無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014/03/31

藤沢周平の江戸を歩くー洲崎神社

認知症予防のためには好奇心を持つと良いらしい。しかし好奇心を持つためには、
それを掻き立ててくれるような、何らかのキッカケが必要だ。

これまで何十年も暮らしてきたというのに、地元についても江戸時代についても
知識や関心がなかった。それが「ブラタモリ」に触発されて周囲を見廻してみたら、
味もそっけもない町だと思っていたところに物語が詰まっていたのだ。
とくに時代劇や時代小説の舞台になっていることが多い。

時代小説もいろんな効用があるもんだわ。

最近の私の「お気に入り」は藤沢周平だ。小説には剣の達人でありながら不遇な
日々を送る浪人や下級武士がよく登場する。それがまたカッコいいんだよね~。

もちろん裏店長屋で暮らす町人たちも描かれている。藤沢の小説には両国橋や
本所深川一帯がよく出てくる。金のない浪人や町人が主人公だから、当然そう
なるよね。江戸城の近所なんてわけないもの。

藤沢周平は業界紙の編集長だったころ、印刷を頼んでいた墨田区緑一丁目の会社
周辺をよく散歩したという。両国橋、堅川、南割下水(現北斎通り)などがあり、
藤沢作品の舞台になっている地域だ。
江戸切絵図を見ながら小説の構想を練っていたのかな。

短編「入墨」には、堅川べりの裏店でともに育った若い二人が洲崎神社に行き、
波除碑を見ながら津波の恐ろしさを話す場面がある。

さっそく江戸切絵図を開いてみると、ちゃんと洲崎神社が載っている。現在の
地図にも載っている。

そうだ、今度お天気の良い日に洲崎神社までウォーキングしようと、咄嗟に決めた
のだった。

前置きが長くなったが、そういうわけで、先週の金曜日、自宅から木場駅の方に
向かって大横川沿いをウォーキングした。

Photo

その日だか前日だかに東京の桜の開花宣言が出されたばかりで、大横川の桜は
まだ1分咲き程度だった。でも日差しが暖かったから、土曜から日曜にかけて
満開になっただろう。

大横川も墨田区の一部と江東区部分は川として残っている。でも墨田区側は埋め
立てられて大横川親水公園となり、スカイツリーのある業平橋まで続いている。
今回は下流の江東区を歩いて行く。

Nec_0085

ふん、ふん、橋ばっかりだな。

Photo_2
(大横川と小名木川が交差するところ)

橋の工事中で川岸を歩けないところも多かった。どこもかしこも工事中だ。

Nec_0042

東京都現代美術館の裏門(北側)に出た。美術館に寄ると疲れてウォーキングが
できなくなるので、入らないことにする。

ここから目指す木場駅近くまで、緑豊かな「木場公園」が広がっている。

Photo_3

木場公園の途中からまた大横川の川べりを歩くと、河津桜の並木に出会った。
もう散りかけているけれど、鮮やかな紅色の花びらが小道を飾っていて、きれい。

Photo_4

広大な木場公園がきれると、もう木場駅は近い。「洲崎神社」は木場駅からすぐの
ところにあった。

Photo_8

波除碑は、震災と戦災の被害を受けて、文字などよく読めない。被害がなくても
読めないだろうけど(^^;)(昭和17年に東京都指定有形文化財に指定された)

Photo_10

幕府は津波対策に空地を造ったり、火災の延焼を防ぐために日除け地や広小路を
造ったりと、けっこう頑張っていたんだな。

2014/03/29

面倒くさいが気になる通信の料金

携帯電話会社のキャッシュバックが問題になってるというニュースを読んだ。
短期間で乗り換えを繰り返し、半年で50万円ゲットした人もいるという。

料金システムがさっぱり理解できない私は、それを聞いてびっくり仰天した。
面倒くさくて10年以上もドコモに入ったままだ。
スマホはもっぱら写真とメールで使うだけの私には、あまり関係ない話題なの
かもしれないが、このキャッシュバック分で毎月の料金をもっと安くしてほしい。

私の現在の通信環境は、nifty光フレッツ+ひかり電話(ほとんど使わないのに
毎月5,725円とられる)+ドコモ(こちらも一番安いパケットに入っているが、
8,000円くらいになる)だ。スマホをSonyのXperiaにしたいと考えているが、
当面困っていないので今のところ旧スマホを使っている。

