無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 三井記念美術館 円山応挙「雪松図」 | トップページ | 新パソコンに移行中 »

2014/01/13

足の健康を祈る

三井記念美術館に行ったとき、三越の向かいにある「奈良まほろば館」に立ち
寄った。このアンテナショップは、旅行パンフやセミナー案内などの資料が充実
している。

数ある資料の中で目にとまったのが、「業平道を歩くー斑鳩の里・中宮寺へ」と
いうタイトルのパンフだった。中宮寺の如意輪観音の写真が大きく載っている。
私はこの観音様がとくに好きで、法隆寺に行ったときに、隣の中宮寺でお顔を
見せてもらったのだが、お堂は暗くて、写真のような優しい表情をうかがうことは
出来なかった。

奈良学文化講座と銘打ったこの催しは、業平が大和から河内の女のもとに通った
という伝承の道を学びながら歩こうというもの。歩くのは「業平道」全行程では
なく一部だけれど。

講座には参加できないが、業平道なんてロマンがあるな~。
もっともわが町にも「こじつけ業平道」はある。スカイツリーのある場所は業平橋
だし、錦糸町では夏に河内音頭祭りをやるから、そこを歩けば業平道だ(^o^;)
ま、ロマンは皆無だけれどね。

Photo
(業平小学校)
   ↓
Photo_2
(錦糸町駅の河内音頭ちょうちん)

こういう史跡を訪ねながらのウォーキングは、足腰が鍛えられるだけでなく、
脳にも刺激を与えるから、とっても良い企画だと思う。
とくに関西には、歩きでのあるルートが無数といって良いほどあるし。

でもウォーキングする為には、丈夫な足であることが必須条件だ。

東京の妹に続いて、新潟の妹も足を痛めていることがわかった。
最初は水がたまったとかで、ずっと病院通いをしていたらしい。当分は東京に
行けないと言っていた。足の筋肉をつけるよう、お医者さんに言い渡されたよう
だが、何しろどこに行くにも車利用の社会だから、歩いて筋肉をつけろと言われ
ても、そう簡単にはいかないらしい。

昔は地方住まいのほうが足腰がシッカリしていたものだけど、昨今は都会暮らし
の方が丈夫だ。妹は「ときどき東京に行くと、電車に乗るだけで疲れる」とぼやい
ていた。

友人から来た年賀状にも、足の手術で2ヶ月間入院したと書いてあった。
足が不調に陥る人は、とくに中高年女性に多いような気がする。私は今のところ
大丈夫だが、ぎっくり腰の様にいきなり痛くなったりするようだから、注意しないと
いけない。

ときどき私のブログの検索フレーズランキングに「関西 足の神様」とか「足の
祈祷」というようなフレーズが載る。思いつくのは大阪の「服部天神宮」だ。
と言うか、この神様しか思い浮かばない。

S

服部天神宮のことを書いた私のブログ(↓)
http://tmroma.cocolog-nifty.com/tmweblog/2012/09/post-a0a6.html

ついでに、纒向遺跡に行くつもりで駅を降りたが、けっきょく途中で引き返した
ときのブログ(↓)
http://tmroma.cocolog-nifty.com/tmweblog/2012/09/post-8254.html

大神神社に参拝したときのブログ(↓)
http://tmroma.cocolog-nifty.com/tmweblog/2012/09/post-7bf4.html

私のパソコンデスクには、いただいたり買ったりした諸々の神社グッズがある。
もちろん、足の守護と書かれた「服部天神宮のお守り」もある。
おかげさまで、今のところ足は元気だ。でも神様におんぶに抱っこは申し訳ない。
しっかり健康管理しないとね。

« 三井記念美術館 円山応挙「雪松図」 | トップページ | 新パソコンに移行中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

足は大切ですね~。年齢とともに長年毎日使ってきた足がだんだんとあちこち不具合が出るのは仕方がないのかもしれませんが、メインテナンスをしながら付き合っていくしかないですね。
HANA夫もベルリン旅行中に膝が痛くなり困りました。普段田舎生活で歩いていないので、ベルリンという大都会で地下鉄やバスなどを使って毎日15000歩以上歩いたら痛みが出てきたようです。
それでも病院嫌いで整形外科には行ってないようです。
減量と腿の筋肉を鍛えることを言われるにきまっているから、とりあえず減量にチャレンジしているようですけど。
関西には街道がたくさんあります。また歩きに来てくださいね。

HANAさん、こうたて続けに足の故障者が出ると、私も心配になります。足が痛かったら、海外旅行どころか国内旅行だって街角ウォーキングだって出来ません。HANA夫さんは大変でしたね。海外でそんなことになったら、本当に困ります。
妹の話だと、痛くても歩くことが大事なんだそうです。だからダイエットと足の筋肉を鍛えるのが、最良の治療法なんですよね。

関西から山陰へ時間をかけて旅したいな~と、いつもプランを描いているんですが、ちょっと休みがとれないのと、最近やたらと出費がかさんでいることもあって、なかなか実現できません。住民といっしょにマンションも老化するので、両方のメンテナンスでアップアップしていますわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三井記念美術館 円山応挙「雪松図」 | トップページ | 新パソコンに移行中 »