳」、その向うにある大きい前方後円墳が「二子山古墳」、
道路のすぐそばにある小さい古墳が「愛宕山古墳」、道路を挟んで向う側には
「さきたま史跡の博物館」と小ぶりの古墳4基に浅間塚古墳の上に建てられた
「前玉神社」(さきたまじんじゃ)がある。

バス通り近くの愛宕山古墳の脇を通り、まず「丸墓山古墳」に向かう。

Photo_4

この古墳は日本最大の円墳ということだ。また石田三成がこの上に陣をはり、
忍城を水攻めにしたことでも知られている。(映画「のぼうの城」の舞台)
上杉謙信も陣をはったことがあるのだとか。

Photo_3
(石田堤)

水攻めのために、三成は一週間で28㎞の堤を築いたと言われている。
その「石田堤」の一部が古墳に続く道として残っている。

Photo_2

頑張って上に上がってみた。確かに見晴しがいい。

そこから目的の「稲荷山古墳」に行く。この古墳も上がることができる。
稲荷山古墳は前方後円墳なので、後円と前方をなだらかな坂が繋いでいる。
古墳はお墓でもあるから、踏みつけたりして申し訳ないという気持ちも多少は
ある。秦の始皇帝陵に上がったときも、そんな感想を抱いた。

Photo_5

でもつぶされて住宅地になった古墳も多いらしいから、こうやって保存され、
後世の人が思いをはせるだけでも、まだ良い方だと思っていただきたい。

発掘された品々を目の当たりにすると、それらが埋められた光景が浮かんでくる。
1500年の時が一瞬にして縮まるような気がする。鉄剣や鏡や馬具がしめやかに
埋められてから、あっという間に時がたち、まだ古代の人々の思いがその辺に
漂っているような気がする。

Photo_6

二子山古墳の周囲は湿地帯で、菖蒲畑になっていた。

通りの向かい側にも何基かの古墳があるが、私がどうしても行きたかったのは
「さきたま古墳群」の数には入っていない浅間塚古墳の上にある「前玉神社」だ。

Photo_7

少し距離があるが、鉄砲山古墳の脇を歩いて神社に向かう。
古墳の脇には農家の「トマト直売」の看板があった。古墳とお隣同士って感じ。

Photo_8

「前玉神社」は千数百年の歴史をもつと言われている。
ご祭神は前玉彦命・前玉姫命の二柱の出雲系の神様。本殿に上がる途中には、
木花開耶姫命(コノハナサクヤヒメ)を祀る「浅間神社」がある。まずここで
参拝した。

Photo_9

前玉神社へは急な階段が続いていた。歩き回ったり上ったりして足が相当くたびれ
いたので、この階段を上がるのは無理と判断し、階段下で参拝だけした。

Photo_10

境内には浅間神社の他に菅原道真公と恵比寿様も祀られていた。
なんとなく少彦名命の気配を感じるな~。

暑い日だったけど、熱中症にもならず、無事帰宅の途につくことができた。
大宮で降りて「武蔵一宮氷川神社」に行きたかったのだが、全長2㎞の参道に
恐れをなし、電車のなかでぐったり居眠りしながら上野まで直行したのだった。

(写真をクリックすると拡大します)

« さきたま古墳群(1) | トップページ | スマホ買い替え »

旅・国内」カテゴリの記事

コメント

さきたま古墳群は登ることが出来るんですね。でも暑い夏には遮るものがなくて本当に熱中症が心配です。本当にお疲れ様でした。
写真をみて思い出したのが西安の始皇帝の墓です。登れる公園の用意なっているのだとか。
関西の古墳では明石大橋を眺めることが出来る五色塚古墳に行ったことがあります。ここで夏に薪能が行われてます。なぜか地元の古墳より始皇帝の墓を思い出すのでしょうか(*´v゚*)ゞ
しかし、神社の階段って1段が大きくないですか?下で見上げて行かないこと多いです。

HANAさん、私も登れる古墳といえば、秦の始皇帝陵を思い浮かべます。
まず階段の数が多い。保存技術が確立するまでは発掘しないということなので、謎に満ちている。史記には「陵墓の中は水銀で満たされている」と書かれていて、最新機器で検査したら、実際に水銀が感知されたとか。つまり史記に書かれたことは本当らしいんです。

厳重に密封されていたから、盗掘にもあわずにきたんでしょうが、そう聞けばますます興味がわいてきます。でも当分発掘しないということなので、この目で見ることはできないでしょう。まあ他にも中国には未発掘の遺跡や史跡がゴマンとありますしね。私の当面の関心は、曹操の墓です。こちらは、もうすぐ公開されるでしょう。

始皇帝陵の内部を見ることはできないけれど、登ることができるので、私もエッチラオッチラ登ってきました。てっぺんには安っぽい記念撮影用ハリボテがおいてあって、まるでデパートの屋上みたいでした。見晴らしは良かったですけどね。

五色塚古墳の名前は聞いたことがあります。日本にはコンビニより多くの古墳があるんですって。神社の階段は急こう配で石造りのものが多いですね。無理は禁物なので、ふもとで参拝することにしています。

さきたま古墳群も 行ってみたいと 思いつつ
行かずじまいに なっている ところです。
こうしてみると おもしろそうな ところですね。

わたなべのもとさん、ぜひ「さきたま古墳群」に行ってきてください。

昔から、何となく遺跡や古墳が好きだったんですが、最近ふとしたことから古代日本に関心を持つようになり、関連の本も何冊か読んだので、古墳に対する知識が少し深まりました。やっぱり知識のあるなしで、印象がだいぶ違いますね。

JR行田駅前からコミュニティバスが出るんですが、本数が多くないので、駅前の中華料理点でお昼を食べながら時間待ちしました。市内や古墳公園近くのほうが、飲み食いする場所は多いようです。

そうそう、古墳公園の近くに大型スパのような施設がありました。あれは観光客向けなんでしょうかね~?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« さきたま古墳群(1) | トップページ | スマホ買い替え »