無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 藤沢周平の江戸を歩くー洲崎神社 | トップページ | 藤沢周平の江戸を歩くー洲崎神社からの帰り »

2014/04/03

花散らしの雨

「花散らしの雨」という言葉がぴったりの、近所の小さい公園風景。

Photo

満開の桜がとても白いのが気になった。昔はもっとピンクだったような気がする。
でも、雨にうたれてしっとりした桜の花びらは、うっすらと桜色に染まっていた。

(写真をクリックすると拡大します)

« 藤沢周平の江戸を歩くー洲崎神社 | トップページ | 藤沢周平の江戸を歩くー洲崎神社からの帰り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

桜の絨毯きれいです。
散る桜も風情あり、日本人は木に残るのも散るのも含め全部が好きですね。

ulalaさん、今日夕方はいきなりの嵐でした。しばらくビルの中にいたら雨も上がったので、桜の絨毯を踏みながら帰ってきました。必ず通る公園なので、毎日行き帰りに桜の移り変わる様子を眺めています。これが私のお花見ですわ。

桜が咲く季節はお天気が変わりやすいから桜を入れたお天気を表す言葉が多いですね。

花散らしの雨って綺麗でしっとりした感じがします。
花曇りとか花冷えとか桜吹雪とかの言葉で春の天候の不順さ雨とか寒さとか風が吹く感じを日本人は感じて言葉にしたのでしょう。

花びらの絨毯が地面に敷かたようになって感じが出てます。
こちらも今日は花散らしの雨です。

HANAさん、日本語には擬音語や情景を表す単語の数がとても多いですね。それだけ繊細なんでしょうか。
短歌や俳句が好まれることとも、関係していると思います。短い言葉からイメージを浮かべる伝統があるんでしょうね。

今日は東京も荒れ模様のお天気でした。雪が降ったところもあるようで、お花見の季節とは思えません。寒さにめっきり弱くなってしまったので、早く暖かくなってほしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 藤沢周平の江戸を歩くー洲崎神社 | トップページ | 藤沢周平の江戸を歩くー洲崎神社からの帰り »