新しいスマホに買い替えるとき、思い切ってドコモからauに変更しようかとも
考えているが、なかなか思い切りがつかない。マンションにJ-COMのケーブルが
入っていて、auとのセット料金もあるようだ。やっぱりお店に出向いて聞いて
みるしかないかな。でも面倒くさいな。

Open

(↑消費税アップ前の駆け込み工事がいたる所で行われている。
4月1日からリニューアルオープンするというお知らせ。安いカフェができるといいな。
それにしても「今週末にオープンすれば駆込み需要があったのに」と思うのは、
私だけじゃないだろう)


2014/03/24

日曜日はスタンプラリー

お天気が良くなったら春分の日頃「御岳山」に登って(もちろんケーブルカーで)
御嶽神社にお参りに行きたいと思っていたが、御岳山は豪雪の影響でとても登れる
状況にないらしい。

4月以降は休みが取りづらくなるので、できたら3月中に行きたかったんだけど、
仕方ない。寒いし花粉も飛んでいるので、外歩きに最適とも言えないしね。

昨日の日曜日は「すみだまち歩きスタンプラリー」をするというので、ウォー
キング目的で廻ってきた。

Nec_0001

まず錦糸町駅前でスタンプ用紙をもらってスタート。両国に向かう。

Nec_0008

両国では「駅弁」が美味しそうだったが、お昼を食べてきたので眺めるだけに
した。

Nec_0011

両国国技館あたりは江戸幕府の「御竹蔵」があったところ。

Nec_0010

国技館の正面玄関のところにこんな高札があった。

Nec_0013

両国から本所吾妻橋を通って業平橋へ。よく見ると「オリンピック記念」と書いて
ある。記念に業平橋を造ったわけじゃないよね?スカイツリーの反対側にあるので、
こんな文字には気づかなかったな。

Nec_0015

Nec_0017

浅草通りを少し歩くと「みりん堂」(おせんべい)があり、その脇の道をちょっと
入ったところに「鬼平高札」が立っていた。

Nec_0018_4

この高札の斜め向かいに風情ある「足袋屋」さんがあった。こちら側はあまり歩か
ないから知らなかったわ。

Nec_0020_4

「おしなりくんの家」でスタンプをもらい、信号を渡ってスカイツリーへ。

Nec_0022

Nec_0025

北十間川に面したスカイツリー前広場でスタンプラリーは完了した。もらった
のは「あづちゃんのストラップ」ひとつ。まあウォーキングが目的だから、何でも
良いけどね。同じ広場で「富山県砺波市のチューリップ」紹介していて、ここの
スタンプ処の景品はチューリップだった。チューリップの方が良かったな。

Nec_0026

お天気に恵まれた日曜日だったので、スカイツリーの混雑はハンパじゃなかった。

2014/03/21

春は名のみだ

今晩8時からBS4チャンネルで放映していた「ぶらぶら美術・博物館」のブリ
ジストン美術館編で、思いがけずザッキンという彫刻家の名前を聞いた。

ザッキンという人は、ついこのあいだ、佃島にかかる中央大橋を渡ったとき見た
「メッセンジャー」の作者だ。今まで知らなかった人だが、検索したばかりだった
ので、その名が記憶に残っていた。

ザッキンは、1920年代のパリで活躍したロシア系ユダヤ人彫刻家で、同じくパリに
いた藤田嗣治と交流があった。2人は貧しかった時代をともに過ごした親友同士
だった。ザッキンの結婚式の立会人は藤田だったとか。

橋の上からだと、メッセンジャーは背中しか見えない。前から見てみたいなあ。

今日は春分の日だが、まさに「春は名のみの風の寒さ」だった。

Photo
(三越本店にて。越後屋、おまえもワルよのぉ~という時代劇の決まり文句を
もじっている。どうしてワル(悪)といえばいつも越後屋なのかしら…^o^;)

春分の日ごろ錦糸町駅前で夕日が美しいと聞いたので、夕方5時ごろ歩道橋から
眺めたが、まだお日さまはだいぶ高かった。もうちょっと辺りが暗くならないと、
きれいな三丁目の夕日にならないな。(駅前はちょうど三丁目なのだ)

Photo_2
(駅南口の歩道橋から京葉道路を写す)

もう少し待てばいいんだろうが、寒くて待つ気になれなかった。

Photo
(翌日の5時半過ぎ)

