無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 東京メトロ1日券の旅(1)渋谷~国立新美術館 | トップページ | 年間パスポート »

2014/05/24

東京メトロ1日券の旅(2)東博で古代日本にふれる

国立新美術館で疲労もピークに達していたので、上野では「東京国立博物館」
(トーハク)だけにした。

皇居お濠端に建つ「国立近代美術館」だけでなく、同じ上野公園内にある「国立
科学博物館」」と「国立西洋美術館」も断念して東博だけに絞ったのは、閉館
時間が分からなかったのと、「日本の考古展示室」をじっくり見たかったから。
(こうしてみると、めぼしい無料ミュージアムはほとんどが国立だな)

Nec_0026_2

東京国立博物館本館の脇には、「キトラ古墳壁画展」入館待ちの長い列ができて
いた。この長蛇の列は私が帰る時もまだあったから、その人気ぶりがわかる。
(この日の閉館時間は7時だったので、5時半までいた)
特別展はふつう「平成館」を使うのだが、同じ時期に「栄西と建仁寺」展が開催
されていたので、本館になったのだろう。壁画だけなら、そんなに広い展示場は
必要ないしね。

Nec_0032_2

無料入館の常設展は待つこともなくスイスイと入ることができた。まず2階で
開催中の「日本美術の流れ展」を見る。最初が新潟県長岡市で発掘された「火焔
土器」だった。火焔土器はおもに新潟県地域で発掘されていて、十日町博物館に
ある火焔土器群は国宝に指定されている。

Nec_0031_2

つぎに目に入ったのは遮光器土偶だった。ここに展示されていたのは、宮城県で
発掘されたもので、青森県津軽半島で発掘された「しゃこちゃん」は「考古展示
室」の方にある。

Nec_0048_2
(しゃこちゃん)

本館の展示をひととおり見てから、渡り廊下を歩いて平成館に行った。この入口に
あたるところに、「日本の考古展示室」があるのだ。東博に行ったら必ずここに
足を運ぶことにしている。目立たない場所にあるからか、いつも空いているが、
この日は博物館の日ということもあってかなりの人がいた。

Nec_0047_2

旧石器時代から始まり縄文、弥生、古墳時代へと、年代順に発掘品が並んでいる。

Nec_0044_2

この日最大の目的は「ヤマト王権」の時代だ。

Nec_0049

前日に「ヤマト王権」(岩波新書)を四苦八苦しながら読み終わったばかり。
「出雲と大和」から始まり「古代国家はいつ成立したか」「ヤマト王権」と、
日本の古代関係本は3冊読んだが、固有名詞がますます複雑になって、頭は混乱
するばかりだ。

Nec_0050
(石上神社所蔵の盾の写真を撮ったあとで、撮影禁止マークがついているのに
気付いた。そういうわけで、写真はアップできません)

そんな状態で見た発掘品の数々は、イメージ作りに役に立った。
説明文も、「ヤマト王権」で脳が沸騰しそうになったばかりだったから、とても
分かりやすかった。子どもにも理解できるように書いてあるからね。

今週はテレビでも「BS歴史館、古代史ミステリー」の再放送があったので、
しっかり録画をしておいた。「ヤマト王権」の著者、吉村武彦さんも出演して
いた。面白くて興味深い番組だった。いろんな人がいろんな意見を言う。
そして新たな遺跡発掘で大どんでん返しの結論になったりする。
古代史はまさにミステリーだ。

本でも番組でも大きく取り上げられていたのが「埼玉稲荷山古墳」だ。
まずは近場のこの古墳群に行ってみようと思っている。

« 東京メトロ1日券の旅(1)渋谷~国立新美術館 | トップページ | 年間パスポート »

東京散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京メトロ1日券の旅(1)渋谷~国立新美術館 | トップページ | 年間パスポート »