無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« ロシアのソチと柏崎の曽地 | トップページ | 家でゴロゴロ時代小説 »

2014/02/09

雪の東京と石川雲蝶

新潟の妹から、雑司ヶ谷というところで「石川雲蝶パネル展」をやっているという
メールが来た。それで昨日さっそく足を運ぶ予定だったが、何せあの大雪だから
延期せざるを得なかった。

Photo
(土曜日夕方。もうスカイツリーはまったく見えない)

Photo_2
(真夜中の0時半ごろ。土曜日の夜、オリンピック番組を見ている人が多いのか
明かりがついている部屋が多い)

Photo_3
(日曜朝6時半ごろ。お天気が良い)

土曜日は、そんなわけでずっと部屋に籠っていたが、翌日は食料買い出し&都知事
選挙の投票があったので、足元を気にしながら外出した。もちろん長靴をはいて。
朝早くから誰かが雪かきをしてくれたらしく、歩道は歩きやすかった。

投票を済ませ、駅ビルで早めのランチを食べてから、「石川雲蝶パネル展」を見に
地下鉄に乗って「雑司ヶ谷地域文化創造館」に向かった。

Photo_4

会場は東京メトロ副都心線「雑司ヶ谷駅」とつながっている。構内にあると言って
もいいだろう。改札を出たところに「石川雲蝶」の目立つ案内が掲示されていた。

Photo_5

日曜日ということもあり、また皆さん昨日の雪の始末に追われているようで、
地下鉄にもパネル展にも人の姿は少なかった。雑司ヶ谷は雲蝶が生まれた土地
なので、その縁で今回のパネル展になったのだろう。

Nec_0015

アーティストだの芸術家だのという大仰な形容詞がつかなくても、日本各地には
見事な職人の技が残っている。浮世絵なんかも、まさにそんな職人技にひとつだ。
ヨーロッパで有名になったものだから、絵師たち今じゃすっかり芸術家だけれど。

Nec_0023

パネル展の良いところは、細かい部分までじっくり見ることができることだ。
実物は、顔をくっつけて見るわけにいかないので、よく見えないことが多い。
この間は魚沼に行った来たけれど、今度は長岡と三条に行って石川雲蝶作品を
見てきたい。

Photo_6

むかし池袋の会計事務所で帳簿記帳の下請けをやっていたので、雑司ヶ谷周辺に
来たことがある。このあたりも結構土地カンがあるのだ。雑司ヶ谷といえば思い
浮かぶのが霊園と鬼子母神だ。お天気が良かったので、久しぶりにすぐ近くに
ある「鬼子母神」に行ってみた。

先日入谷の鬼子母神に行ってきたけれど、鬼子母神といえば私はこちらを思い
浮かべる。境内も広いし、昔から地元の人々に育まれてきたという雰囲気が
漂っている。

Photo_7
(天然記念物の「大イチョウ」


半蔵門線の錦糸町から副都心線の雑司ヶ谷へは、どこかで乗り換えなければなら
ない。私は半蔵門線の終点渋谷まで行き、そこで副都心線に乗り換えた。
これなら、多少遠回りだが、乗換が一度ですむ。

Chizu3

それにしても渋谷駅の複雑さは想像を絶する。副都心線は地下5階、同じ東京
メトロの銀座線に乗り換えるとなると、地上3階まで上がらなければならない。
気軽に「乗換」なんて言えるようなもんじゃないのだ。ま、渋谷で乗り換える人は
いないだろうが。

同じように複雑な北千住駅は広いコンコースがあり、そこにカフェやショップが
集まっているので、乗換ついでにひと休みできる。でも上下に伸びている渋谷駅
には、そういうフロアが見当たらない。

これだけのビックターミナルなんだから、各鉄道会社が連携して駅ナカビジネスしたら
儲かると思うけどね~。
コーヒーを飲みたかったけど、わざわざ改札を出て、またチケットを買いなおす
気にもなれず、そのまま帰宅したのだった。

(縦の写真がどうしても横向きになってしまいます。もう少し学習しないと…)
(写真や画像はクリックすると拡大します)

« ロシアのソチと柏崎の曽地 | トップページ | 家でゴロゴロ時代小説 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

石川雲蝶がここまでブレークしたのはたしか、中越大地震の後に復興イベントとして銀座で雲蝶展をしてからだったと聞いたことがありますが、雲蝶の作品をパネルで紹介しているのだったら見てみたいです。
全国巡回してもらいたい。
実はこの間友人に石川雲蝶のパンフレットを見せて今年中に新潟へ雲蝶を観に行こう、って話になりました。
私も魚沼の開山堂と永林寺だけしか見ていないのでぜひ長岡あたりにも行ってみようと思ってます。

しかし、写真なぜ横向きしかダメなんでしょうか?
ココログの設定の方に問題あるんでしょうかね?

HANAさん、銀座で雲蝶展があったんですか。それは知りませんでした。
私が行った日は、あいにく大雪の翌日ということで、訪れる人もほんの数人でした。もっと多くの人に知ってほしいと思いました。

表参道の「新潟館ネスパス」に行けば、雲蝶の作品パンフをくれると思います。日本橋の「神さまがいる通り」にある新潟館にも、もしかしたら置いてあるかもしれません。まあインターネットサイトに載っているパンフと同じ内容ですけど。

長岡にいらしたら摂田屋地区にも足を運んでください。機那サフラン酒の蔵の鏝絵も必見ですよ。

ところで写真が横向きになってしまうことですが、新パソコンになって取り込み方が違うのか、ココログが何か変わるようなので、そのせいなのか、よくわかりません。困るわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロシアのソチと柏崎の曽地 | トップページ | 家でゴロゴロ時代小説 »