先週の土曜日たまたま駅の北口を通ったら、夕日が道をオレンジ色に染めていた。

1

北口の路地裏で子供が遊んでいた。

Photo_3

北口の前にある北斎通り(時代小説でおなじみの南割下水)

この辺りは道が碁盤の目状で真っ直ぐなので、どの道からも夕日を眺めることが
出来る。江戸時代の人達も夕日の美しさに見とれたのかな。

2014/03/19

江戸切絵散歩のつもりで佃島(2)

佃島から中央大橋を渡る。この辺りの湾岸地域は超高層マンションが次々と建ち、
とくに東京五輪決定後は人気沸騰でマンション価格も高騰しているらしい。

Photo

中央大橋の歩道は広々としている。隅田川や荒川・江戸川といった大河にかかる
橋は、風が強いと恐いが、これくらい歩道が広いと安心して渡ることができる。

Photo_2

橋の真ん中あたりに「メッセンジャー 」という像がある。あいにく川の方を向いて
いるので、どんな銅像なのかわからない。

Photo_7
(佃島対岸の隅田川テラスから、中央大橋をみる。メッセンジャーもちょっと見える)

Photo_3
(平日なので近隣のサラリーマンが雑談していた。向うに見えるのは永代橋)

中央大橋を渡った先は八丁堀だが、空模様も何とか持ちそうなので、隅田川川岸を
次の永代橋まで歩くことにした。隅田川の川岸はずっとテラスが続いている。
似たようなコンクリートの遊歩道でちょっと味気ないが、道に迷うこともなく、
信号待ちをすることもなく、安心して歩くことができるから、ウォーキングコース
としては悪くないと思う。

Photo_4

永代橋は日本橋茅場町から近い。まだ東京の右も左もわからなかった頃、茅場町に
ある証券会社に通っていた。その頃は永代橋も知らなかった。
その後1~2回この橋を渡った記憶があるが、詳しいことは覚えていない。
バスでなら何回も渡っているけれど。

永代橋の対岸は江東区で門前仲町(深川)が近い。こうやって自分の足で歩いて
みると、江戸時代に人々がどう行き来したか、どんなところが賑わっていたかが
わかってくる。日本橋と深川はそんなに離れていないのだ。

Photo_5

江東区側の橋のたもとに「佐久間象山」と「澁澤栄一」に関する説明プレートが
あった。年配の男性がじっくり説明文に見入っている。街歩きしていると、熱心に
街角の歴史案内などを読んでいる中高年に出会う。佃島でも隅田川テラスでも、
そんな年配の街角散策ファンに出会った。

Photo_6

どんよりとしていた空からポツリポツリと小雨が落ちてきたので、地下鉄に乗って
帰ろうと門前仲町に向かって急いでいたら、運よく錦糸町行きの都バスがやって
きた。

錦糸町はお世辞にもリッチな街じゃないけれど、交通の便だけは良いわ。

2014/03/16

江戸切絵散歩のつもりで佃島(1)

池波正太郎の「江戸切絵図散歩」が面白かった。そもそも旅行記とか○○散歩と
いう本が好きなのだが、散歩だけでなくそれに江戸探しの面白さがプラスされる
ので、歩くのが苦にならなくなる。

少し前に「長谷川平蔵が発案した人足寄場」についてのコラムを新聞で読んだ。
「石川島人足寄場 」というのは犯罪者更生施設のこと。
そこで犯罪者に労働を科し、職業訓練をし、賃金の一部を毎月積み立てさせて
出所時に支払い、社会復帰を促した。
30以上もの職種が用意されていたという。当時、世界最先端の更生施設だった
のだ。

今にも雨が落ちてきそうな金曜日、人足寄場があった佃島に足を運んだ。
中央区にある佃島は隅田川の川べりにあり、お江戸日本橋や銀座、築地、東京駅も
近い。

Photo

地下鉄新富町から10分ほど歩くと隅田川に出る。そこにかかっているのが、
「佃大橋」だ。橋のたもとに「佃島渡船」の石碑があった。

Photo_2

佃大橋が昭和38年に完成するまで、300年余りのあいだ佃の渡しは続いた。
隅田川で最後まで残った渡し船だった。

渡し船は知らないが、佃島にはむかし何度か来たことがある。
まだ「大川端リバーシティ」ができる前のことで、ごちゃごちゃした狭い路地が
ある地域だった。

大川端リバーシティができてからも行ったことがある。すっかり様変わりして、
何だか公園みたいな街になったなと思った。

池波正太郎は佃大橋ができたことを嘆いている。でも都心という地理的条件を
考えると、いつまでも渡し船というわけにはいかないだろう。もっと小さい島で、
せいぜい公園くらいしか使いみちがなかったら、渡しが残ったかもしれないが。

