無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 鬼平の生家ということらしい | トップページ | 素顔の錦糸町案内 »

2014/02/22

寒さが骨身にしみる日々

今日は気温が低く、積もった雪があちらこちらに残っていて、なかなか解けそうも
ない感じだった。でも風がなかったのが幸いで、日向に出るとポカポカと暖かく
気持ちが良かった。

じつは、数日前から腰近くの背中が痛くて、姿勢をまっすぐにしていると良いの
だが、曲げたりうつむいたりが出来ない。ぎっくり腰ではないけれど…。
寒さが影響しているのだろう。

おととしだったか、北京経由ローマに行ったときに寒波に襲われ、体調を崩して
ひどい状態になったことがある。その時しみじみ「年をとると寒さに弱くなる」と
実感した。適応能力や回復力が落ちてしまうのだろう。

でも原因は寒さだけではないような気がした。使い古したベッドが、体に合わ
なくなっているのではないか。そろそろベッド買い替えの時期かもしれないと、
駅前にある「アルカキット錦糸町」に行ってみた。この中の家具店は改装予定
とかで、ただいま閉店セールの真っ最中だから、ベッドも安売りしているかも
しれない。
でも、めぼしい商品はあらかた売れてしまったのか、広いフロアがガランとして
いた。ベッドはあったけど、もう少し考えてみよう。

まっすぐ体を伸ばして歩くと痛みはないので、ポカポカお日様を体に浴びながら、
近所をウォーキングした。寒いと歩く機会が少なくなる。体の調子が悪いのは
そのせいかもしれない。もっと頑張って歩かなくちゃあ。

北斎通りには、観光客なのか街歩きなのか、地図を広げている人をチラホラ見か
けた。

Photo
(地図に見入ったまま立ち止まっている年配の男性)

Photo_6

河竹黙阿弥は本所の師匠と呼ばれていたとか。

Photo_2

このあたり(本所)は、江戸幕府が造成工事をした新興住宅街なので、大通りも
路地も碁盤の目状で真っ直ぐだ。

Photo_3

良い雰囲気のお米屋さん。新潟米もたくさん並んでいた。

Photo_4

時代小説ファンには、どれも聞き覚えのある地名ばかりだろう。

良いお天気が続いてほしいが、花粉症も気になる私だった。

« 鬼平の生家ということらしい | トップページ | 素顔の錦糸町案内 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

寒さがこたえる、まったくもって同感です。
ちょっと足が痛いとなると無理しないでおこうと、運動不足も重なり気味、
体重は年々増加(;^_^A

冬季五輪のソチ入りする日本人選手の多くは、空港出るときマットレスの丸めたものを持っていました。
体にいいマットレスが流行ってるんだそうで、私も欲しいなぁ、って見てました。

ところで歴史町歩きですが、東京では江戸時代からの地名温存されてますか?
大阪市北区では、同心町、与力町、など多くの歴史ある由緒ある地名が無くなり、
味気ない新地名に変えられてしまっています。

歳とともに健康が大切だとしみじみ思います。
若い時当たり前に出来ていたことができなくなってくるとさみしいですね。まぁ、うまくお付き合いしていくしかないです。
寒い時は循環も良くなくなるので腰痛も出やすいようですから気を付けてください。
ベッドの買い替えってなかなか勇気がいると思います。
毎日使うものだから外れをひいてもなかなか変えられないですもの。
ホテルで安ホテルに泊まって壊れそうになっているベッドにびっくりしたことが若い時はありました。寒いのとガタガタベッドだけは避けようと思ってます。
もうすぐ春ですね。花粉は大丈夫ですか?

ulalaさん、日本人選手が持って行ったマットレスって、よくテレビショッピングなんかで宣伝しているやつでしょうか?でも丸めて持ち歩けるのなら、かなり薄手のものですよね。

ところで地名ですが、藤沢周平の時代小説を読んでいると、江戸時代はそんなに遠い過去のことではないと、しみじみ思います。とくに本所は江戸時代に新しく開拓された町なので、そのまま残っている地名が多いです。でも北斎通りなどは、江戸時代は南割下水でした。それを埋め立てて道路にし、そこで生まれた北斎の名前を付けたわけです。下水といっても江戸時代は水洗トイレなどないので、水はきれいだったようですが。

大阪はもっと重層的なので、いろんな時代の地名が残っていると思っていたんですが、そんな味わいのある地名が無くなってしまうなんて、何だかもったいない気がします。

HANAさん、この間の都知事選主要候補者4人の紹介を新聞で見て気づいたんです。あらら皆さん高齢者じゃないですかhappy01
都知事といえば、心身ともに人一倍健康でまた自信がないと、立候補もできませんよね。そうか超高齢化社会ということは、高齢者が普通の存在になることなんだな~と、へんに納得した次第です。

そうは言っても、年をとればとるほど個人差は大きくなるし、若い時より衰えるのは自然の摂理です。無理はできないと、常に自分に言い聞かせなくちゃなりませんわ。

ベッドの購入は思案のしどころです。簡単に買い替えることが出来ないし、大きいので動かすこともできない。かと言って、布団の生活には戻れませんけどね。今日あたり背中の痛みもだいぶ薄らいできたので、しばらくは今のベッドでいいかなと思い始めています。

寒いから花粉はまだ感じていませんが、来週はだいぶ暖かくなるらしいです。別の憂鬱が待っていますわ。けっきょく街歩きより地下歩きになりそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鬼平の生家ということらしい | トップページ | 素顔の錦糸町案内 »