無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 東京駅周辺で | トップページ | 錦糸町の近況 »

2014/05/05

武蔵御嶽神社

GW後半スタートの5/2(土)、一念発起して御岳山に向かった。
目的は「武蔵御嶽神社 」でお参りしてくること。

この神社の本殿には、我ごひいきの神様「少彦名命」が祀られているのだ。
妹の住まいが近くなので、一緒に行くつもりだったのだが、足の状態が悪いと
いうことで私一人で行くことにした。姪が登山なら案内すると言うのだが、私の
目的は登山ではなく神社参拝なのでひとりで大丈夫と断った。

御嶽神社(みたけじんじゃ)のある御岳山は東京都青梅市にある。
青梅大祭の最終日なので、混雑は覚悟していた。
それにしても凄い人出だったなあ~。

Nec_0006
(青梅駅ホームは登山ルックの人があふれていた。脚立に腰かけてカメラを構えて
いるこのおじいさん、危ないな~)

東京駅から青梅特快で終点の青梅駅まで行き、奥多摩行に乗り換えて御嶽駅で
降りる。

Nec_0090

御嶽駅からケーブルカーの駅までバスに乗る。バス乗り場はどこまで続いているか
わからないほどの長蛇の列。来る人来る人が「わ~っ、何だこの行列は」と驚きの
声をあげていた。

バスを降りた所からケーブルカー乗り場まで急な坂になっていて、ふうふう言い
ながらまた行列に並ぶ。もう少し上にバスを止めてくれればいいのに。

Nec_0084
(帰りに撮ったケーブルカーと窓からの風景)

Nec_0087

6分ほど乗って御岳山駅に到着。駅前の地図をじっくり見る。駅前から神社まで
舗装された参道が続いていて、道に迷う心配はなさそうだ。

Nec_0008

でも舗装されているとは言ってもそこは山道、途中から急坂になって辛い。岩や
手すりにつかまって、「急がない、急がない」と自分に言い聞かせて登る。

Nec_0016

参道の途中に集落があった。

Nec_0072

この茅葺屋根の古い住宅は「馬場家御師住宅」、今も馬場さんがお住まいになって
いる。御師(おし)というのは神主さんのこと。

Nec_0079

集落には御師が営む宿坊がいくつもあった。道筋には御嶽神社を参拝した講の
石碑がずらっと並んでいた。

Nec_0021

樹齢1000年の神代ケヤキ。国の天然記念物。道が急な坂なので、写真を撮るのが
こわかった。

Nec_0020

途中の茶屋で甘酒を飲んだ。これが滋養たっぷりで美味しかった。

Nec_0030

やっと神社に続く石段までたどり着いた。でもここからが大変。途中何度も休み
ながら一歩一歩上がる。

Nec_0032

Nec_0026

ついに神社の大鳥居が見えてきた。手水舎の前も人だかりしていた。

Nec_0039


本殿でお参りしてから、玉垣内の数多くの摂社末社をお参りして歩く。お参りと
言っても、簡単に手を合わせるだけだけど。

Nec_0041

Nec_0046

武蔵御嶽神社は、お犬様(日本狼)をお祀りしている「大口真神社」があるので、
ワンちゃん連れの参拝客も多い。ケーブルカーにはペット同伴用入口があるし、
ペットの運賃もある。

Nec_0051

御岳山山頂929米と書かれている。展望台のようになっていて、深い杉林の向う
には遠くの山なみも見える。

Nec_0055

Nec_0081

風はひんやり涼しく、水道水は冷たかった。どちらも澄んでいるって感じがした。

Nec_0067

大鳥居近くの茶屋でおそばを食べた。お通しの刺身こんにゃくが美味しかった。

Nec_0064

参拝を終えてまた石段をそろそろと降りる。

帰りは途中下車して妹&姪と食事をした。こんな時にかぎって青梅駅で東京駅直通
特快に乗ることができたりするのだ。ついているんだか、いないんだか。

ともあれ、念願かなって良かった。

« 東京駅周辺で | トップページ | 錦糸町の近況 »

旅・国内」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
片道1時間ぐらいかかるのですか?
私が昨秋木曽の御嶽山お参りしましたが、御嶽さんはみな同じなんでしょうかねぇ?

御師って、今年のNHK大河ドラマ官兵衛でも登場しますね。
あちこちの神社でそのお札をさずけ講みたいなのを全国に広めて行ってたのでしょうか。
スミマセン、質問ばっかりで。

ケーブルカーに乗ってもお参りするのは大変そうですね。でもその分御利益があるのではないでしょうか。でもお天気が良さそうで今の季節はお参りするのには良い気候だったのではないでしょうか。妹さんも今度一緒にお参りできたらよいですね。

ulalaさん、ふくらはぎが筋肉痛で歩行困難状態ですbearing

ケーブルカーの駅前から参道が続いていて、パンフには徒歩25分と書いてあるんですが、途中のビジターセンターで聞いたら「ここから30分」と言われました。坂道になるので、そんなにサッサと歩けないでしょうって。
でも1時間はかからなかったと思います。

御師については、富士山が世界遺産になったとき知りました。富士講の御師住宅が構成遺産になっていましたからね。インターネットで調べたら、御師というのは平安時代から各地にあるようですね。熊野御師が有名だったとか。伊勢神宮の場合は、「おんし」と言うのだとか、書いてありました。講には「無尽講」とか「頼母子講」などもありますから、クラブみたいなものなんでしょうかね?

ちなみに、こんな文章もありました。(↓)

「御岳山は、中世より修験者(しゅげんじゃ)の行場として開かれた。修験は、奈良の吉野で役行者(えんのぎょうじゃ)を開祖とする山岳信仰を中心とした仏教の一派で、その行者を修験者や山伏などといい、山中で荒行を積み、自己研鑽に励んできた。御嶽の御師の祖先の多くは、そうした修験者であったと考えられ、江戸期になり講を組織し、一般民衆への布教活動を行い始めたといわれている。」

HANAさん、時差ボケ、少しは回復したでしょうか?

御岳山はこの冬大雪で孤立状態になっていたんですが、行ってみて納得しました。もともとは修験の地だったわけですから、ウォーキング気分で行くところじゃなかったですわ。でも私が歩いたコースは、もっとも楽な御嶽神社往復でしたけど。

ところで、素敵なスケッチ画が満載のこの(↓)サイトに、マンホール特集もありますよ。

http://www.eonet.ne.jp/~kishimoto-sketch/

この方は関西が拠点のようですが、御岳山と馬場家御師住宅のスケッチもあります。こんな才能がある人が羨ましいです。

素敵なサイトの紹介ありがとうございます。
舞子公園のスケッチが最新のもので見慣れた風景が素敵に描かれてました。マンホーの写真コレクションも面白かったです・

時差ボケが何だか抜けません。時差ボケなのか疲れなのか。だんだん歳をとるにしたがって旅も難しくなってきます。

HANAさん、舞子公園のスケッチ、雰囲気がいかにも神戸らしくて素敵ですね~。こんな才能があったら、いろんな場所に出かける楽しさがいっそう強まるでしょう。マンホールコレクションも、その土地土地の個性があって面白いです。これぞといったマンホールを見つけたら、画像を送りたくなりますわ。

時差ボケは年齢とともに重くなりますね。それから気候にも影響を受けるようになりました。最近は気候変動で予測つかないことが多いです。日本ならすぐ帰宅できても、海外ではそういうわけにいきません。
寂しいけれど、だんだん海外一人旅が難しくなりますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京駅周辺で | トップページ | 錦糸町の近況 »