Photo_3
(佃大橋の上から見る佃島)

Photo_4

ほんの2~3軒「佃煮屋」が並んでいる。

Nec_0017

隅田川にそって少し歩くと、「住吉神社」の鳥居と石川島灯台のモニュメントに
出会う。この灯台辺りに人足寄場があったらしい。

Photo_5

昔の佃島の空気が漂っていると感じたのは「住吉神社」だった。

住吉という神社名から大阪を連想したが、やはりルーツは大阪だった。

Photo_6

(そう言えば我が家の近所に住吉という地下鉄駅がある。これも関連があるのかと
調べたが、吉という字が縁起が良さそうということでつけた町名で、住吉神社とは
関係ないらしい)

Nec_0040
(隅田川から右手の晴海運河に入っていく船)

神社からまた隅田川に戻り「石川島灯台モニュメント」から川沿いのテラスを
歩いた。スカイツリーが見える。このままテラスを歩いて帰宅できそうな気が
するが、佃島は島なのでどこかで橋を渡らなければならない。

Photo_7
(波がひたひた押し寄せる晴海運河)

地図を見るとよく分かるが、この辺りは川や運河だらけなのだ。日本橋、京橋、
江戸橋など、やたらと橋のついている地名が多いのはそのせいだ。
だから出かけるということは橋を渡るということでもある。

Nec_0037
(中央大橋)

佃島からは「佃大橋」と「中央大橋」が隅田川にかかっている。また隅田川から
東京湾方面に晴海運河が流れていて、江東区深川方面に行く「相生橋」がかかって
いる。歩いて帰るとしたら「相生橋」のほうが近いが、隅田川の橋をぜんぶ渡る
という目的もあるので、中央大橋を渡ることにした。

2014/03/14

「あけぼの」ラストラン

去年たまたまチケットがとれて、上野発青森行きの寝台特急「あけぼの」で弘前に
行った。そのときは、あけぼのの運行が終了するなんて知らなかった。
まだ決まっていなかったのかも。

13s

今にして思うと、「あけぼの」に乗ることができて、ラッキーだったな~。

S

最初はチケットがもう無いと言われたのだが、前日だったか、ふたたび窓口の
人に聞いたら席があるという。それで急きょ行くことにしたのだ。
しかも4人用コンパートメントに私1人だった。4人揃ってキャンセルになった
のかな。

Bs

上野駅にとくべつの思いがある人は、団塊の世代が高齢化するにつれ、どんどん
少なくなるでしょう。今じゃ超特急「はやぶさ」で青森から東京まであっという間
だもの。

それにしても、「ああ上野駅」といい「津軽海峡冬景色」といい、やたらと演歌が
似あう上野駅なのだった。

S_2
(田んぼアートの田舎館村のガードレール)

2014/03/09

街角アート散歩

毎週楽しみにしている「日曜美術館」、今日は93歳の野見山暁治(のみやま
ぎょうじ)だった。その野見山のステンドグラスが明治神宮前駅にあるという
ので、早速見に行ってきた。

地下鉄はお天気も花粉も影響少ないし、おまけにアートをタダで鑑賞できると
なれば、これは是非とも散策コースに入れなくちゃ。

表参道で千代田線に乗り換え明治神宮前駅(原宿)へ。神宮前交差点の改札口に
向かう。エスカレーターで上がると、正面にこんな壁画があった。

2

署名は双雲となっている。書道家・武田双雲さんが書き下ろした書「希望」という
作品らしい。画ではなく書だったのか。

右に曲がってすぐのところに「野見山暁治のいつかは会える 」のステンドグラスが
あった。

3

ステンドグラスだからビビッドな色彩がいっそう際立つ。これを制作したのが
90歳近くになってからというんだから、すごい。長生きする画家って、老境に
入ってますますエネルギッシュになる人が多いなあ。

