無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 後楽園散歩 | トップページ | 東京メトロ1日券の旅(2)東博で古代日本にふれる »

2014/05/23

東京メトロ1日券の旅(1)渋谷~国立新美術館

もうすぐ使用期限切れになる「東京メトロ1日券」があったので、先週の日曜日
私としては早起きして半蔵門線に乗った。とくに目的というのはなかったが、
半蔵門線の終点が渋谷なので、とりあえず変貌著しい渋谷まで行くことにした。

ところが、車内でノンビリと駅のインフォメーションセンターでもらったパンフを
見ていて、その日5月18日が「国際博物館の日」だということを知った。
さっそくスマホで調べてみると、いくつかの博物館が入館無料となっているでは
ないか。なんというグッドタイミング!スマホもたまには役に立つ。

というわけで、目的は博物館めぐりになった。
行きたい博物館は沢山あったが、欲張ると体力消耗しただ疲れるだけで終わって
しまうので、六本木の「国立新美術館 」とミュージアムが集中している上野に
ターゲットを絞った。竹橋にある「国立近代美術館」も候補に入れておこう。

Nec_0007

そうこうしているうちに渋谷に到着した。
前々からごちゃごちゃして訳が分からない駅だったが、ヒカリエが完成しますます
訳が分からなくなった。しかもまだ大工事が進行中なのだ。

Nec_0008

じ~っとマップを眺めて、以前の渋谷駅周辺を思い浮かべる。「昔のあのビルが
今こうなった」と関連付けないと、土地勘が戻ってこないのだ。

Nec_0009

ハチ公前の広場は何かイベントもやっていて相変わらずの大混雑。渋谷にあまり
詳しくない人はこんなところで待ち合わせすべきでないと、いつも思う私だった。

Nec_0011

むかし、むかしのことだが、電車の中で隣にいた若いカップルが来週の待ち合わせ
場所を話し合っていた。「それじゃ、新宿のハチ公前にしようか」と男の子が言う。
有名だから間違わないというのだ。「わかった。新宿のハチ公前ね」と女の子は
確認して電車を降りて行った。

その会話を聞いて私は悩み続けた。(ちなみに、まだケータイもない時代のこと)
「あの~、ハチ公前は新宿でなく渋谷ですよ」と言うべきかどうか。でも悩んで
いるうちに、女の子は電車を降りてしまったのだった。
「ま、何とかなるでしょ」と私は気持ちを切り替えた。

Nec_0017
(いつも同じものを食べているような気がする…)

渋谷から普段めったに乗らない「副都心線」で池袋に行く。朝ごはんが早かった
のでお腹が空いてきた。新宿は行く機会が多いのでパスして池袋でブランチする
ことにした。でも日曜日の駅周辺は人の波で、けっきょく飯田橋に行って駅ビルの
タイ屋台料理店でランチを食べた。

Nec_0022

飯田橋で千代田線に乗り乃木坂駅へ。国立新美術館はこの乃木坂駅と連結
しているので、お天気が悪いときには六本木駅よりこちらの方が便利だ。

Nec_0019

ここで開催中の展覧会のうち、「中村一美展」と「イメージの力-国立民族学
博物館コレクションにさぐる」を見た。「国立民族学博物館」(みんぱく)は
大阪万博記念公園にある。素朴でパワーあふれる世界各地の民芸品には、圧倒
された。現代アートも真っ青だわ。

それから「東京ミッドタウン」の中を通り、日比谷線の六本木駅から上野に直行
した。足はもうすでにクタクタで、久しぶりの六本木だったがぶらつく気には
なれなかった。

« 後楽園散歩 | トップページ | 東京メトロ1日券の旅(2)東博で古代日本にふれる »

東京散歩」カテゴリの記事

コメント

民族博物館ができた頃文化人類学に興味あったので数年間会員になってました。
去年春、久しぶり万博公園にある民族博物館訪問しました。
何十年と月日が過ぎて、自分自身の海外渡航先も増えてて、興味深く見学できました。

人は全く知らないものをヘェ〜と感嘆して見るのと、
ちょっとは知ってる、あるいは行ったことがあるのとは、見方に差が出るもんだとつくづく実感。

歴史博物館や考古学博物館も少しは下地が必要ですね。

ulalaさん、本当にそうですよ。知識や関心があると、対象に対する理解度が違ってきます。漫然と眺めているだけでは、見ているようで見ていないですからね。

民博は名前だけ知っていましたが、いや~なかなか面白くて、それに何でも楽しむ大阪的な雰囲気があるような気がしました。生活のために作られた品々が、アート作品顔負けの美しさと迫力を持っていて、ビックリしました。名もない庶民のエネルギーって凄いですね。

東博の考古展示品も、古墳やそこから発掘された副葬品などが、古代史ミステリー関係の本を読んだ後はぐんと身近に感じられました。どんな人がそこに住み、どんな暮らしをしていたんだろうと、いろいろ考えました。

5月18日が「国際博物館の日」でいろいろなイベントや無料開放があるなんて知りませんでした。知っていたら行っていたのに。兵庫県にもいくつも参加施設があったみたいですね。来年はぜひ。でも最近物忘れがひどいので忘れてしまうかも。
11月に「関西文化の日」というイベントがあってこの時は様々な施設が無料になるのですが毎年終わってから気が付くんです。
先週六本木に行ったので駆け足で国立新博物館に行ってみんぱくの展示を見てきました。万博公園はうちから遠くて1,2回しか行ったことありませんが、ベルリンで行った博物館の展示物に似たものが沢山あって楽しめました。大阪より六本木の方が行きやすいってsweat01

HANAさん、「国際博物館の日」のことは、メトロの駅でたまたま手にしたパンフに載っていたんです。そのパンフを見なかったら、きっと知らずに1日過ごしちゃったでしょう。ラッキーでした。

大阪より六本木の方が行きやすいって、頻繁に東京はじめ日本各地に足を運ぶHANAさんならではですね。大阪よりベルリンの方が行きやすい、なんてこともあるかもしれませんね。

万博公園といえば、岡本太郎を連想します。今、川崎市の「岡本太郎美術館」で太郎が写した縄文火焔土器の写真展をやっているらしいんです。行きたいと思っているんですけど、なかなか実現しないんですわ。川崎も遠い…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 後楽園散歩 | トップページ | 東京メトロ1日券の旅(2)東博で古代日本にふれる »