無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 藤沢周平の江戸を歩くー洲崎神社からの帰り | トップページ | まだまだ桜 »

2014/04/09

出雲と大和

出雲と大和(村井康彦著・岩波新書)を読んだ。3割くらいしか理解できなかった
けど。

邪馬台国は出雲勢力の国で、奈良盆地にあった。(著者は纏向遺跡ではなく、
唐古・鍵遺跡だと言っている)
卑弥呼亡きあと国力が衰えたところに、九州から一大勢力が侵攻(神武東征)
してきて「大和朝廷」を打ち立てた。

そういう要旨だと思うが、何しろ固有名詞が難しすぎる。神様も神社名も地名も、
いちど読んだだけでは、とても頭に入ってこない。二度、三度と読めば、少し
ずつ理解できるだろうけど。

大神神社が重要なキーポイントになっている。
なぜ大神神社の祭神が出雲系の大物主神(大国主神)なのか。

著者は若い頃からカメラを肩に全国を歩き回り、「地域の社を訪れたときは必ず
祭神を調べるべし」という教訓を得たという。
無学な私でも、神社は歴史を知っていると思うことがある。

そうやって各地の神社を訪ね歩き、新事実を発見していく様子は、まるで謎解き
推理小説のようで、3割程度の理解度であっても面白い。

著者は、卑弥呼が「魏王より与えられた鏡」という付加価値をつけて、多数の
三角縁神獣鏡を国内で鋳造し、諸豪族に与えたのではないかという。
そのヒントとして、奈良県田原本町の「鏡作神社」(鏡作坐天照御魂神社)の
存在をあげている。
田原本町には他にも三社の鏡作神社が現存しているのだとか。
興味深い神社だな~。行ってみたい。

ネットで検索したら「唐古・鍵遺跡」は鏡作神社がある田原本町にあるようだ。
埋め戻して水田になっているので、遺跡の姿はわからないが、ここで弥生時代
最大級のヒスイの勾玉が出土しているらしい。
その頃から糸魚川と交流があったなんて、すごい。

ますます行ってみたい。

« 藤沢周平の江戸を歩くー洲崎神社からの帰り | トップページ | まだまだ桜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昔の人の名前や地名、神社名、神様ってどうしてこんなに難しいんでしょうね。若いころは邪馬台国などを舞台にした小説など読んでも理解できていたのに今や私はなかなか名前が覚えられなくて手を付けられないです。

大神神社すぐそばまでこの間行ったんですよ。田原本町も近くを通過したかも。奈良はあちこちに由緒あるところがあって立ち止まっていたら時間がいくらあっても足りません。一つの神社仏閣をゆっくり見ているだけでも大変ですから。

ぜひ来て大和のまほろばを巡ってみてください。

HANAさん、関西旅行のとき頑張って大神神社まで足を運びました。本当に行って良かったです。

でも新事実(←私の知識が増えたってことですが)がわかったので、また行かなくちゃと思っています。三輪山には上らなかったし、纏向遺跡は熱中症と雷を恐れて途中で引き返してしまったし‥…神社や史跡めぐりは体力勝負ですね。この次はぜひ田原本町です。鏡作神社と唐古・鍵遺跡はこの目で見てみたいです。

神社にはまったら奥が深くてキリがないけれど、その分楽しみも増しますね。ところでHANAさんがはまっている国盗りは、大和とは関係ないんですか?

何度も奈良行ってますけど、田原本町のある下つ道は行ったことないです。
いつも大神神社へは天理から上つ道を通ります。
昨夏買ったホンダのNーONEは軽なので小回りきいてフットワークもめちゃ軽い。
何よりもナビが賢くて安心して知らないところへ行けるようになりました。
奈良の神社廻りは足の便悪いですから、アッシー君つとめさせてもらいますよ。
お気軽にお申しつけ下さい。
私も最大の勾玉が出土したときくと興味津々です。
私は糸魚川行きたいなぁと思ってました。

ulalaさん、難解すぎる固有名詞を少しでも理解しようと、ulalaさんのブログの「古代史ミステリー」のカテゴリーを拝見しました。でもそもそも固有名詞が頭に入っていないので、どれが関連するかわかりませんでした。興味をもって学習していけば、いつかスンナリ読めるようになるかしら。

アッシーさんのお話、有難うございます。たしかに車があれば便利この上ないでしょうね。ところが私は車に弱いのです。妹と杭州旅行に行ったとき、初日は西湖周辺を歩き回り妹が疲労でダウンしたのですが、その後車で孔明の子孫の村に行き、今度は私がダウンしてしまいました。妹から「車のほうが疲れるなんて聞いたことない。歩くほうがずっと疲れるでしょ」と言われましたが、人それぞれ体質ってものがあるんだから、仕方ないですよ。

もっとも私は「鉄道&散策」が好きなので、それほど不便に感じてはいないんですけどね。

私の大和行きは未定ですが、ulalaさんにはぜひ鏡作神社に参拝していただき、感想などを聞かせてほしいです。唐古・鍵遺跡は、田んぼが広がっているだけで、わざわざ見に行くほどではないようですが。

糸魚川は列車で通過したことはあるんですが、まだ降りたことはないんです。新潟の妹の義妹が住んでいるので、いつも行きたいと思っているんですが、まだ実現していません。3月にまとまった休みがとれたんですが、寒すぎて旅行どころではなく、東京でグータラしていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 藤沢周平の江戸を歩くー洲崎神社からの帰り | トップページ | まだまだ桜 »