7

これからは散策目的に街角アートも加えようと思う。時代劇やいろんな史跡巡りの
ついでにアートも見てくれば良いわけだし。

そうそう街角アートといえば、上野駅中央口の大壁画が猪熊弦一郎作だという
ことを、最近になって初めて知った。「猪熊弦一郎」の美術館については、たしか
HANAさんが書かれていたと思う。その時も興味を持ったのだけれど、なにせ丸亀は
遠いので行くわけにはいかなかった。ところが、灯台下暗しというか、こんな
近くに作品があったのだ。

1

もちろん上野駅のこの壁画は何度も目にしていて、記憶に刻み込まれている。
長年馴染んだ風景の一部として、見ればすぐわかるのだけれど、作者名やテーマに
関心を持つことはなかった。

猪熊弦一郎の作品は東京メトロ半蔵門線の三越前駅ホームでも見られるという。
この駅は錦糸町から四つ目と近く、日本橋散策の折に何度も利用していたが、
電車ばかり気にしていて、壁の絵をじっくり見ることはなかった。

1_2

4

(猪熊弦一郎「21世紀をめざす創造の街」)

注意して歩くと、街角にはアートがいっぱい。
気にも留めずに通り過ぎてしまったら、勿体ないよね。

(写真をクリックすると拡大します)

2014/03/08

雪が舞う寒さなのに花粉が飛んでいる

東京の3月は雪がふることが多いが、それにしても今年は寒い。昨日もチラホラ
小雪が舞った。3月はまとまった休みがあるので青春18きっぷを使ってどこかに
行こうと思っていたが、行きたいところはどこも雪が積もっていて、旅を楽しむ
気分じゃない。

おまけに、この寒さなのにもう花粉が飛んでいるのだ。目がかゆい。

駅前のビルのなかに、こんなポスターが貼りだされていた。

Nec_0027_4

この前商店街で「北斎と錦糸町商店街」の旗を見かけたが、そのイベント内容の
ようだ。

いつも前を通り過ぎるだけのJRAウインズでは、今日と明日「北斎が描いた馬」
展をやるらしい。参考までに入ってみようかな。馬券は買わないけどね。

ポスターには「河内音頭ミニ盆踊り」のお知らせも載っている。
3月16日(日)にJR錦糸町南口駅前広場でやるとか。「北斎の世界観を河内
音頭の生歌生演奏で」というキャプションがついている。たしかに歌麿よりは
北斎のほうが河内音頭的だけれどね。

それにしても小雪舞う日々だというのに盆踊りとは、錦糸町すっかり河内音頭に
魅せられてしまったようだ。

2014/03/02

東京スカイツリー新着情報

今日も寒く1日中雨が降っていた。内陸部では雪になったようだ。やれやれだね。
面倒くさくて出かける気になれず、ゴミを出すついでにコンビニまで行った程度。
グータラしていると、体に良くないな~。

昨日はそれでも晴れ間があったので、スカイツリーまで歩いた。スカイツリー内の
スーパーで野菜など少し買い、帰りは地下鉄に乗った。スカイツリーの中は広い
ので歩き甲斐はあるが、そこに行くまでも錦糸町からかなり距離がある。
ウォーキングするか否かはお天気次第だ。

4

昨日3月1日に、スカイツリータウン9Fで「郵政博物館」がオープンした。
「少女たちの憧れ― 蕗谷虹児 展」が見たかったので、入館料300円を払って
入った。

Photo

郵便にまつわる展示品はともかく「蕗谷虹児展」は、少女だった時代が懐かしく
思い出されて良かった。少女漫画の原点は蕗谷虹児だったのかも。
パリ留学時代は藤田嗣治とも親交があったようで、藤田が描いて蕗谷にプレゼント
したスケッチも展示されていた。
また魯迅は蕗谷の詩画集が好きで翻訳もしたらしい。知らなかった。

Photo_3

ミュージアムグッズ売り場では、もう在庫わずかだったレターセット200円と
50円の花嫁の切手4枚、花嫁人形絵葉書と魯迅の翻訳入り絵葉書を買った。
こういうのに憧れた時期があったなあ。

Photo_2

そうそうビニール袋に入った未使用切手がどっさりあって、どれでも1枚30円
というので、高松塚古墳、東京五輪と大阪万博、法隆寺の百済観音像それから
喜多川歌麿(たぶん)の美人画と5枚買った。
喜多川歌麿といえば、今日大作「深川の雪」が発見されたと報道されたばかり。
図柄がきれいだから買ったんだけど、グッドタイミングだったわ。

Photo_4

すぐ下の8Fでは「千葉工業大学の宇宙関係の展示」があったので、こちらも
覗いてきた。(入場無料)

Photo_5

若い男性が熱心に見ていた。わかる人にはわかるんだろう。

2014/03/01

素顔の錦糸町案内

昨日はポカポカ陽気だったのに、今日は気温もグンと下がり、空はどんよりして、
ときどき小雨が降ってくる。お天気が良かったら梅の花でも見に行くところだが、
このお天気じゃそんな気分になれない。ここのところ平日はウォーキングでき
ないので、せめて土日くらいは頑張って歩かなくちゃならないんだけど。

お昼を食べてから、買い物に出かけた。駅前のショッピングセンターは、店じまい
するテナントが多くて、あちこちで工事をやっている。それでも沢山のお客さんで
賑わっているのは、何か目ぼしいものはないかと閉店セールにやってくる人が
多いからだろうか。

「錦糸町駅」北口の「アルカキット錦糸町」地下にあった「クィーンズ伊勢丹」で
食料品を買うことが多かったが、このお店も店じまいしてしまった。ちょっと
高級なところが、下町の需要とマッチしなかったのかも知れない。でも残念だな。

北口にはオフィスビルやホテル、トリフォニーホールなどが次々と建ち、文化的な
雰囲気になった。それでも錦糸町らしさは残っている。

Asia

「東武ホテルレバント東京」の前にあるのがアジア系食材や調味料の店だ。
店員もお客もほとんどが外国人。ここでレトルトのタイグリーンカレーを買うの
だが、昨日はホウレンソウと長ネギ1本買った。ホウレンソウはたっぷり束に
なって105円、太めの長ネギは63円と安い。どうして野菜がこんなに安いのかと、
いつも不思議に思う私だった。

Photo_6

再開発が進みスカイツリーの玄関口にもなった北口に比べ、南口は土日ともなると
競馬ファンがどっと集まるオッサンの街だ。でも南口も、駅前に丸井ができた頃
から(もう何十年も前だけど)、いかがわしさがドンドン薄れて普通の街になった
ように思う。

Photo_2

南口の四ツ目通りに面した商店街で見かけたノボリ。入場無料って、どこで何を
やっているのかしら?

Photo_3
(同じ通りの銀行のショーウインドも北斎)

そういえば、墨田区の広報誌に「北斎すずめ踊り」のお知らせが載っていたっけ。
北斎漫画に描かれている「すずめ踊り」をモチーフにして踊りを作ったのだとか。

平日の夕方南口広場を通ると、メニュープレートを手にしたアルバイト風若者達が
客引きしている。酒場チェーン店などが多いから、客引きの数も多い。若者の
グループが通りかかると、どちらが客引きが分からなくなる。

もちろん夜遅くなると客引きの顔ぶれも変わる。目つきの鋭い外国人が歩道の
あちらこちらに立っている。

昔は繁華街から少しはずれた裏通りに、リヤカーの屋台が店開きしていたもの
だった。七輪に炭火をおこして、ほろ酔い気分のオッサンがやって来るのを待って
いた。夜遅く帰宅するとき、暗い通りにあの屋台の灯があると、ホッとひと安心
した。そのリヤカー酒場を見かけなくなって久しい。取り締まられたのだろうか。

錦糸町駅南口を背にして、右方向は両国、左方向は亀戸となる。今まで亀戸方面に
行くことはあまりなかったが、最近こちらの方に行く機会が増えた。
駅から墨東病院までの一帯は、高速沿い(堅川沿い)にラブホテルが並び、怪しげな
場末の雰囲気が漂っていて、足を踏み入れたくない気分だった。
でも歩いてみると結構面白い地域なのだ。錦糸町の案内本にも、このあたりの
レストランや酒場がよく載っている。

Nec_0012_3

Nec_0019_3

地域の中心にあるのが「錦糸堀公園」。本所七不思議「おいてけ堀」のカッパ像が
立っている。敷石もおいてけ堀。この辺りも最近は普通のレストランや料理店が
増えてきた。

Photo_4
(昔からロシア料理店のシベリアはあった。あれれ、いつの間にか、インド料理と
コラボしている)

Nec_0016_5

「こんなロシア料理店」もシベリアの近くにあるようだ。通りがかりに覗いてみよう。

Nec_0013_2
(アルゼンチン料理なんて珍しい。ランチ食べてみようかな)

(写真をクリックすると拡大します)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »